北京エリア別グルメ紹介

北京エリア選択

アジア競技大会選手村周辺の街&グルメ情報


国家体育場の愛称は「鳥巣」

欧米の有名レストランも続々上陸

中国でも欧米スタイルのカフェが人気


北京五輪メインスタジアムのお膝元 北京五輪のメイン会場があり、今最も注目を集めるエリア。もとは1990年開催のアジア競技大会の会場として開発され、中国語の呼び名「亜運会」から「亜運村」という名がつきました。当時も数年かけて都市整備を行なった上、北京五輪に向けさらに開発が進んでいます。 飲食の面でも、外国人の来場を見越した外資系レストランの進出が相次いでいます。マクドナルドやKFCをはじめとした、ファストフードの有名チェーンもあれば、ゆっくりと本格的なコーヒーを楽しめる欧米スタイルのカフェも探せます。 アクセスは、地下鉄5号線「恵新西街北口」駅から車が便利。タクシーで5分ほど。

アジア競技大会選手村周辺エリアのレストランガイドを見る

このエリア以外の北京エリアを選択

三里屯東四/工人体育場周辺朝陽門建国門国貿王府井
前門和平門西単什刹海中関村|亜運村