北京基本情報

中国料理は世界三大料理のひとつ。豊富な素材を無駄なく使い、油を効果的に利用したダイナミックな味は、世界中の人々を魅了し続けています。となると、人々のグルメへの関心もとっても高い。庶民の味から各国料理まで楽しめる北京は、まさに「グルメの宝庫」。ワクワクするようなお店でいっぱいです。

中華料理の概要

発祥した地域や調理法、材料によって、山東、四川、揚州、広東料理などのジャンルがあります。これらは中国四大料理と呼ばれています。さっぱりとした福建料理、味が純粋な浙江料理、辛い湖南料理と味が濃い安徽料理を加えると中国八大料理。さらに北京料理と上海料理を加えると十大料理とされています。 なかでも、冷たい前菜の「涼菜(リャンツァイ)」、炒め物や揚げ物などの「熱菜(ルーツァイ)」、ご飯や麺類の「主食(ジューシー)」に分かれています。 料理は大皿に盛られ、円卓を囲んで大人数で食べます。その際、円卓は時計回りに回すのが基本。遠くの料理も回して食べましょう。

【北京で楽しめる主な料理】
・北京料理 詳しくはこちら≫
繊細な宮廷料理をベースに、山東、山西など華北地域の風味が加わった料理。
・上海料理 詳しくはこちら≫
中国の地方料理を長所を集約したような料理。魚介類を多用した料理が多い。
・広東料理 詳しくはこちら≫
川と海の水産物、鳥、ヘビなど、なんでも食材にしてしまうさっぱり味の料理。
・四川料理 詳しくはこちら≫
ピリピリとしびれる山椒の風味が特徴。海外でも人気が高い辛い味付けの料理。
・麺類・点心 詳しくはこちら≫
麺類(面食)は小麦で作った料理全般。点心は軽食やデザートを指します。
【ご注文の流れ】
席に着くと、まず飲み物を聞かれます。お茶のほか、地元ビールやワインも豊富にそろっているので、好きなものを注文しましょう。中国ならではの「白酒(バイジォウ)」や「紹興酒(シャオシンジォウ)」をたのんでもよし。メニューは大抵、「涼菜」「熱菜」「主食」の順番に並んでいます。人数にもよりますが、それぞれ1~2種類ずつ注文すればきっとお腹もいっぱいに。
【店の見分け方】

おいしい料理を出す店は、とにかく混んでいます。外から見て、人がたくさん入っていそうな店は「正解」の確率が高いです。あとは、「トイレがきれい」「店員の愛想がよい」「ドリンクは飲み終わる頃を見計らって注ぎ足してくれる」などがポイント。注意してみてみましょう。

欧州料理

国際的なホテルから街中のレストランまで、北京にはセンスあふれる欧州料理が至るところにあります。味はもちろん、おしゃれな雰囲気で誰もが納得する時間を約束してくれます。また最近では、「ミシュラン」の星を獲得したレストランのシェフも多く来京し、ホテルのレストランなどで腕を振るっています。世界中の美食が集まる北京。そんな都市ならではの贅沢を堪能しましょう。

食事のマナー・チップについて

中国の宴席にアルコールは欠かせません。日本で馴染み深い紹興酒は食欲増進のための軽いお酒で、中国の宴席では「茅台酒」、「二鍋頭」などアルコール度数が非常に高くて強い白酒を好みます。 中国料理は栄養価と美味しさを重んじると同時に、料理の配膳順序も大切にしています。中国では「前菜→メインディッシュ→スープ→点心→デザート→果物」の順。中国の8大料理の宴席も一般の宴席も、基本的にはこのようなコースになっています。 宴会や接待では、食事を残すことで「満腹です。満足しました」と招待者に意思表示をすることになりますが、普通の食事の際はすべて食べてかまいません。ただし全体的に料理の量が多いため、最後のほうに出される料理が食べられなくなったり、食べすぎたりしやすいので注意が必要です。
【日本人が陥りやすいタブー】
・主賓より先に箸をつけない
・お皿を手に持って食べない
・麺を食べるときは音を立てない
・器に直接口をつけない
・料理を取る際の「逆さ箸」禁止
・魚をひっくり返して食べない(船が転覆するの意)
・タバコは断りを入れてから

支払いはテーブルで済ませるのが一般的。食事が終わり、支払いをする場合は、店員に「結帳(ジエジャン)」と声をかければOKです。 最近は、レジで先に支払いをしてからレシート(食券の役割)を店員に渡すお店や、注文時に先払いのお店も見かけるようになってきました。

中国人と食事をする場合、割り勘をお願いするのは失礼にあたるのでは?と心配することもあるでしょう。基本的に失礼ではありませんが、あまり一般的ではありません。 中国では「請客(チンクー)」といって、誰かひとりが全額を支払い、一緒に食事をした人にごちそうする習慣があります。 割り勘は中国では、AA制(エイエイジー)と呼ばれます。請客の習慣がない外国人が割り勘を申し出た場合、きっとすんなりとその申し出を受け入れてくれるはずです。

また、中国にチップの習慣はありません。中国系のレストランならば、高級店であってもチップは不要です。 一流ホテル内のレストランなどでは、たいてい会計に15%のサービス料が含まれています。含まれていない場合は、会計の10%程度をチップとして置いていってもいいでしょう。消費税などの税金はかかりません。

レストランのトイレについて

近年は観光スポットや都心部を中心にきれいな公衆トイレの建設が進んでおり、ドアもあって清潔。中~高級のホテルやレストランのトイレはほぼ整備されています。一部では、有料のトイレもあります。高級ホテルのトイレを除いて、基本的に水洗式のトイレでも紙を流してはいけません。配水管が詰まるので備え付けのカゴの中に入れましょう。

北京旅行基本情報 | 北京グルメ基本情報 | お役立ち中国語