1. ぐるなびHOME
  2. 海外版
  3. アジア
  4. インドネシア(バリ島・ジャカルタ)
  5. 海外グルメ情報

現地特派員が伝える海外グルメ情報-インドネシア-

地元の味を楽しめる家族経営の食堂 ~Waroeng Bagoes~

Published : 2011/6/15

「ワルン・バグース」店舗外観

ジャカルタの中心部、メンテン地区から車で南に10分ほど行ったところ、南ジャカルタのクバヨラン地区にあるのがワルン・バグース(Waroeng Bagoes)です。

西欧的なレストランやバーが多いBlokMや、ジャカルタの郊外として整備の行き届いた住宅街のあるクバヨラン地区で外食をするとなると、値段が高いイメージしかありません。

「ワルン・バグース」の「ミー・アヤム」

しかし、そんな中でもワルン・バグースは家族経営の小さな食堂です。
価格も安くジャカルタにある普通の屋台と同じ感覚で食べることができ、しかも味はバツグン。
一番のオススメは中華そばのような「ミー・アヤム」で、そのスープはしっかりとダシが取れており、麺もコシがあって格別です。

「ワルン・バグース」のスープ「ソト」

「ミー・アヤム」以外にもインドネシアの炒飯である「ナシ・ゴレン」や濃厚なソースで味付けする焼きそばの「ミー・ゴレン」、野菜サラダの「チャプチャイ」、スープの「ソト」もおいしく、それぞれ良心的な値段で味わえます。
ランチタイムには周囲のオフィスで働いている現地の人々で毎日にぎやかです。

高級レストランでは食べられない地元の味と"雰囲気"を楽しみたい方は、ぜひ訪れてみてください。

  • shopdata
  • [Waroeng Bagoes]
  • 位置:南ジャカルタ、クバヨラン地区
  •  
  •  
  • BACK