九州へ行こう

九州のおすすめレストランと、魅力的な体験プラン、
喜ばれるお土産を一挙にご紹介。
九州に行って、旅をまるごと楽しもう!

九州おすすめグルメ!

  • もつ鍋

    「もつ鍋」はもともと福岡市の郷土料理で、野菜を多く使用、栄養が豊富、価格が手頃な点などが評価され、全国に広まっていきました。
    牛や豚のもつに、ニラやキャベツをタップリと入れ煮込みます。好みによって、トウガラシやニンニクなどが入る場合もあります。
    あっさりした味で、ヘルシーで女性に好まれるコラーゲンを多く含む事などが「もつ鍋」の人気の理由です。シメはチャンポンの麺を入れるのが一般的です。

    九州のもつ鍋 おすすめのお店はこちら

  • 熊本ラーメン

    熊本ラーメンは、久留米ラーメンの影響を色濃く受けています。
    特徴はコシの強い中太麺と濃厚でまろやかな豚骨スープに、好みで入れる揚げニンニクです。
    中には豚の角煮、キャベツ、高菜がトッピングされたものもあります。
    とりわけ麺は硬めに茹で上げるので、はじめて食べる人は生煮えと勘違いするほどです。

    熊本ラーメン おすすめのお店はこちら

  • 馬肉料理

    熊本名物と言えば馬刺し。別名さくら肉とも呼ばれる馬肉を熊本で食するようになったのは、ごく一部の農家を除いて実は戦後のこと。馬肉はタンパク質やビタミン類が豊富で、脂肪分が少ないのでヘルシー。霜降りやロース・バラ・ヒレなどのほか、真っ白な「たてがみ(別名こうね)」と呼ばれる首の脂の部分は珍味として食通に人気があります。料理法も馬刺しだけでなく、竜田揚げ、しぐれ煮、鍋物、くし焼き、焼き肉などがあります。

    馬肉料理 おすすめのお店はこちら

  • あか牛

    阿蘇の野草を食べてのんびりと健康に育ったあか牛は赤身が多く、脂肪分は大半が12%以下。牛肉ランクは2~3等級ですが、豊かなうま味と柔らかさが人気です。また、肝機能障害の改善や血圧降下などの作用があるアミノ酸の一種「タウリン」が、あか牛の赤身に多く含まれていることが判明し、ヘルシーな牛肉としても注目を集めています。

    あか牛 おすすめのお店はこちら

  • 博多ラーメン

    博多で生まれた豚骨スープとストレートの細麺が特徴のラーメンで、今では全国に通用するブランドとなりました。
    麺の茹で方(硬さ)を指定できたり、替え玉と呼ばれる麺のおかわりのスタイルを生み出したりと、その後のラーメン業界全体にも大きな影響を与えました。 本場、福岡市内には多くの有名店や屋台があり、それぞれに特徴があります。

    博多ラーメン おすすめのお店はこちら

  • 水炊き

    「水炊き」は福岡市の博多周辺で古くから愛されてきた鍋料理で、鶏の肉や骨から出る旨味を活かすために、水から煮立たせるので「水炊き」と呼ばれています。
    鶏肉を煮込み、白菜、キャベツ、長ネギ、人参などを入れるのが一般的です。また、鶏肉以外に牛肉や豚肉を入れたり、好みでキノコ類、しらたき、春菊などを使う場合もあります。
    シメはダシの出たスープで、雑炊やうどんを作ります。

    水炊き おすすめのお店はこちら

  • 久留米やきとり

    つくね、地鶏のせせり、とり皮、レバー、ぼんぽちなど豊富なメニューが「久留米やきとり」の魅力です。久留米市(福岡)は、人口1万人あたりの焼鳥店数が日本一と言われています。
    塩とタレ、焼き方にこだわって絶品のやきとりはできあがります。日々の新しい工夫も怠りません。
    「久留米やきとり」は価格も安いので、食べ比べには最高。店ごとの味の違いや新しく生まれたメニューをお楽しみください。

    久留米やきとり おすすめのお店はこちら

  • 黒豚しゃぶしゃぶ

    明治時代から鹿児島県内で育てられたバークシャー種の豚のことを「黒豚」と言います。
    鹿児島の黒豚は、他の豚と比べ火を通したり煮すぎたりしても硬くなりません。また甘みがあるため、しゃぶしゃぶに最適の肉として、人気があります。
    シメにうどんや雑炊にしても、臭みがなく美味しく食べられます。

    黒豚しゃぶしゃぶ おすすめのお店はこちら

  • さつま揚げ

    鹿児島県薩摩地方が発祥とされるのが「さつま揚げ」。今では全国で、さまざまな「さつま揚げ」が作られますが、本場の味は一味も二味も違います。
    使用される魚は、イワシ・サメ・カツオ・サバ・ホッケなど、たいていの場合2種類以上です。すり身にして、塩や砂糖などをくわえ味付けをします。揚げたてをそのまま食べるのも美味しいですが、すこし時間が経ったものを焼いて食べると、また別の美味しさに出会えます。

    さつま揚げ おすすめのお店はこちら

  • しろくま

    削った氷に練乳をかけ、フルーツ等をトッピングしたかき氷で、鹿児島の夏の風物詩である「しろくま」。昭和のはじめ、練乳をかけたかき氷が登場し、名前の由来は、練乳の缶に貼られていたラベルの「白熊」をそのまま借用したことが始まりと言われていますが、上から見ると白熊の顔に見えることからその名がついたという説が今では一般的。
    その後、三色寒天やサイコロ状に切られた羊羹、フルーツや豆類などが乗せられ豪華になっていきました。

    しろくま おすすめのお店はこちら

  • もつ鍋

  • 熊本ラーメン

  • 馬肉料理

  • あか牛

  • 博多ラーメン

  • 水炊き

  • 久留米やきとり

  • 黒豚しゃぶしゃぶ

  • さつま揚げ

  • しろくま


もつ鍋のおいしいお店

熊本ラーメンのおいしいお店

馬肉料理のおいしいお店

あか牛のおいしいお店

博多ラーメンのおいしいお店

水炊きのおいしいお店

久留米やきとりのおいしいお店

黒豚しゃぶしゃぶのおいしいお店

さつま揚げのおいしいお店

  • 鹿児島県 かごっま
    ふるさと屋台村

    鹿児島県鹿児島市中央町6-4

    お店の情報を見る

  • 鹿児島県 薩摩だれやめ処 まえわり屋 鹿児島天文館

    鹿児島県鹿児島市千日町15-1 4F

    お店の情報を見る

しろくまのおいしいお店

九州おすすめ体験プラン!

観光列車で九州を周遊しよう!