ぐるなび海外版-アジアぐるなびHOMEぐるなびサイトマップ
ぐるなびHOME > 海外版 > アジア > 上海 > 都市基本情報
都市基本情報

レストラン情報
レストランでの食事マナーについて  トイレ  食事の種類

レストランでの食事マナーについて
レストランに入って座ると、まず出されるのがお茶。料理が違うと、お茶の種類や器、入れ方も違い、作法も色々ある。そして中国の宴席にアルコールは欠かせない。日本で馴染み深い紹興酒は食欲増進のための軽い酒で、中国の宴席では茅台、二鍋頭などアルコール度数が非常に高くて強いものを好む。中国料理は栄養価と美味しさを重んじると同時に、料理の配膳順序も大切にしている。最後に出されるものはスープに決まっているが、これは西洋との大きな相違点で、中国式は「前菜-メインディッシュ-スープ-点心-デザート-果物」順。中国の8大料理の宴席も一般の宴席も、基本的にはこのようなコースになっている。
宴会や接待では、食事を残すことで「満腹です。満足しました。」と招待者に意思表示をするが、普通の食事の際はすべて食べてかまわない。ただし全体的に量が多いため、最後のほうの料理が食べられなくなったり、食べすぎになりやすいので注意すること。
▲上へ戻る
トイレ
近年は観光スポットや都心部を中心にきれいな公衆トイレの建設が進んでおり、ドアもあって清潔。高級ホテルはほぼ整備されている。一部では、有料のトイレがある。高級ホテルのトイレを除いて水洗式のトイレでも紙を流してはいけない。配水管が詰まるので備え付けのカゴの中に入れること。ドアのないトイレは顔が見えることからニイハオトイレと呼ぶ。習慣の違いからカルチャーショックを受けることもあるかも知れないが、それも中国旅行の楽しみのひとつにしてしまおう。
▲上へ戻る
食事の種類
中華料理は長い歴史を持つ中国文化の中でもひときわ輝く存在であり、フランス料理、トルコ料理と並んで世界の三大料理と称されている。各地にはそれぞれの特色がある地方料理や特殊料理、軽食などがある。

【地方料理】
地方料理とは地方色のある料理を指している。山東、四川、揚州、広東の料理は四大料理といわれるが、それに、さっぱりとした福建料理、味が純粋な浙江料理、辛い湖南料理と味が濃い安徽料理を加えると八大料理と称される。さらに北京料理と上海料理を加えると十大料理になる
[広東料理]
広東料理では何でも食材になり、川と海の水産物、鳥、ヘビなども美味しい料理になる。
[山東料理]
魯菜とも呼ばれる山東料理は材料の種類は多いが選別が厳しい。派手でありながら質を重んじ、味は重厚である。
[四川料理]
ピリピリとしびれる山椒の辛さで広く海外に知れわたる。「食は広州にあり、味は四川にあり」と絶賛されている。
[淮揚料理]
材料の新鮮さと料理のやわらかさに特に注意を払っている。製作は精巧を極め、味はさっぱりしている。
▲上へ戻る

情報提供:中国国家観光局大阪駐在事務所


Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.