上海の現地特派員が伝える海外グルメ情報


上海で人気のデパ地下グルメ

Published : 2013/02/27


上海の市街地の至る所で、大型デパートが建設されています。浦東の高層ビル街や静安寺近辺には、現地駐在員御用達の日本のデパートにも劣らない品揃えの大規模なデパートがあります。今回は、上海で人気のデパ地下グルメを紹介したいと思います。

モチ

最初に紹介するのは、「モチ」です。日本発のスイーツで、バニラ味やチョコレート味の生クリームをやわらかいお餅のような生地で包んだものです。中身のフレーバーはたくさんあり、バニラやチョコレート味だけでなく、イチゴやマンゴーなどの果物の味もあります。この「モチ」を専門的に扱っている店は上海の中心部に多くあります。

アイスクリームのワッフルサンド

次に、ワッフルにアイスクリームを挟んだ冷たいスイーツです。これも味はたくさんあります。チョコレート、イチゴ、マンゴー、抹茶などなど。たくさんの種類の味を楽しむことができます。このスイーツの特徴としては、買ってもすぐに食べられないことです。アイスは完全に凍っており、歯で噛み砕くことができないほど固いです。夏なら、5分ほど、冬なら10分ほど待つと、柔らかくなり、食べることができます。

日本式たこ焼き

最後に紹介するのは、上海で大人気のたこ焼き屋です。実は、上海にはたくさんのたこ焼き屋があります。日本で有名な店から、上海のローカル店まで、様々な店があります。日本式たこ焼きは、日本のたこ焼きと全く同じ味です。しかし、上海式たこ焼きにはかつお節や青海苔が入っていません。理由を聞くと、歯に残るからという声をよく聞きます。確かに、焼き小龍包やフライドチキンなど、上海の食べ歩き食品には、歯にくっつくモノはないような気がします。

上海にも日本のような食べ歩き文化があって、デパ地下グルメは現地の人々に受け入れられています。上海のデパートへ行く機会があれば、地下のフロアへ行って、流行のグルメを味わってみてはいかがでしょうか?


  • Back