ぐるなび海外版 アメリカ
HOME > 海外版 > アメリカ > ニューヨーク > トピックス

現地特派員が伝える ニューヨーク
海外グルメ情報 grumet information from N.Y.
ニューヨークのチーズケーキ事情
Published : 2013/03/19
「Eileen's Special Cheesecake」のチーズケーキ ニューヨークを訪れる方に、どうしても食べて欲しいものと言えば、チーズケーキは外せません。名店がたくさんある中で、今回は私のおすすめを3店ピックアップさせて頂きます。
マンハッタンで「おいしいチーズケーキはどこ?」と質問したとき、必ず名前が挙がるのが「Eileen's Special Cheesecake」。Little Italyと呼ばれるエリアに1976年に開店してから37年間、地元の人々に愛されています。SOHOやチャイナタウン観光のついでに店へ行けるほど交通の便がよく、立地条件はいいのですが、小さい店で少しわかりにくい位置にあるので、事前に地図をチェックしたほうがベターです。ニューヨークのチーズケーキは味が濃厚で重たい印象があるのですが、この店のものはさっぱりしていておいしいと思います。
 
個人的におすすめなのが、「Celsius at Bryant Park」で食べるNYチーズケーキ。ミッドタウンのブライアント・パーク内にあるこのカフェ・レストランは、ニューヨークの街並みと隣接するスケートリンクを見渡せてとても眺めがいいところです。こちらもチーズケーキの甘さは控えめ。冬季限定の店舗なのが残念ですが、毎年冬になるとたくさんのニューヨーカーが舌鼓を打つ絶品です。 「Celsius at Bryant Park」のチーズケーキ
「Junior's Cheesecake」のチーズケーキ 最後は、ブルックリンで絶大な支持を誇る「Junior's Cheesecake」。「ニューヨーク・チーズケーキの元祖」と言われているレストランです。元祖かどうかは諸説あるものの、創業は1950年と古く、1981年にこの店が火事になった時には、興奮したこの店のファンの野次馬たちが消防士に「Save the Cheesecake!!」と大声でエールと送ったとか。また、「彼女とケンカした際には、このケーキを持って帰ると仲直りできる」などの都市伝説まであるほどの、言わばチーズケーキ・レジェンドです。味は、甘さは抑えめながらチーズが濃厚。食べ応えがあります。グランドセントラル駅内やタイムズスクエアにも支店があるので、旅行者でも観光のついでに気軽に立ち寄ることができるのも魅力。もちろん女性だけではなく、男性にも大人気です。
人種を問わずみんなに愛されるチーズケーキ。入れ替わりの激しい飲食事情の中で、生き残っている名店をめぐるニューヨークの旅も面白いと思いますよ!
 
  前のページ 次のページ  


Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.