1. ぐるなびHOME
  2. 海外版
  3. アジア
  4. 韓国(ソウル・プサン)
  5. 海外グルメ情報

現地特派員が伝える海外グルメ情報-ソウル-

ソウル、ローカルグルメのススメ

Published : 2012/11/14

ソウルには、有名ブランド品や化粧品が買えるショッピングストリートと小さい店舗が軒を連ねる街が隣りあっています。ソウルはファッションの街として名を馳せるだけでなく、現地のレストランが軒を連ねるローカルグルメ激戦区があります。
今回は安くて美味しいローカルグルメを紹介したいと思います。

レストラン店頭

ローカルグルメ街では、レストランが客を呼び寄せるために、店の入口付近で食べ歩きできるメニューを販売したり、また店内で食べられる料理の模型を置いたりしています。
ソウルは食べ歩きフードが非常に発展しており、その代表が手軽に食べられる餅のトッポギや手巻き寿司のキムパブです。写真の中心にある赤い食べ物がトッポギです。トッポギには甘辛いソースをかけて食べます。辛味が押さえられているので、辛いものが苦手な方にも食べやすいと思います。こうした食べ歩きフードはグルメ街だけでなく、地下鉄の駅にある売店でも気軽に買うことができます

参鶏湯(サムゲタン)

左の写真は参鶏湯(サムゲタン)という韓国の伝統的なチキンスープです。一羽の鶏の胸の中に干しナツメ、栗、高麗人参やもち米が入っており、薬膳料理として食べられています。
参鶏湯は主に夏の料理として知られており、夏バテで疲れているときの疲労回復のために食べられています。日本の土用の丑の日におけるウナギのように三伏の日に食べると健康にいいとされています。

冷麺

そして、韓国で忘れてはいけない麺料理は何と言っても冷麺です。
一般的な冷麺は麺が黒く、キムチなどの食材でスープの味付けを辛くしています。
ただ、スープの味付けや麺のコシは店によって様々です。とてもコシの強い麺を提供する店もあれば、スープの味付けが辛めの冷麺を提供する店もあります。
右の写真の冷麺は、麺にコシがあり、スープの味付けがサッパリしている辛味のないタイプで日本人好みの冷麺だと思います

店舗や屋台の数だけ、多くの味のローカルフードに出会えます。
ソウルのグルメを食べ歩き、お気に入りの一軒を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • NEXT