ぐるなび海外版 アジア
HOME > 海外版 > アジア > 台北 > トピックス

現地特派員が伝える 台北
海外グルメ情報 grumet information from Taipei
台湾コンビニ事情 2
 
Published : 2007/11/12
今回も台湾のコンビニのお話です。

台湾のコンビニの特徴と言えば、「オマケ合戦(わたしが勝手に名付けたのですが・・・ )」です。
オマケ(景品/ノベルティと言った方がいいのでしょうか?)をつけて売上アップを図るというのはどこでも行われている事だとは思いますが、台湾のコンビニチェーンのそれは、かなりヒートアップしているようです。どのキャラクターのどんなオマケにするか、当然ながら店舗の売り上げが大きく左右されるようで、各チェーン、次から次へと新しいキャンペーンを展開しています。

「○○元買うと1個贈呈」「○○元でシール1枚、○枚で商品と引換」というものが多く、商品はピンバッチ・マグネット・フィギュア・カードケース・携帯ストラップ・・・店の指定した商品と交換できる事もあります。キャラクターのオマケはシリーズになっているものが多く、50種類を超えるものもあります。コレクターさんたちも多く、街の飲食店の冷蔵庫にずらりとマグネットが貼ってあったり、バスの運転席あたり(実に台湾らしい光景!)にフィギュアが並んでいたりします。
わたしも、始めのうちは面白がって集めていたのですが、次から次とキリがなく・・・。
そんなオマケたちも台湾を旅行で訪れた人達にとっては、ちょっとしたお土産になって良いかもしれませんね。

それから、レシート(統一発票といいます)についても少しご紹介。

台湾のレシートは、コンビニに限らず全国で統一されています。そのレシートの上の方に8ケタの数字が印刷されているのですが、この数字が「宝くじ」になっているのです。
この「宝くじ」、特賞はなんと200万元/NT$(約700万円)!もし、当たったら、台湾旅行の元が取れるどころの話じゃありません。「レシートなんて別に要らなーい」とポイッと捨ててはいけません。末等の6等でも200元/NT$(約700円)。しかも、6等なら銀行に行かずとも大抵のコンビニで200元/NT$相当の商品と交換が出来ます。

この宝くじ、本人が現地にいる事が条件となりますが、もし当たれば外国人旅行者でも換金する事が出来ます。パスポート番号と現地の滞在先の住所を記入すれば、それで大丈夫なようです。しかしこのくじは、奇数月の25日に抽選、翌日発表なので、残念ながらすぐに結果が分かるわけではありません。
でも換金期限は3ヶ月ありますので、当たった方で、その期間内にまた台湾に行く予定があるならば、お小遣いがもらえる事になりますね。もちろん、特賞が当たっていたのなら、迷わずその為に台湾に行きましょう!また、しばらく台湾に行く機会はない方、当選を調べるのが面倒な方は、コンビニや駅などにレシートをいれる寄附箱がありますのでそちらへ・・・。当たった場合、当選金は寄附される事になります。

今回は食べものの話とは少し違いましたが、これも台湾の文化のひとつ。
知っている事で、台湾旅行の楽しさが少しだけ増えるかもしれない事を期待しつつ。

くじの当選番号は、財務部賦税署  http://invoice.etax.nat.gov.tw/  へ

≪注意≫2007年11月現在の情報です。
詳細については、各位ご確認していただけますようお願いいたします。
 

  前のページ 次のページ  


Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.