ぐるなび海外版 アジア
HOME > 海外版 > アジア > 台北 > トピックス

現地特派員が伝える 台北
海外グルメ情報 grumet information from Taipei
本当の贅沢ーフルーツ王国
 
Published : 2007/12/25
台湾には安くておいしい食べ物がたくさんあります。
小籠包、牛肉麺、いろいろな屋台料理、豊富な種類のお茶。でも、一番贅沢な食べ物は「果物」じゃないかと思います。

春になると鳳梨(パイナップル)・芒果(マンゴー)・木瓜(パパイヤ)・香瓜(メロン)などが出回り、その後、百香果(パッションフルーツ)・茘枝(ライチ)・龍眼(リュウガン)・芭楽(グァバ)・釈迦(シャカトウ)。そして秋には梨子(ナシ)・蓮霧(レンブ)・棗子(ナツメ)・・・
どの季節も多種多様なフルーツを味わうことが出来ます。夜市でもいろいろな種類のカットフルーツをとても安く買うことが出来ますし、街の果物屋や市場でもカットした果物を売っています。そして街には「現搾(その場で搾る/しぼりたて)」と看板を掲げたフレッシュジュースの店がどこにでもあって、100%の柳丁果汁(オレンジジュース)が一杯NT$40(150円弱)位~から飲めるのです。日本に比べ、コンビニエンスストアやスーパーにフルーツジュースが少ないのも当たり前かもしれません。

どの果物も日本に比べて、びっくりするほど安く売られていますが、台湾国内でも南に行けば行くほど、果物の値段は安くなっていきます。日本では中華料理や焼き肉の後のデザートで出てくるライチも、台湾では枝になったままで買うことが出来ます。パッションフルーツを好きなだけ食べることだって出来るんです。季節・地域にもよりますが、パイナップルまるまる1個がNT$50~100(180~350円)で買うことが出来ます。これこそ本当の贅沢というものです。

実はわたし、台湾に来るまでパイナップルやマンゴーが好きではありませんでした。でも、台湾に来て好きになりました。台湾で食べる果物は甘くて味が濃くて、熟れてから採取した果物の本当のおいしさは格別ですね。

台湾暮らして、それなりにいろいろなものを食べましたが、「台湾で一番おいしい食べ物は何?」と聞かれたら、私はきっと「果物!」と答えるのだろうなぁ...と思っています。
 

  前のページ 次のページ  


Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.