カナダ特集

雄大な自然を擁するカナダでオーガニック食材や地元の極上ワインを堪能!
カラダにやさしい最新グルメ、州別食品・食材情報をお届けします。


オンタリオ州の食品・食材情報

冷凍食品

冷凍の"Spoonable"フード(スープ, ソース, サルサ, チリ, ディップ&マリネ, ピザソース, ドレッシング)を製造している会社にお邪魔し、アジア・日本市場の製品開発・販売を担当しているヨンさんにお話を伺いました。

ここでは"Spoonable"フードを開発・製造し、各国へ輸出しています。 クライアントは、日本でも最大の外食産業の大手・卸業者で、ホテルチェーンやレストランチェーンなどで利用されているとか。

冷凍食品01

スープの場合基本的には、出荷する際には多くの顧客のニーズに答えるべく、あえて完成品を送るのではなく、濃縮したものを1kgのパッケージで出しているそうです。
レストランの方で実際にお客様に出す前に、水で薄めたりミルクを加えて日本人好みの濃さにすることが可能で、また、クルトンやチーズを加えるなどレストラン独自の味付けをできるようにする為です。

ヨンさん曰く、日本のパートナーは品質にこだわっていて、特に味と安全性には注意を払っているとの事。品質をあげるべくいろいろな試作を行っているようです。

味に関しては、日本有数の有名なホテルを退職したグランドシェフの方にも試食をお願いし、彼らからアドバイスをもらって開発、製造しているとか。

冷凍食品02

以前、世界で最大のスープ会社が作ったスープと日本の大手の会社が作ったスープ、そしてここで作ったスープで味の比較をした事があるそうです。本当に美味しいスープとそうではないスープの味の差は冷めてからよくわかるらしく、温かい時に試食しそして冷めてからもう1回試食した上で1番に選ばれた実績があるなど、スープには絶対の自信を持っているようです。

また、食品の安全性という意味で、日本の厚生労働省の担当部署にサンプルを多数送って承認を取り、食品の安全性に関する取り組みや努力している事が立証され、税関からも好評だとか。 最も美味しく、そして安全な商品を届けていると胸をはって説明してくれました。

いくつか質問してみました。

Q:冷凍されたものを解凍してまた冷凍したらどうなりますか?
A:液体製品なので再冷凍しても品質にはそれほど変わりありませんが、オススメはしません。

Q:安全性についてもう少し具体的に教えてもらえますか?
A:契約栽培している農家がこの工場からあまり遠くないところにあり、そこの野菜しか使わないといういわゆるバーティカルバリューチェーン(自社ですべてを行う)の垂直型の製造業を行う事で管理を徹底している。当然食品の安全性に対する注意というのは工場内でも一貫して続いています。

冷凍食品03

最後に、ヨンさんからのメッセージ:
「ビクトリーキッチンのように、長期的な視野にたって辛抱強く日本市場に取り組んだところは、北米では他にはないと思います。非常に質が高く、日本の高級レストランでも使えるものであるとわかって頂けると思います。食品衛生に対する注意や原材料の取り扱いも非常に厳しく行われており、日本の食品安全に関心が高い方たちにも満足してもらっています。ぜひ試してみてください。」

皆さんがホテルやレストランで何気なく注文しているスープは、カナダの自然な大地で作られたスープかもしれません。見えない、且つ知らないところで、カナダの食材に出会っているのですね。

Data

Visit Victory’s Kitchen Ltd. (tour)
URL
http://www.victoryskitchen.com/


Agri-Food Trade Service



▲オンタリオ州の食品・食材情報 ページ上部へ


Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.