カナダ特集

雄大な自然を擁するカナダでオーガニック食材や地元の極上ワインを堪能!
カラダにやさしい最新グルメ、州別食品・食材情報をお届けします。


ケベック州の食品・食材情報

クランベリー

カナダの名産と言えば、クランベリー。しかしながら日本ではよく耳や目にするもののあまり知られていないですよね。今回は一問一答式で、What isクランベリー??をご紹介したいと思います。

グルー

Q:クランベリー農業の始まりは?
A:先住民インディアンによって発見され、始まったと言われている。

Q:クランベリーの語源は?
A:当時、グルーという鶴(Crane)に似ている鳥の頭のようであるというところから、【クラン】ベリーと付けられた。

Q:クランベリーの栽培方法は?
A:(伺った場所では)30cm程度のクランベリーを50m×500m(2ヘクタール)の畑に植える。段々畑状に段差のある湿地にて栽培。種を植えるわけではなく、根が横に伸びることにより繁殖し、来季につながる。 なお、クランベリーは植えてから3年目に収穫できるようになる。

7年経つと完全に成熟している

そこから100年は生きることができる。

クランベリー01

Q:クランベリーの収穫時期は?
A:9月下旬~10月末まで。1つの畑につき、収穫は1度しか行えない。

Q:クランベリーの収穫方法は?
A:まず畑に水をクランベリーより15cmほど上まで入れる。クランベリーの木を上からたたくことにより実が落ち、水面に落ちた実を収穫するので効率がよくなる。クランベリーの実は硬いため、たたいても割れることがない。
事前に敷いてあるビニール(写真:青のホース上のもの)を、トラクターを用いて両側から寄せ、集まった実を最後にポンプで吸い上げる。

Q:栽培時の注意点は?
A:温室環境を作る事。冬の間、クランベリーのプールに水を入れて満たしておく。気温が下がり水面が凍ってくるが、プールの底は凍らず水の状態となっている。その状態で、排水溝から水を抜き、氷の天井を作り上げることによって空洞が出来、温室効果をもたらす。
そして、春先には、分厚く凍った氷の上に、酸性度の高い砂を盛る。気温が上がり、氷が解けてくるのを利用して、その砂がクランベリーの来期の新しい砂地になる。

クランベリー02

Q:効能について
A:ビタミンA,B,C、鉄分を含む。
成人男性が1日に摂取するビタミンCをクランベリー115mlで補うことができる。

腎臓を綺麗にする作用
尿道にバクテリアが付着するのを予防
膀胱炎予防
腎臓・肝臓結石予防
尿の臭いを消す作用
腸の細菌のバランスを良くする。
血流、消化器に良い
虫歯の予防
血液中の抗酸化物質、善玉コレステロールを高める効果
などがあげられる。

何気なく口にしているクランベリーケーキやクランベリージュース。
実は上記のような歴史、そして栽培過程を経て、我々の手元に届いているのですね。
効能もさることながら、食す前には今一度広大なクランベリー畑を想像してみて下さい!

Data

Cranberry interpretation center
URL
http://www.canneberge.qc.ca/


Agri-Food Trade Service



▲ケベック州の食品・食材情報 ページ上部へ


Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.