ぐるなび海外版 ヨーロッパ
HOME > 海外版 > ヨーロッパ > バルセロナ > トピックス

現地特派員が伝える バルセロナ
海外グルメ情報 grumet information from Barcelona
バルセロナの紹介
 
Published : 2009/12/18
≪バルセロナについて≫ スペインの北東、地中海岸沿いに位置するバルセロナは規模、人口ともにマドリッドに次ぐスペイン第二の都市。ガウディに代表されるカタルニア・モダニズム芸術の壮麗さは現在でもその特色となっています。
将来星付きレストラン有望?
ホスピタリティ溢れる地中海フュージョンレストラン
 
地中海とフランスの国境近くという恵まれた環境により、バルセロナは新鮮な魚介類と国際的な影響を受け野菜を多く取り入れた、食文化を誇っています。伝統料理を大切にしつつも、どんどん進化させ、近年では、ニュースペイン料理、カタルニア料理と世界に知れ渡り、スペイン料理界の最先端を行くレストランやシェフの本拠地でもあります。

ミシュランの星付きレストランになるかもしれないから、今のうちに行っておいた方がいいと思う。と長年バルセロナに住んでいる日本人に勧められたのが、Gresca。
広さは居心地のよい9テーブル、バルセロナの中心地にある地中海フュージョンレストランです。

シェフのラファエル・ペニャ氏は10年以上ミシュラン三つ星、二つ星レストランのNeichel、Martín Berasategui,世界的に有名なエル・ブジ(El Bulli), パリ、スウエーデンのレストランで修業を積んだ後、2006年に開店したレストランです。2007年にはスペインNew Restaurant ベスト5に入るなど数々の賞を取っており、将来が期待されます。

ペニャ氏が修業した国々での料理、日本の味付けをミックスした色鮮やかな料理が次々と出てくる夜のテイスティングメニューは現在、前菜を含めて9種類。質、量ともに満足できます。

テイスティングメニューの中でお薦めなのが、スペインのタコと黒ソーセージにレモン、きゅうり、ポテトのソースをかけたカルパッチョ。新鮮で食べやすく、きれいな盛りつけと共に満足できます。また、日本人に人気の鳩肉のシャントレ(フランス産キノコ)添えは、脂肪分が少ない鳩肉をジンジャーソースと共に料理された絶品。

バルセロナのレストランで質の高い味、サービスで経済的な値段。私が訪れた時は他の雑誌記者がインタビューに来ていました。日本人のリピータ客も多く、日本のお客様に優しく対応してくれる。「おいしいし料理」だけではなく、日常の忙しさを離れた「豊かな時間」を提供してくれるレストランです。

日本を訪れたこともあり、日本好きのペニャ氏かあら最後に日本の皆さんへ、「カジュアルな服装で、気軽にお越しください。」とのこと。テーブル席は多くはないので、予約をして行って頂いた方が確実。
 

  前のページ 次のページ  


Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.