ぐるなび海外版 ヨーロッパ
HOME > 海外版 > ヨーロッパ > バルセロナ > トピックス

現地特派員が伝える バルセロナ
海外グルメ情報 grumet information from Barcelona
海岸近くのシーフード・タパスバー
スペインの地元バル雰囲気を味わえる「Jai-ca
(ハイカ)」
Published : 2010/02/15
バルセロナの旧市街を過ぎていくと、ヨットや、バルコニーの多いアパートが見えてきます。バルセロナ市内の海岸に面したこの地区はバルセロネタ地区と呼ばれます。夏になると観光客でいっぱいですが、中心地から簡単に歩いて行けるので、天気のいい日は散歩も兼ねてお勧めです。

このバルセロネタ地区は18世紀から、地中海に漁に出掛ける地元の漁師たちの集まるバー、レストランであふれていました。1992年のバルセロナオリンピック前までは、貧民層の地区とされていましたが、オリンピック以降は完全に改善され、地元、観光客の人気スポットになりました。港に近いため、ほとんどのバー、レストランで新鮮な魚介類を食べることができ、値段もお手頃です。

このバルセロナ地区でお薦めのタパスバーが「 Jai-ca (ハイカ)」です。地元の人、観光客でいつもあふれています。狭い店ですが、奥にカウンターがあり、新鮮なタパスが充実しています。入ったら思い切って、カウンターに行ってウエイターに飲み物をまずは注文してください。

お勧めなのが、飲み物は、カタルニア地方のビールEstrella Damm(エストレイヤ・ダム)、赤ハウスワイン。またカクテルが好きで、お酒が強い方はマルティーニベースのVermut(ベルムット)。タパスは、パタタ・ブラバス(玉ねぎ、にんにく、トマト、チリパウダーから作るブラバスソースをかけたフライドポテト)、チョコス(ホタルイカのフライ)、トルティア(ポテトが入った卵焼き)をカタルニアで有名なパン・コン・トマテで食べると地元に溶け込んだ気分になります。土日は混んでいることが予想されるので、14時前か、16時以降が比較的空いています。

スペインではこぎれいなレストラン、バーよりもカウンターの下に紙くずやたばこの吸い殻などが捨ててあるような場所が好まれます。床が散らかっていると、たくさん人がきて、美味しい料理を出してくれる証拠という事です。「 Jai-ca (ハイカ)」はそんな地元の人たち、スペイン人に好まれているタパスバーの一つ。バルセロネタの海岸へ行く途中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
 
SHOP DATA
[Jai-ca (ハイカ)]
住  所 Calle Ginebra, 13, Barcelona
アクセスMetro: Barceloneta (L4) 駅から徒歩10分
電話番号:+34 933 195 002
予約の有無:無
営業時間:火曜日から日曜日 9:30am-11pm>
休 業 日:月曜日
対応言語:英語OK
服装コード:カジュアル
カ ー ド:無
平均予算:15ユーロ


  前のページ 次のページ  


Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.