ぐるなび海外版 ヨーロッパ
HOME > 海外版 > ヨーロッパ > バルセロナ > トピックス

現地特派員が伝える バルセロナ
海外グルメ情報 grumet information from Barcelona
バルセロナで一番おいしいパタタス・ブラバス
バルセロナに来たら一度は訪れてみたいタバス・バル、「Bar Tomás (バル・トマス)」。
Published : 2010/03/15
スペインのバルでタパスメニューに必ずと言っていいほどあるのが、パタタス・ブラバス。“パタタ(Patata)”とはスペイン語で“じゃがいも”の意味で、じゃがいものフライにトマトベースににんにくを加え、少し辛めのブラバスソースをかけたのが、パタタス・ブラバスです。

スペインのじゃがいもは糖分が多く、ほこほこしてそのままでも美味しい。
じゃがいもは、お店によって、長細かったり、四角かったりと形も大きさも様々です。パタタス・ブラバスはお店ごとに作り方も味も違い、秘伝のソースをかけて食べると癖になる味です。

日本で、バルセロナ出身のスペイン人に、バルセロナに行くなら、バルセロナ一(いち)、いや、スペイン一(いち)おいしい、「バル・トマス」に行って本当のパタタス・ブラバスを食べてくるように。と言われ続けていたのが実現。

「バル・トマス」のパタタス・ブラバスは、かりっとフライしたじゃがいもに、トマト、チリパウダー、にんにくなどを加えた秘密のソースがかかっており、辛さがちょうどよくて、1人で2皿をすぐに完食してしまいました。お店のカウンター奥にも飾られているにんにくを使用しているのか、このにんにくの強い味も口に残り一度食べたら、癖になります。男性は、ビール、女性は、ビールとレモンソーダを混ぜたクララと一緒に頼むのもおすすめ。

スペイン国王のフアン・カルロス1世の二女クリスティーナ王女が近くに住んでおり、たまに来店するそうです。

夜になると、地元の人や、地元サッカーチームのバルササポータ―で店内はもちろん、外にも行列ができていることがあります。バルなので、テーブルに座れない場合は、立って食べることになります。店内は一年中混んでいますが、少しでもゆっくり味わいたい方は、昼の15時から16時か、夕方18時ごろに行かれることをお勧めします。
 
SHOP DATA
[Bar Tomás (バル・トマス) ]
住  所 C/Major de Sarrià, 49 Barcelona
アクセスMetro: Metro: Maria Cristina (L3) 駅から徒歩15分
電話番号:+34 93 203 10 77
予約の有無:無
営業時間:水曜日以外 12:00-16:00 18:00-22:00
休 業 日:水曜日
服装コード:カジュアル
カ ー ド:無
平均予算:15ユーロ

特派員
特派員紹介 エリコ
スペインワインの会社を退職後バルセロナに在住。
最近は、日本とスペインの食材を使用した創作料理の研究にはまっている。

  前のページ 次のページ  


Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.