ワインに合うレシピの紹介

牛肉のバヴェットエシャロットソース

材料 (2人分)
バヴェット(牛の腹部肉)300g(またはステ-キ用牛肉)
エシャロット4個
メークイン200g
マッシュルーム100g
赤ワイン150ml
仔牛のブイヨン100g(または小麦粉大さじ2)
パセリ
バター
胡椒
作り方
ソース
1. エシャロットの皮を剥き細かく刻む。
2. 鍋の中にエシャロットを入れ油分を加えながら焼き色を付けないようにしながら3分間熱す。
3. 次いで赤ワインを混ぜ更に3分間熱し塩、胡椒で味を調える。
4. 最後に仔牛のブイヨンを混ぜしっかりとブイヨンの味がソ-スに混ざるように3分間煮込む。(この際煮過ぎてソ-スを焦がさないように注意する.)
バヴェット
5. バヴェットに塩、胡椒する。
6. フライパンを熱し少量の油を引きバヴェットの両側面を強火でそれぞれ2分間ごと焼く。
7. バヴェットの焼き具合はレアになるようにする。
付け合せ
メークインとマッシュルーム、パセリを洗う。
メークインを沸騰した湯に入れ10分間茹でる。
充分に熱したフライパンでメークインをバタ-でソテーしマッシュルームとパセリを混ぜ塩と胡椒で味を調える。
このメインにはこんなワインがお似合い !

Volnay (Vin Rouge de Bourgogne)
ヴォルネィ: フランスブルゴーニュ地方南部の赤ワイン
きれいな紫を帯びた黒色の小さな房が印象的なピノノワール品種から作られた女性的でエレガント な赤ワイン。グロゼイユ、すみれ、さくらんぼを思わせるのバランスの良い『ブーケ』で研ぎ澄まされた果実感がありながらタンニンもしっかりと飲み応えがある。ブルゴーニュワインの当たり年と言われる1995年、96年、99年、2002年に作られたものが特にお勧め。お肉料理全般と良く合います。
Saint-Joseph (Vin Rouge de Loire)
サンジョセフ:フランスロワール地方の北部の赤ワイン
シラー種と呼ばれる品種を90%以上使って作られたロワール地方のポピュラーな赤ワイン。チョコレ-トの様な匂いと味で濃厚で厚みがありややヴァニラの香りも感じられる。これのワインとベストマリアージュするフロマ-ジュは?
Camembert, brie
カマンベール、ブリー
『チ-ズの王様』と言われるフランスを代表する白カビのフロマ-ジュ。その歴史は1000年以上も前にさかのぼり今も昔と同じ製法でフランスブリー地方で作られている。一般的にブリーは癖が少なく日本人にも食べやすいフロマ-ジュ。熟成が進めば進むほど中身の白い芯がとろりとし香り、コクともに豊かになっていきます。その他にブリー・ド・ムーランと呼ばれるイル・ド・フランスで生産されるブリーもありこちらはブリーよりも赤褐色を帯びておりより一層深い芳醇な味わい。

人気ランキング トップ3

グルメアラカルト

ギーサヴォワ
憧れの三つ星レストランがランキング一位!
クリスタル ルームバカラ
豪華絢爛な内装とそして美しすぎるバカラの食器類そして旬の素材を活かした高級フレンチは女性人気NO.1!
イル ヴィノ
世界No.1ソムリエの星付き店。ワイン好きな方へ。

お手軽レストラン

レ クリス
「パリの最優秀ビストロ2011」にも選ばれた実力派!
ル・ダロン
フレンドリーなスタッフたちとカジュアルムードで
レ・モンタニャール
チーズフォンデュ、ラクレット…
本格的なチーズ専門レストラン。全コースデザート付。

ワインに合う料理レシピを紹介!

シャブリ:フランスブルゴーニュ地方北部の白ワイン
この地方のワインはブドウ品種をブレンドすることなく1種類の…

ヴォルネィ:フランスブルゴーニュ地方南部の赤ワイン
きれいな紫を帯びた黒色の小さな房が印象的なピノノワール品種…