1. ぐるなびHOME
  2. 海外版
  3. ヨーロッパ
  4. フランス(パリ)
  5. 海外グルメ情報

現地特派員が伝える海外グルメ情報-パリ-

イルミネーションが彩るパリのクリスマスマーケット

Published : 2013/01/23

パリのクリスマス・マーケット

ヨーロッパの街々が一際美しさと輝きを増すのがクリスマス・シーズン。街には明かりが灯り、街灯や建物は美しく彩られ、人々はクリスマスに向け高揚した顔で行き交います。そしてなんといっても人々のお目当ては、毎年この時期に開催されるクリスマス・マーケット。今回は特に華やかなパリのクリスマス・マーケットの様子をご紹介したいと思います。

屋台で売られているホットドックなど

パリ市内でもあちこちで開催されるクリスマス・マーケットですが、スケールが大きく華やかなのは、やはりシャンゼリゼ大通りのマーケットでしょう。クリスマスシーズンのシャンゼリゼ大通りは、「世界で最も美しい大通り」とも称されており、それに加えネオンと屋台が並ぶ通りの美しさと雰囲気は神秘的ですらあります。
屋台で主に売られているのは多種多様なソーセージやハム、ワイン、板チョコ、シナモン風味のお菓子、ハチミツを使ったクリスマスクッキーなどで、気軽に食べられるフィンガーフードがあふれています。屋台で買った熱々のホットドッグを片手に、賑わう人々の間を縫うように歩きながらお目当ての屋台を探すのもいいかもしれません。

 Vin Chaud(ヴァン・ショー)

そして、この寒い時期は「Vin Chaud(ヴァン・ショー)」がおすすめ。シナモンやレモンなどのスパイスと赤ワインを温めて作る甘いホットワインで、ヨーロッパのクリスマス・マーケットには欠かせない、みんなが大好きな飲み物です。日本でいうところの甘酒のような飲み物で、みんなちびちび飲んでいます。
ちなみに、地域によっては白ワインで作る場合もあります。フランス北部のアルザスなどの白ワインの産地では白ワインを用いたヴァン・ショー・ブランというホットワインもあり、シナモンは加えず好みで砂糖やレモンの輪切りを加えて飲みます。冬のヨーロッパを楽しむご当地ホットワインといったところでしょうか。

パリのクリスマス・マーケット

場所により異なりますが、クリスマス・マーケットは毎年11月下旬~1月の始め頃まで行われています。イルミネーションが美しく街を彩るこのシーズンに、ぜひ一度パリへ遊びに来てみてください。

  • BACK
  • NEXT