ぐるなび海外版
HOME > ぐるなび海外版 > 世界のワイン特集 > ワイン講座
ワイン講座
世界のワイン特集
世界のワイン特集 関連情報
美味しいワインを選ぶには? 基本のブドウ品種 ワインの色 色の違い フレーバーって? 苦味のあるワイン
基本のブドウ品種
ワインには、赤、白、ロゼとあります。おまけにスパークリング、シュワシュワッと泡が出るやつもあります。では、赤、白、ロゼの違いのお話をしましょう。

赤ワインは、どうしてあの色がついているのでしょうか?理由は簡単、ブドウの皮があんな色だからです。といっても「?」でしょうから、まずはワインはどうやってできるかからお話ししましょう。

ワインは、ブドウから造りますが、ブドウの糖分が、酵母によって、二酸化炭素とアルコールに分解されます。このプロセスを「発酵」といいますが、その発酵の後にできたアルコールがワインというわけです。そのアルコールにさまざまな風味と味わいがくっついているのがワイン。そしてそのさまざまな風味は、自然の中で育ったブドウ「だけ」から抽出されるものです。「果実だけから」というところがワインが、他の種類のお酒と異なるところです。

さて、白と赤の違いは次の通りです。
白ワインは「ブドウ→絞る→皮を除いてジュースだけにする→発酵する→ワイン」というプロセスに対して、
赤ワインは「ブドウ→絞る→発酵→皮を除く→ワイン」
というプロセスです。

つまり赤ワインの場合、発酵が終わったあとに皮を捨てますので、発酵が終わったあとのワインには、色だけでなく、皮が持っているさまざまな成分が入っているというわけです。対して白は「実」だけの成分ということになります。

え?ロゼ?
ロゼはですね、赤ワインの発酵途中に皮を取り除いてしまうわけです。そうしますと、ちょっとだけ皮の成分がついているというわけです。あまり注目されないロゼですが、どんなロゼを造るかというのは、実は生産者のセンスなのです。