ダイニング・トレンドTOP > トレンド・レポート > 「人間が空を飛ぶ60秒間を見届けよ」オトコをアゲるスカイダイビング体験記
トレンド・レポート Trend Reports
トレンド・レポート
Trend Reports
アクティビティー

「人間が空を飛ぶ60秒間を見届けよ」オトコをアゲるスカイダイビング体験記

[2015年09月01日]

この記事をシェアする

  • LINEで送る
「人間が空を飛ぶ60秒間を見届けよ」オトコをアゲるスカイダイビング体験記
「空を飛んでみたい」

そんな夢を胸に抱きながら、空を見上げてみる。鳥が視界を横切り、雲は僕らの手の届かないところで優雅に流れている。あの空と一つになれたら……。

……じつは、その方法はひとつだけある。 「スカイダイビング」だ。

一生に一度はやってみたい体験として「スカイダイビング」を挙げる人も多くいるだろう。それと同時に、「でも、実際に飛ぶのは怖いかも」「そもそも日本でできるの?」という方も多くいるのではないだろうか。 今回は、そんな夢見るオトコたちにスカイダイビングの魅力をご紹介。

空に恋焦がれる

今回向かったのは、栃木県栃木市藤岡町にある「藤岡スカイダイビングクラブ」。ここは東京から一番近いダイビングスポットとして知られている。

ここでは、日本最長の60秒のフリーフォールを楽しむことができるという。つまりパラシュートが開くまでの60秒、身ひとつで空と一体化できるのだ。

ウェブサイトを見て、人数と体重、身長を伝えれば予約は終了。案外簡単な手続きである。

スカイダイビング

集合場所に指定されたのはだだっぴろい原っぱ。ここで出発の準備が整うまでしばらく空に想いを馳せる。

スカイダイビング

ガタイのいい空のオトコたちが、テキパキと準備を進めていく。初心者はタンデムジャンプ(タンデムスカイダイビング)という体験コースを申し込むことになる。“タンデム”とは二人乗りの意味。彼らと一緒に空へと飛び立つのだ。

スカイダイビング

上空に飛び立つまで、あとわずか。

スカイダイビング

飛ぶ際の姿勢のレクチャーを受け、契約書にサインする。パッセンジャーハーネスを体につければ、あとは名前を呼ばれるのを待つのみ。上空3500mが僕らを待ち構えている。

青い地球を見下ろせる、上空3500mへ

スカイダイビング

ヘリに数名で乗り込む。高度はぐんぐんと上がり、家々が小さく遠のいていく。雲が視界の下に広がり、想いを馳せていた上空へと到達する。途中、富士山を眺め、はたと気づく。そう、僕らが飛び降りるのは富士山とほぼ同じ高度なのだ。



高い。



そう自覚した頃、インストラクターたちがカチャカチャと装具を用意し、彼らのおなかと僕らの背中がぴったりとくっつき、彼らの呼吸が背中に届く。



「何度飛んでも、この瞬間は緊張するんだ」とインストラクターはいう。



他のインストラクターたちとハイタッチをして、ヘリのドアを開ける。

スカイダイビング

上空3500m。ヘリの外でゴオオと吹き抜ける突風を感じた途端、体がほんのわずかに命の危険を感じとるのがわかる。一瞬の戸惑いが足元に生まれる。だが、躊躇している暇はない。

スカイダイビング

ヘリの外へ足を投げ出し、準備は完了。

「GO!」の声とともに、インストラクターに押されるようにしてヘリから飛び出す。

「人間が空を飛ぶ60秒間を見届けよ」オトコをアゲるスカイダイビング体験記

ジェットコースターなどで味わう、ふわりと体が浮く感覚はほんの2秒程度。青い地球をダイナミックに横切っていく雲。その真ん中を、身ひとつで突き抜けていく。

スカイダイビング

全身に風を受け、落下というよりも体が宙に浮いているような感じを受ける。ゴオゴオという風の音を聴き、腕にはほんの少しの冷気を感じる。

スカイダイビング

人々の作った町が眼下に広がる。美しく丸い地球に包まれているような、不思議な感覚が胸に溢れる。このころにはだいぶ余裕が生まれ、周りを見渡すことができる。

スカイダイビング

落下のスピードは凄まじく、「爽快」としか表現のできない時間が続く。

僕らは引力によってぐいぐいと大地へと引き戻される。最高だ、とつぶやいたその声すらも、すぐに上に飛び去ってしまうほどの速さで。

スカイダイビング

大地に住処を作った、羽根のない生き物たちが、空を飛ぶ。

これほど非日常的で、エキサイティングな瞬間はない。

パラシュートで再度上空へ

60セカンズのフリーフォールを終え、地面が近づいた頃、インストラクターがパラシュートを開く。

スカイダイビング

ぶわっと広がるパラシュートの音と共に、肩のあたりをグイと引き上げられる感覚があり、みるみるうちに上空へと再度引き戻される。

ここからは空中遊泳のはじまりだ。パラシュートで風に揺られながら、ふわりふわりと降りていく。足元に広がる家や田んぼを見つめ、上空を見つめ、生きたことのない場所でのわずかな時間を楽しむことができる。

地上へ

数分間に渡る空中遊泳ののち、飛び立った場所へと戻って来る。

スカイダイビング

地面に降りる衝撃は全くなく、教えられた通りに足を伸ばしていればなめらかに滑り込むことができる。

スカイダイビング

大地を踏みしめた途端、インストラクターが言った。



「Welcome back to our planet.」



そうか、僕らは大地で生まれ、大地で育った。

さっき空から見た、美しいこの大地で。

悩んでいる方はぜひ一度体験してみてほしい。空から飛び、大地へと引き戻されるその時間にみた美しい地球は、あなたの心の何かを弾けさせるはずだ。それは「爽快」や「刺激的」といった単純明快な言葉ではなく、もっと壮大な、歴史を感じる何か。

僕等は何度でも空に憧れ、飛び立ち、またここに戻って来るのだろう。人間としての宿命を果たすために。

青い地球と一体になる、スカイダイビング。

人間が空を飛ぶ60秒間。ぜひ、体感してみてはいかがだろうか。

施設情報

特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡

【住所】〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837
【アクセス】東武日光線 藤岡駅
 ※送迎有り(要問い合わせ)
【URL】http://www.skydivefujioka.jp/
【料金】28,000円 写真orビデオ撮影付39,500円 写真・ビデオ撮影付42,500円
 ※カード利用不可

※2015年9月1日時点の情報です

この記事をシェアする

栃木で寄りたい!絶品グルメ

[日本料理・和食・茶懐石]
[日本料理・和食・茶懐石]
初代が「うなぎのかば焼きは豆腐の柔らかさのごとく」と残したという最上のかば焼きを食することができる。
アクセス:
東武宇都宮線おもちゃのまち駅東口 徒歩5分
営業時間:
月~土 昼の部:11:30~13:30(L.O.13:30)
月~土 夜の部:17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 :
毎週日曜日 祝日 ※定休日の日にも臨時営業できる場合があります。 ぜひご相談ください
平均予算:
5,000円  (ランチ平均:1,500円、宴会平均:5,000円)
[焼肉]
栃木県産前日光和牛を頂ける店。部位ごとに仕入れるため、新鮮で豊かな味わい。
アクセス:
JR両毛線栃木駅北口 車5分
営業時間:
ランチ:11:30~14:00(L.O.14:00)、ディナー:17:00~22:00(L.O.22:00)
定休日 :
毎週木曜日 ※(木曜日が祝日の場合は営業)
平均予算:
2,500円
[和風居酒屋]
[和風居酒屋]
熟練の料理人が贈る、四季折々の旬の料理。季節を味わう大人な時間を過ごしたいときにお勧め。
アクセス:
JR両毛線栃木駅 徒歩15分
営業時間:
月~日 ディナー:17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 :
無 年末年始(2016年12月31日~2017年1月1日)
平均予算:
3,000円  (宴会平均:3,000円)
この記事をシェアする

ダイニング・トレンドとは