ダイニング・トレンドTOP > トレンド・レポート > カキ小屋?オイスターバー?いやいや「漁港」で 本物のカキを味わう贅沢な冬
トレンド・レポート Trend Reports
トレンド・レポート
Trend Reports
グルメ

カキ小屋?オイスターバー?いやいや「漁港」で 本物のカキを味わう贅沢な冬

[2015年12月01日]

この記事をシェアする

  • LINEで送る
カキ小屋?オイスターバー?いやいや「漁港」で 本物のカキを味わう贅沢な冬
寒い冬が、カキの季節を連れてきた。

「カキが食べたい」

そう思ったとき、多くの人はカキ小屋やオイスターバーを思いつくことだろう。 たしかにカキ小屋や洗練されたオイスターバーに出かけるのもいい。

——だが、漁港で食べるカキはもっといい。

今回は、カキを一番美味しく味わうために、“漁港で食べるカキ”をご紹介。

小田原漁港へと向かう

いつもより早起きした休日の朝は、車に乗って出かけよう。東京から首都高に乗り、神奈川方面へ100kmほど下る。向かう先は、小田原漁港。2時間ほどのドライブだ。

到着し窓を開けると、つよい潮の匂いがする。

漁港のすぐ側に車を止め、歩いていく。威勢の良い声が飛び交う漁港内には活気が溢れているが、舟が停泊する船着き場はひっそりと静まり返っている。水面の揺れは穏やか。

冬 カキ

都会の喧騒の中にあっては休日でも日常から離れられないが、遠出は心を穏やかにする効果があるのだろうか。ゆっくりと心がほどけていく。

今回の目当ては「カキ」。

徒歩3分ほどの場所にある「小田原さかなセンター」へと向かう。

まずは生カキに舌鼓を打つ

生カキ

小田原さかなセンターでは、獲れたての海の幸を味わうことができる。今回あがっていたカキは、三陸産のもの。聞けば、三陸産の特徴は「濃厚すぎるほどの味わい」なのだという。

生カキ

生で食べたければ、その場で開けてもらうことができる。ミルフィーユのように堆積された殻の開け口を見つけるのは至難の技だ。

それでも店主はその殻に境目を見つけ、カキナイフを差し込み、素手でこじ開けていく。

生カキ

手さばきに迷いはなく、殻は手際よく次々に開けられていった。

生カキ

つるりとしたカキに、思わず見惚れてしまう。

カキを丸ごと味わうには、流し込むのがベスト。調味料は不要。

生カキ

「うまい」

ほどよい塩気と、磯の香り。口の中に海が広がる。

生カキ

自然の味わいには、どんな「作られた」おいしさも及ばないことを知る。

ひと手間かけて、焼きガキを味わう

カキの楽しみ方は生だけではない。火を通すと、また違った顔で私たちを楽しませてくれるのだ。

小田原さかなセンター内にはガスを使って焼けるバーベキュー場もあるが、時間のある休日なら火を起こすところから始めるのもよい。

海のすぐ側、漁港の目の前で七輪を取り出す。

焼きガキ

冬のつめたい空気の中、炭をくべる。炭に火が行き渡るのを、静かに待つ。

焼きガキ

火がつくと、思わず顔がほころんでしまう。
こうした小さな幸福を感じられるなら、手間をかけるのも悪くない。

焼きガキ

火が起きたらカキを網の上に乗せる。最初は平たい面を下に、殻が少し開いたら裏返しにして置く。こうすることで、カキを上手に焼くことができるのだそうだ。

潮の香りと炭の匂いが混ざり合う中、響き渡る「パチパチ」という火の音。

焼きガキ

じっくり焼き上げること7分。焼き上げられたカキは、生カキとはまた違った趣。ほくほくと立ち上る湯気が、食欲をそそる。

焼きガキ

七輪で焼いたカキは、非常にやわらかい。
火を起こすところから始め、自分で「育てた」焼きガキの味は、至福そのもの。

焼きガキ

カキを網の上に乗せる手は止まらない。気づけばこんなにも平らげてしまった。
一つひとつが大きいため、満足度は十分。
殻の内側の美しい色に見とれながら、口の中に広がるカキの風味をしばらく味わっていた。

最後に

小田原漁港

カキを平らげ、ぼんやりと水面を眺めているときこう思った。

——「贅沢」とは、こういうことをいうのかもしれない。

近場のカキ小屋やオイスターバーに、おしゃれをして向かうのも悪くはないが、一手間かけて本物のカキを味わうのはまた格別。

この冬は、カキを食べに漁港へと車を走らせてみるのはいかがだろうか。きっと本当の「贅沢」を味わえるはずだ。


ライター:佐々木ののか
写真撮影:飯岡拓也

店舗情報

小田原漁港

電車でお越しの場合:JR東海道本線「早川駅」から徒歩2分
住所:〒250-0021 小田原市早川1-10-1
電話:0465-22-4475(小田原市漁業協同組合内)
アクセス方法 お車の場合:小田原厚木道路「小田原西インターチェンジ」から約5分 西湘バイパス「早川インターチェンジ」から約2分

小田原さかなセンター

住所:〒250-0021 神奈川県小田原市早川1-6-1
営業時間:9:30~17:00(一部店舗を除く)
定休日:年中無休(元旦を除く)

http://www.sakana.co.jp/(公式HP)

※なお、店舗に七輪の用意はございません。

※2015年12月1日時点の情報です

この記事をシェアする

都内でカキを堪能したいなら

[荻窪/北海道/牡蠣]
[荻窪/北海道/牡蠣]
新鮮な生カキを一年中食べることができる
アクセス:
JR荻窪駅西口 徒歩2分
営業時間:
17:30~23:30(L.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
定休日 :
不定休日あり
平均予算:
4,500円  (宴会平均:4,500円)
[牡蠣×割烹×日本酒]
[牡蠣×割烹×日本酒]
四ツ谷でカキと日本酒の組み合わせに舌鼓を打つ
アクセス:
地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅 徒歩5分
営業時間:
17:30~24:00(L.O.23:30)
定休日 :
不定休日あり ※お客様のご要望により、12月1月の忘年会新年会シーズンでは、御予約のみ対応可能となります。 仕入れや諸々準備がいる為、お早めの御予約をお願い致します。
平均予算:
6,000円  (宴会平均:6,000円)
[産地直送牡蠣酒場]
[産地直送牡蠣酒場]
毎日種類が違う!全国各地から集まるカキを味わいたい時におすすめ
アクセス:
JR高田馬場駅東口 徒歩3分
営業時間:
月~金 ディナー:17:30~24:00(L.O.23:00)
土・日・祝 ディナー:16:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 :
無 年末年始(2017年1月1日~2017年1月3日)
平均予算:
4,000円  (宴会平均:3,600円)
[浜焼き&飲物持込OK]
[浜焼き&飲物持込OK]
お酒持ち込みもできる!カキを存分に楽しむためのお店
アクセス:
JR新橋駅 徒歩2分
営業時間:
月~金 16:00~23:30
土・日・祝 12:00~23:00
定休日 :
平均予算:
3,500円  (宴会平均:3,500円)
ガンガン焼きで豪快にカキを食べつくす
アクセス:
地下鉄日比谷線築地駅 徒歩1分
営業時間:
月~日・祝日 9:00~16:00(L.O.15:30)
月~土・祝日 17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 :
無 ※※月曜祝日の場合は日曜の夜も営業、翌月曜の夜はお休み。
平均予算:
2,000円  (ランチ平均:1,200円、宴会平均:4,800円)
この記事をシェアする

ダイニング・トレンドとは

カード会員様限定特典のご案内