ダイニング・トレンドTOP > トレンド・レポート > 東京湾に浮かぶ無人島要塞『猿島』そこは立体迷路であり、ダンジョンであった
トレンド・レポート Trend Reports
トレンド・レポート
Trend Reports
トリップ

東京湾に浮かぶ無人島要塞『猿島』
そこは立体迷路であり、ダンジョンであった

[2016年04月19日]

この記事をシェアする

  • LINEで送る
東京湾に浮かぶ無人島要塞『猿島』そこは立体迷路であり、ダンジョンであった
軍艦の街・横須賀。

160年近く前にペリーが来航して以来、海軍港として発展を続けてきた街だ。いまなお軍艦ツアーや海軍カレーなどを求めた観光客が賑わう中、その街の海に浮かぶ無人島をご存知だろうか。

その名は『猿島』―― 幕末から第二次世界大戦が終わるまで要塞として使われていた島である。現在は無人島と化し、砲台跡や兵舎など、いまなお銃痕と共に残る要塞跡地。
一方で、夏は釣りやBBQなどのレジャーを楽しめるスポットとして人気を集めている猿島を、今回は探索したい。

東京湾に浮かぶ無人島『猿島』は、意外にも近い場所にあった

京急線に乗り、横須賀中央駅で降りる。都心とは違う、港町の風が僕らを迎えてくれた。

猿島へ向かう船の乗船場所まで15分ほど歩く。観光地として全国から人が集まる横須賀であるが、昔はペリー来航に驚愕する人々が集まり、また世界大戦中は軍が行き交っていたと思うと感慨深い。船乗り場となっている三笠桟橋横には、日露戦争中、ロシアのバルチック艦隊を撃滅させた戦艦三笠が保存されていた。

東京湾に浮かぶ無人島要塞『猿島』そこは立体迷路であり、ダンジョンであった

猿島の要塞跡はどんなものかと想像を膨らませながら乗船、いざ猿島へ向かおう。所要時間は10分ほど。どんどん大きく見えてくる猿島は、意外と近い存在だった。

東京湾に浮かぶ無人島要塞『猿島』そこは立体迷路であり、ダンジョンであった

さあ、あっという間に無人島へ上陸だ。

立体迷路の要塞跡地は、もはやダンジョン

東京湾に浮かぶ無人島要塞『猿島』そこは立体迷路であり、ダンジョンであった

桟橋を歩きながら、 "要塞" という日常生活とはかけ離れた存在に胸が踊る。まるでテーマパークのアトラクションに並んでいるときの気分だった。

そして島を散策しようと歩き進めると、さっそく古めかしい錆びた塊が。

東京湾に浮かぶ無人島要塞『猿島』そこは立体迷路であり、ダンジョンであった

戦後70年間、こうやって放置されていたのだろう。時空を越える散策のはじまりである。

周囲は約1.6km、散策路はおおよそ1時間あればすべてまわることができる。猿島には兵舎や弾薬庫が残っているが、こららはすべて岸壁を掘ってつくられた施設。島の外からはまったく見えない構造となっているようだ。

両脇の壁は煉瓦とブロックで覆われており、ダンジョンを歩く物語の主人公のような気分に浸る。

東京湾に浮かぶ無人島要塞『猿島』そこは立体迷路であり、ダンジョンであった

手付かずの壁に生える苔は、木漏れ日によって色鮮やかに輝く。
そして、日中でも真っ暗なトンネルを突き進んだ。

東京湾に浮かぶ無人島要塞『猿島』そこは立体迷路であり、ダンジョンであった

幕末の長崎から始まったれんが建築。

明治20年以前のれんが建築物は、地震や老朽化により全国で22件しか残っていない。その中でも「フランス積」と呼ばれる積み方の建築物は全国に4件のみで、猿島の要塞はその珍しい4件のうちの1つである。

東京湾に浮かぶ無人島要塞『猿島』そこは立体迷路であり、ダンジョンであった

数多くのトンネルが交わる。
また、現在は入ることはできないが、兵舎や司令室、弾薬庫などに使われていた部屋が並ぶ。

東京湾に浮かぶ無人島要塞『猿島』そこは立体迷路であり、ダンジョンであった

さあ、先へ進もう。

猿島の夏は海水浴にBBQ、釣りなどが楽しめる

東京湾に浮かぶ無人島要塞『猿島』そこは立体迷路であり、ダンジョンであった

立体迷路を抜け、島の端までやってきた。

東京湾に浮かぶ無人島要塞『猿島』そこは立体迷路であり、ダンジョンであった

海水が透き通っている。

実はここ猿島の楽しみは、要塞跡巡りだけではない。
夏は海水浴にBBQ、そして釣りを楽しめる。BBQの機材はすべてレンタルでき、三笠桟橋近くにあるマーケットでは横須賀の海の幸、山の幸を買い揃えることができるので、「無人島でのBBQ」というのも粋な遊びをするのもよいだろう。

東京湾に浮かぶ無人島要塞『猿島』そこは立体迷路であり、ダンジョンであった

朝早く行き、自ら釣った魚を食すのも楽しそうだ。

東京湾に浮かぶ無人島要塞『猿島』そこは立体迷路であり、ダンジョンであった

そうこうしているうちに、島の入り口まで戻ってきた。
島内にある売店では、横須賀の地ビール『SARUSHIMA 無人島』が売られている。1時間ばかし島を歩き、体がビールを欲していることに気づく。


時空を越える散策に終わりを告げ、潮風をあびながら “無人島” の味を楽しもう。

猿島公園の情報・アクセス

住所

神奈川県横須賀市猿島1

アクセス

京急横須賀中央駅から徒歩15分、三笠桟橋から乗船10分

URL

http://www.cocoyoko.net/spot/sarushima.html

※2016年4月19日時点の情報です

この記事をシェアする

横須賀を食べつくす! 周辺グルメ

海を横目にカジュアルフレンチを楽しむ至福の時間
アクセス:
京急久里浜線津久井浜駅 徒歩7分
営業時間:
月~日・祝日 ランチ:11:00~16:00(L.O.15:30、ドリンクL.O.15:30)(場合により閉店時間が早まる可能性がございます。)
月~金 ディナー:17:00~21:00(L.O.19:30、ドリンクL.O.20:30)(場合により閉店時間が早まる可能性がございます。)
土・日・祝日 ディナー:17:00~22:00(L.O.20:30、ドリンクL.O.21:30)(場合により閉店時間を早める可能性がございます。)
定休日 :
不定休日あり ※年末年始など
平均予算:
2,500円  (ランチ平均:2,000円、宴会平均:4,000円)
[横須賀地産×イタリアン]
[横須賀地産×イタリアン]
大きなガラス窓から東京湾を一望できる
アクセス:
京急本線馬堀海岸駅 車10分
営業時間:
月~日・祝日 カフェ:10:00~20:00
月~日・祝日 ランチ:11:00~15:00(L.O.15:00)
月~日・祝日 ディナー:17:00~21:30(L.O.20:00)
定休日 :
第1月曜日 ※祝日の場合は営業
平均予算:
6,000円  (ランチ平均:2,000円、宴会平均:4,500円)
[アジアンレストラン]
[アジアンレストラン]
タイ人シェフによる本格アジアン料理
アクセス:
JR横須賀駅 徒歩7分
営業時間:
月・火・木・金 ランチ:11:00~15:00(L.O.14:30)
月・火・木・金 ディナー:17:00~22:00(L.O.21:30)
水 ランチ:11:30~15:00(L.O.14:30)
水 ディナー:17:00~22:00(L.O.21:30)
土・日・祝日 11:00~22:00(L.O.21:30)(※ランチメニューラストオーダーは14:30)
定休日 :
平均予算:
2,300円  (ランチ平均:900円、宴会平均:2,500円)
[よこすか海軍カレー]
[よこすか海軍カレー]
横須賀がカレーの街となった所以はここにある
アクセス:
京急本線横須賀中央駅 徒歩3分
営業時間:
月~金 11:00~16:00(L.O.15:30)
土・日・祝 11:00~20:00(L.O.19:30)
定休日 :
平均予算:
1,200円  (ランチ平均:1,200円)
[洋食レストラン]
[洋食レストラン]
ビーチサイドの最高ロケーションで食す逸品イタリアン
アクセス:
JR横須賀線逗子駅 バス25分
営業時間:
月・火・木~日 ランチ・ディナー:11:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 :
毎週水曜日
平均予算:
2,200円  (ランチ平均:2,000円、宴会平均:3,000円)
この記事をシェアする

ダイニング・トレンドとは