ダイニング・トレンドTOP > トレンド・レポート > こだわりのある男にこそ勧めたい「ボルダリング」と「食」で身体づくりを
トレンド・レポート Trend Reports
トレンド・レポート
Trend Reports
グルメ

こだわりのある男にこそ勧めたい
「ボルダリング」と「食」で身体づくりを

[2017年01月17日]

この記事をシェアする

  • LINEで送る
こだわりのある男にこそ勧めたい「ボルダリング」と「食」で身体づくりを
服や身だしなみに気を配るのは、当然のこと。
真にこだわりがある男は、もっと先を行く。

たとえば、身体づくり。

年を重ねるごとに衰えてくる身体を気合いで奮い立たせるのにも限界がある。
忙しい毎日の中でも時間をつくって運動し、食事にも気を遣える男こそ、仕事でもパフォーマンスを上げられる”デキる男”と言えるのではないだろうか。

そんなデキる男に近づくためのスポーツとしてオススメなのは、「ボルダリング」。特別な道具もいらず、会社帰りに立ち寄って遊び感覚で楽しめるボルダリングは、2020年の東京オリンピック競技にも決まり、その人気により一層拍車をかけた。

今回は、身体づくりに役立つボルダリングが楽しめるジムと、スポーツ栄養学に基づいたメニューを提供してくれる食堂をご紹介したい。

オリンピック競技にも選出された「ボルダリング」の誕生秘話

オリンピック競技にも選出

2020年東京オリンピック競技にも選ばれた、ボルダリング。そもそもボルダリングは、ロープを使用して壁を登る「クライミング」の一種で、当初はその“練習”という位置づけからスタートした。

その後、「軽装備での岩登りが1人でも気軽に楽しめる」という理由から、徐々に始める人が増え、1990年ころからジムが作られはじめ、競技として成立するようになる。

東上野の「グラニー」

今回訪れたボルダリングジム、東上野の「グラニー」の店主もクライミング歴40年以上という大ベテラン。プロに伺ったクライミングの一種である「ボルダリング」の魅力をご紹介していきたい。

誰でも誰とでも、遊び方は自由自在

ボルダリングの大きな魅力

――老若男女、誰でもできる

それがボルダリングの大きな魅力だ。今回取材した「グラニー」にも10代の若者から、70代の方まで幅広い年代の方が訪れる。

力よりも登る際の負荷が小さいほうが有利

力よりも登る際の負荷が小さいほうが有利ということから、男性よりも体重が軽い女性のほうがスイスイ登れてしまうというのも、よくある話。男女間で互角に勝負できるスポーツは数少ない。カップルや夫婦で来てみても楽しめそうだ。

また、ほかのスポーツのように何か必要不可欠な運動能力があるわけでもなく、何かひとつ欠けていてもほかのところで補えるところも、多くの人が取り組める理由のひとつと言えよう。

「小さな達成感が積み上げられる」働く男にピッタリの身体づくり

「小さな達成感」が味わえる

どこに手を置き、足を置き登っていくか、ルートを考えながら挑戦していく…。長時間かけて結果を出すほかのスポーツに比べて、“勝負が早い”ところも。ひとつひとつクリアしていけば、何度も「小さな達成感」が味わえる。

逆境に燃える“仕事人”の身体づくりにはピッタリ

最後のホールドを掴んだ瞬間の、あの達成感は病みつきだ。

また、立ちはだかる壁をよじ登ることは、ビジネスシーンでぶつかった“壁”を乗り越える感覚にも似ている。苦しいときほど乗り越えたときの快感は大きい。逆境に燃える“仕事人”の身体づくりにはピッタリかもしれない。

爪だけ切っておけば特別な準備や装備は必要なく、シューズとチョークをその場でレンタルできるジムがほとんど。平日夜遅くまで開いているジムも珍しくなく、その点でも仕事に精を出す男たちに向いている。

遊び感覚で、あるいは達成感を求めて黙々と。

働く男の身体づくりをするスポーツは、ボルダリングで決まりだ。

施設情報

店名:ボルダリングジム グラニー東上野店

住所:東京都台東区東上野6-7-3 1F

TEL:03-6324-3246

URL:http://granny-ueno.jp/ 

運動した後は、「食」で身体づくりを

「鹿屋アスリート食堂」

たくさん身体を動かしてお腹が空いたときこそ、身体づくりのチャンス。しっかりとカロリーと栄養価を考えた食事を摂りたい。そんな願いを叶えてくれる場所が、神田にある。

「鹿屋アスリート食堂」は、鹿屋体育大学で講師を務める長嶋未央氏が発起人となり、「健康的な食事を広めていきたい」と2年ほど前に始まった産学連携プロジェクトだ。

ウッドテイストを基調にした温かみのある質感

店内はウッドテイストを基調にした温かみのある質感で統一され、サードウェーブコーヒースタンドを彷彿させる空間だ。

「食堂」らしからぬスタイリッシュな内装

バランス食を提供する「食堂」らしからぬスタイリッシュな内装に、心が躍る。早速、メニューを選びに行こう。

好みや目的に合わせた「一汁一飯三主菜」で理想の身体をオーダーメイド

「一汁一飯三主菜」を提唱する鹿屋アスリート食堂

栄養バランスを考えた食事として、汁物に、ご飯、おかず3品という「一汁一飯三主菜」を提唱する鹿屋アスリート食堂。全15種類の主菜の中から、自分の好みや目的に合わせてオーダーできる。

メニューは2週間に1度のサイクルで半分ずつ変更され、1カ月で総入れ替えになる。飽きが来ないので、毎日でも通えそうだ。

パンフレット右下のピクトグラムを見てほしい

何を頼んだら良いかと迷ってしまう人のために、管理栄養士のオススメセットも2種類用意してあるが、自分仕様のメニューにこだわりたい方は、パンフレット右下のピクトグラムを見てほしい。栄養素がピクトグラムで示されており、いま自分が補いたいものをどのメニューで摂れるか一目で分かるようになっている。

レジでオーダーシートを手渡せば

レジでオーダーシートを手渡せば、あとはトレイに料理が並べられていくのを待つだけだ。

こちらが完成形

こちらが完成形。

男心をくすぐるポイント

汁物も週替わりのほか、ご飯は白米か、イクヒカリの胚芽米やキヌア、押し麦など数種類の穀物が入った「アス米」かの2種類から選べる。細部にまで妥協することなく、自分好みの定食をカスタマイズできるところも男心をくすぐるポイントかもしれない。

「おいしい」「ヘルシー」「わかりやすい」で続けられる

バランス食でありながら、味がしっかりとしている

鹿屋アスリート食堂のメニューはバランス食でありながら、味がしっかりとしている。一般に健康を考えたメニューと聞くと、質素なものをイメージしがちだが、これなら無理なく続けられそうだ。

レシートにも長く続けられる秘密が

また、レシートにも長く続けられる秘密が潜んでいる。レシートの下のほうをよく見てほしい。選んだメニューのカロリーや栄養価の数値がズラリと並んでいる。

これは栄養価の計算で定評のある「d-bice」と連携したサービス。面倒ゆえに続かなかった細かい栄養価管理の手間が省けることだろう。

店舗には常に管理栄養士が在籍

また店舗には常に管理栄養士が在籍しており、手が空いているときであれば、食生活の悩みを相談することもできる。一人ではおざなりにしてしまいがちな食生活を是正する“食のトレーナー”がいるとなれば、モチベーション高く続けられそうだ。

おわりに

“身体づくり”と聞くと、辛抱強く耐えねばならないイメージがあるが、楽しみながら無理なく続けていく方法もある。

せっかくならば、楽しくておいしいほうが良い。

身体を動かし、内側から調子を整えて、また明日からパフォーマンスの高い仕事をしていこうではないか。

店舗情報

店名:鹿屋アスリート食堂 本店

住所:東京都千代田区神田錦町3-21 10over9 内 1F

TEL:03-3233-1555

URL:

http://www.athlete-restaurant.co.jp/ (公式)

https://r.gnavi.co.jp/3514utua0000/(ぐるなび)

ライター:佐々木ののか

撮影:長野竜成

※2017年01月17日時点の情報です

この記事をシェアする

他にもある上野・神田周辺グルメ

[居酒屋/個室/宴会駅近]
[居酒屋/個室/宴会駅近]
コレステロールが溜まりにくいプレミアムポーク
アクセス:
JR上野駅 徒歩2分
営業時間:
17:00~23:30(L.O.22:45)
定休日 :
無 ※12/31、1/1は休業とさせて頂きます。
平均予算:
3,800円  (宴会平均:4,500円)
[カフェ・ダイニング]
[カフェ・ダイニング]
ガレットで健康志向に。カジュアルフレンチを楽しむ
アクセス:
JR秋葉原駅 徒歩1分
営業時間:
11:00~23:00(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)(【ランチタイム11:00~15:00】ランチメニュー【ディナータイム15:00~23:00】ディナーメニュー)
定休日 :
無 ※※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問い合わせ下さい。
平均予算:
3,800円  (ランチ平均:1,200円、宴会平均:3,500円)
[創作和食『お茶』を食す]
[創作和食『お茶』を食す]
抹茶を使った創作料理で、茶を食す
アクセス:
地下鉄千代田線新御茶ノ水駅B3番出口 徒歩1分
営業時間:
ランチ:11:00~14:00(L.O.13:30)、カフェ:14:00~16:30(L.O.16:00)
月~土 ディナー:17:30~23:00(L.O.22:00)(※2019年6月~9月末のビアガーデン期は、17:00~23:00まで営業しております。)
日・祝日 ディナー:17:30~22:00(L.O.21:00)(※2019年6月~9月末のビアガーデン期は、17:00~23:00まで営業しております。)
定休日 :
不定休日あり ※年に数回、法令設備点検等の為の休業がございます。 また、貸切営業日などはご利用いただけない場合もございますので直接店舗ホームページまたはお電話にてご確認ください。
平均予算:
4,000円  (ランチ平均:1,200円、宴会平均:5,000円)
落ち着いた雰囲気で、豊富な野菜を使った中華料理
アクセス:
地下鉄千代田線根津駅 徒歩5分
営業時間:
月・水~日・祝前日・祝日 12:00~15:00(L.O.14:00)
月・水~日・祝前日・祝日 17:00~22:00(L.O.20:00)
定休日 :
毎週水曜日 夏期休暇(2019年8月19日~2019年8月23日)
平均予算:
10,000円  (ランチ平均:5,000円、宴会平均:8,000円)
この記事をシェアする

ダイニング・トレンドとは