ダイニング・トレンドTOP > トレンド・レポート > 一杯の至福を求めてー多彩な種類の「クラフトビール」が味わえる、ブルワリー併設のレストラン3選
トレンド・レポート Trend Reports
トレンド・レポート
Trend Reports
グルメ

一杯の至福を求めてー多彩な種類の「クラフトビール」が味わえる、ブルワリー併設のレストラン3選

[2017年05月11日]

この記事をシェアする

  • LINEで送る
一杯の至福を求めてー多彩な種類の「クラフトビール」が味わえる、ブルワリー併設のレストラン3選
徐々に日差しが暖かくなり、ビールが恋しい季節が到来。この夏のトレンドのひとつが、店舗内にブルワリーが併設された「ブルーパブ」と呼ばれる形態の飲食店だ。このブルーパブは作りたてのフレッシュなビールが味わえる、ビール好きにはたまらないレストランなのだ。

扱っているビールは各店のオリジナル銘柄をはじめ、希少性の高いブランドのものばかり。まさに「ここでしか飲めないビール」が勢ぞろいしている。

今回ご紹介するのは、ビジネスマンの日常を彩るような個性が光る都内の3店舗。それぞれ、ビール作りの歴史も店内の雰囲気も料理のコンセプトもさまざまだ。

軽い口当たりのフルーティーなビールから、深い味わいのスモーキーなビールまで多種多様に取り揃えているため、友人同士の気軽な食事や取引先との接待、そして意中の相手とのデートにもピッタリ。そんな厳選クラフトビールが味わえる都内の厳選レストラン3店を紹介していこう。

グラスにまでこだわったオリジナルビール!自慢のグリル料理やデザートとの相性も◎「SPRING VALLEY BREWERY」

代官山に店舗を構えるSPRING VALLEY BREWERY

代官山に店舗を構えるSPRING VALLEY BREWERYはあのキリンビールが運営するレストラン。ここのコンセプトは、「未だ眠っているビールの奥深さを伝えること」。ビールの可能性を引き出し、「ワクワクするようなビールの未来」をつくることを目指している。

扱っているビールは、およそ20種類。すべて作り手が異なるという定番の6種類をはじめ、変わり種のしそや山椒を使ったものまで。桜やふきのとうなど季節毎の旬の食材を活かしたビールも好評だ。

「テイスティングセット」

定番の6種類のビールを飲み比べることができる「テイスティングセット」は、初来店客の6割ほどが注文するという。飲み比べてお気に入りが見つかったら、ぜひオリジナルのグラスでも味わってほしいとのこと。同店では、ビールの種類によってグラスの形状を変えており、そのひとつひとつに意味がある。

極上の香りや味わいが楽しめるよう設計されている

例えば、酸味が強いラズベリービール(中央)はその酸味をバランス良く感じられるよう、舌に当たる面積が狭いシャンパングラスを使用。他に、大葉と柚子の香りを併せ持つ和テイストなビール「Daydream × しそ(大葉)」(左)や、甘味と苦味を引き出して食事の味をさらに引き立てる黒ビール「樽熟Afterdark」(右)など、個性的なビールが取り揃えられている。いずれも、極上の香りや味わいが楽しめるよう設計されているのだ。

イチオシは「Tボーンステーキ」

食中酒であるビールとの相性がもっとも良いのがグリル料理で、SPRING VALLEY BREWERYはこのフードにとても気を使っている。一般的なオーブンの3倍となる900度で加熱ができるオーブンを使い、肉の旨みを最大限に閉じ込めている。なかでもイチオシは「Tボーンステーキ」(9,800円)だ。肉汁が滴る熱々のステーキとキンキンに冷えたオリジナルビールの組み合わせは、最高の一夜を演出してくれることだろう。

きっと新たなビールの魅力を開拓できるに違いない

こだわりのメニューを味わいながら、横目でビールづくりの工程を眺めることができるのも同店の大きな特徴のひとつ。特注でつくられた透明な釜では、まさにビールが誕生する瞬間を眺めることができる。

ひとたびSPRING VALLEY BREWERYに足を運べば、きっと新たなビールの魅力を開拓できるに違いない。

店名:SPRING VALLEY BREWERY TOKYO

住所:東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山内

TEL:03-6416-4975 (予約専用電話: 10:00~22:00)

03-6416-4960 (予約以外のお問い合わせ)

営業時間:

(月〜土) 8:00〜24:00(L.O.22:30)

(日) 8:00〜22:00(L.O.21:00)

※テラス席は 22:00 まで営業いたします。(冬期をのぞく)

URL:http://www.springvalleybrewery.jp/(公式)

https://r.gnavi.co.jp/j8h3dkyy0000/(ぐるなび)

アジア・ビアカップで初入賞!バーとレストラン、2つの顔を併せ持つ新宿の穴場店「Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen」

Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen

JR新宿駅から徒歩 約10分、都営新宿線・新宿駅からは徒歩 約5分という立地のY.Y.G. Brewery & Beer Kitchenは、2017年4月にオープン一周年を迎えたばかりの新規店で、隠れ家的な落ち着いた雰囲気で人気を集める。1階はブルワリー併設のバー、7階は夜景が満喫できるレストランと2つの顔を併せ持つ、一風変わった作りになっているのだ。

一年間でおよそ30種類のオリジナルビールをこの世に誕生

同店は、この一年間でおよそ30種類のオリジナルビールをこの世に誕生させている。大切にしているのは「斬新で、飲みやすく、ビジュアル的な美しさも楽しめること」だという。

ウィットに富んだメニューが並ぶ

店頭に並んでいるオリジナルビールは6種類。「(ビール本来の)味わいのジャマになるから」という理由で炭酸を用いない代々木アンバーエールや、カカオパウダーを贅沢に使用した裏原宿チョコレートスタウト。さらに、ヨーグルトの絶妙な酸味とホップ由来のオレンジとココナッツの香りが引き立つ下北サワーエールなど、ウィットに富んだメニューが並ぶ。

なかでも、アジア・ビアカップ2017のニュージェレネーションビール部門で入賞した「下北エール」は同店に足を運んだら必ず味わってほしい品種。下北、裏原宿、中目黒など、それぞれのビールに地名がついているのも、Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchenならでは。その他に、全国のブルワリーから仕入れたゲストビールが4種類と、常時10種類ほどのビールが提供されている。

思わずかぶりつきたくなる

7階で振る舞われている食事メニューのテーマは「カジュアルアメリカンフレンチ」で、見栄えも一工夫された創作料理がずらり揃う。思わずかぶりつきたくなる「とうもろこしのメキシカングリル」や胃袋を大満足させてくれそうな「骨付上州もち豚のグリル」など、男性好みのメニューも多い。

使い分けることができるのも同店の大きな魅力

しっとりと飲みたい日は1階のバーで、食事と併せて楽しみたい日は7階のレストランといったように、使い分けることができるのも同店の大きな魅力。毎週日曜は1階のブルワリーで本格的な仕入れが行なわれているため、仕込みの様子を伺いながらこだわりのビールをたしなむのもオススメだ。

フレンドリーでビールの知識が豊富なスタッフとの会話も楽しみつつ、さらなるビールの可能性を探ってみてほしい。

店名:Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen

住所:東京都渋谷区代々木2-18-3 オーチュー第一ビル

TEL:03-6276-5550

営業時間:

1F

(月〜金)17:00〜23:30(L.O.23:00)

(土・祝)12:00〜23:30(L.O.23:00)

(日) 12:00〜21:00(L.O.20:30)

7F

(月〜金) 18:00〜23:30(L.O.23:00)

(土・祝) 12:00〜23:30(L.O.23:00)

(日) 定休日

URL:http://www.yygbrewery.com/(公式)

https://r.gnavi.co.jp/3nwrjbus0000/(ぐるなび)

築100年のレンガ造りの建物でたしなむ、歴史あるクラフトビールと常陸さばサンド「常陸野ブルーイング・ラボ 神田万世橋店」

「常陸野ブルーイング・ラボ 神田万世橋店」

神田の商業施設「マーチエキュート神田万世橋」1階入り口を入ってすぐにある「常陸野ブルーイング・ラボ 神田万世橋店」を運営するのは、茨城県那珂市に拠点を構える木内酒造。ここはおよそ190年にもおよぶ日本酒づくりの歴史を持つ酒造で、「常陸野ブルーイング・ラボ 神田万世橋店」で販売されているクラフトビールはすべてこの酒造で手がけられたもの。この東京・神田のレストランもそうした老舗のテイストを再現した演出になっており、旧駅をリノベーションしたレンガづくりのこの商業施設とも雰囲気はピッタリ。

茨城県の工場から直送されたフレッシュなオリジナルビール

同店の一番のウリは、茨城県の工場から直送されたフレッシュなオリジナルビールだ。常時8種類ほど取り揃えているビールは実に個性豊かで、日々ローテーションで種類が入れ替わるため、頻繁に訪れても飽きることがない。オンラインショップでは扱っていない店舗限定のビールも度々登場するとのこと。

世界中のビアカップで数え切れないほどの賞を受賞してきた

世界中のビアカップで数え切れないほどの賞を受賞してきた看板商品の「ホワイトエール」や、日本の古代米である赤米を使ったベリーのような香りが特徴の「レッドライスエール」は、とくに人気が高い。

見た目の楽しさを含んだものも

ビールとバツグンに合う20種類ほどのおつまみは、酒蔵ならではの発想でカップ酒の瓶に入った状態で提供されている。ほとんどがお皿に盛られて提供されるが、「しめ鯖」(写真左)などは瓶のまま出されるなど、見た目の楽しさを含んだものも。いくつか並べるとなんともフォットジェニックで、ビールとともにテーブルに彩りを添えてくれるはずだ。

「常陸さばサンド」

そんな同店のもうひとつの名物が、漁獲量日本一を誇る茨城県のさばを使用した「常陸さばサンド」だ。肉厚で脂が乗ったさばを揚げてマリナードに漬け込み、玉ねぎ、ザワークラウトとともに香ばしいパンにサンドする。アクセントにマスタードを使用しており、これらの絶妙な組み合わせが外国人観光客にも好評だという。

まずは試飲して好みを探ってみるのもオススメだ

ビールの初心者向けに、その日のビールから3種類をチョイスしたテイスティングセットも扱っているため、まずは試飲して好みを探ってみるのもオススメだ。自分の舌にもっともマッチする一杯を見つけたら、さらにビールが美味しくなる料理との掛け合わせを追求する楽しみも待っている。

店名:常陸野ブルーイング・ラボ 神田万世橋店

住所:千代田区神田須田町1-25-4 マーチエキュート神田万世橋

TEL:03-3254-3434

営業時間:

(月〜土) 11:00~23:00(L.O.22:30)

(日・祝) 11:00~21:00(L.O.20:30)

URL:http://hitachino.cc/brewing-lab/(公式)

https://r.gnavi.co.jp/bdzxn1xk0000/(ぐるなび)



(取材・文:小林 香織)

※2017年5月11日時点の情報です

この記事をシェアする

まだあるクラフトビール堪能グルメ

[神保町居酒屋貸切パスタ]
[神保町居酒屋貸切パスタ]
ヨーロピアンなビアタイムを楽しむ
アクセス:
地下鉄神保町駅A4番出口 徒歩1分
営業時間:
ディナー:17:00~23:30(L.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)(*土曜日は時間変更がありますのでお店に問い合わせください *定休日も貸し切り予約時は営業いたします、気軽にお問合せ下さい)
定休日 :
毎週日曜日 年末年始(2016年12月31日~2017年1月3日) ※日曜、祝日は貸切予約時は営業します!(25名以上でお願いします)
平均予算:
4,000円  (宴会平均:4,500円)
[上野×ラクレットチーズ]
[上野×ラクレットチーズ]
ビールの味わいを引き立てる燻製とチーズが待つ
アクセス:
JR御徒町駅 徒歩1分
営業時間:
12:00~翌4:00(L.O.3:00、ドリンクL.O.3:30)(お昼・深夜の営業は事前のご予約のあるお客様のみの特別対応となり場合によっては営業出来かねる日も御座います。 ご予約が無い場合は毎日18:00〜23:00(フードL.O.22:00/ドリンクL.0.22:30)の営業となります。お気軽にご連絡ください!)
定休日 :
無 年末年始(2018年1月1日) ※いつでもご利用頂けるよう1/1以外定休日・店休日も設けておりません。 従業員一同お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。
平均予算:
4,000円  (ランチ平均:3,000円、宴会平均:2,500円)
肉料理をこれでもかと取り揃えた名店
アクセス:
JR有楽町駅 徒歩3分
営業時間:
17:00~23:30(L.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
定休日 :
平均予算:
3,500円  (宴会平均:3,500円)
[恵比寿 居酒屋 合コン]
[恵比寿 居酒屋 合コン]
ビールとの相性バツグンのラクレットチーズメニューが揃う
アクセス:
JR恵比寿駅西口 徒歩1分
営業時間:
月~金 ランチ:11:30~15:00、ディナー:17:00~24:00
土・日・祝 11:30~24:00
定休日 :
平均予算:
2,980円  (ランチ平均:1,000円、宴会平均:3,500円)
[ダイニングバー]
[ダイニングバー]
ラムチョップやメキシカンチョップを心ゆくまで味わえる
アクセス:
地下鉄日比谷線六本木駅4a出口 徒歩1分
営業時間:
朝食:6:30~10:30(※最終入店10:00)、ランチ:11:30~15:00(L.O.14:30)
月~土 ディナー:18:00~23:30(L.O.22:30)
日 ディナー:18:00~23:00(L.O.22:00)
月~木 バー:18:00~24:00(L.O.23:30)
金・土・祝前日 バー:18:00~翌2:00(L.O.1:30)
日 バー:18:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 :
無 ※年末年始は通常営業いたします。
平均予算:
5,000円  (ランチ平均:1,500円、宴会平均:5,000円)
この記事をシェアする

ダイニング・トレンドとは