ダイニング・トレンドTOP > トレンド・レポート > 食欲の秋にはお肉をガッツリ。人情溢れる隠れた名店「下町焼肉」3店
トレンド・レポート Trend Reports
トレンド・レポート
Trend Reports
グルメ

食欲の秋にはお肉をガッツリ。人情溢れる隠れた名店「下町焼肉」3店

[2017年10月24日]

この記事をシェアする

  • LINEで送る
食欲の秋にはお肉をガッツリ。人情溢れる隠れた名店「下町焼肉」3店

いよいよ食欲も全開になる秋が到来。そこで早速食べたくなるのが「焼肉」、という人も多いのではないだろうか。



都心の高級焼肉店で食す焼肉はもちろん美味しい。しかし、情緒と人情溢れる下町の古き良き焼肉もまた、趣があっていい。過ごしやすいこの季節には、少し足を伸ばして下町へ「焼肉旅」に出掛けるのもありだろう。



そこで今回は、焼肉をこよなく愛する人のために、下町にある隠れた名店3店を紹介していく。

ハラミが ”主役”。迫力の肉塊が魅力の「金楽 浅草店」

金楽

焼肉と言えばカルビやロースを連想する人も少なくないだろう。しかし、今や焼肉店において人気部位ランキングの上位に食い込む「ハラミ」を忘れてはいけない。ハラミは、ひと昔前は商品として流通しておらず、食肉業者や焼肉店の関係者が賄いとして食していたと言われている。



ハラミとは、厳密に分類すると牛の横隔膜だが、その味わい深さにいち早く注目したのが「金楽 浅草店」の先代店主。今から30年ほど前に試しに常連客に提供したところ、その味が評判を呼び、やがて同店の名物メニューになったという。

金楽自慢のハラミ

ここで提供されるハラミ(950円、税抜)は、マグロのぶつ切りほどの大きさがありサイコロ状で提供され、貫禄さえ感じる佇まい。塩とタレが選べるが、まずは塩で肉そのものの味を楽しむことをおすすめする。網の上で転がしつつ、表面にいい具合で肉汁が滲み出るまで辛抱強く焼く。そして、ジューシーさを維持したまま口の中へ頬張ると一気に肉汁が溢れ出す。つぎつぎに手を伸ばしたくなる一品だ。

ハラミとタン

ハラミに限らずタン(1,500円、税抜)も同じく厚切り仕様の同店。このボリュームは、大いに楽しめるはずだ。

アワビのおかゆ

韓国で人気のリゾート地、チェジュ島に伝わる料理で滋味あふれる「アワビのおかゆ」(1,500円、税抜)は、あっさり〆たいときにぴったり。異国情緒も溢れるこの一品はぜひとも食しておきたいところ。

店内

全40席ある店内は、全て4名掛のテーブルと座敷で構成されている。「ひとり焼肉」ではなく、団体利用に最適。気の置けない同僚や仲間たちとワイワイガヤガヤ、肩肘張らずに厚切り肉を頬張りながら、楽しいひと時を過ごせるだろう。



店名:金楽 浅草店

住所:東京都台東区浅草1-15-4 

営業時間:12:00〜23:00

定休日:火曜(祝日の場合は翌水曜休み)

TEL:03-3844-3357

URL:
https://r.gnavi.co.jp/prr9zyuh0000/(ぐるなび)

牛肉の目利きが選んだ、極上の黒毛和牛を。「京城 北千住店」

京城 北千住店

北千住駅前から歩くこと約2分。路地裏を進んでいくと見えてくるのが、上質の黒毛和牛のみを使用した絶品焼き肉が楽しめると評判の「京城 北千住店」。創業から40年以上の同店は近江牛や、松阪牛、前沢牛など、国内でも有名なブランド和牛の焼肉を日本で初めて取り入れたそうだ。



上質なものを楽しんでもらおうと、タレに使用する醤油をはじめ、米や唐辛子などの原材料も、料理人が自ら現地に足を運び厳選したものばかり。中でも肉は、独自のルートで、信頼しているところから最高級のものを仕入れているという。食材にとことんこだわり、美味しいものを安価でお客様に提供したいという料理人の心が伝わる。



同店が開店した昭和43年当時、焼肉に使う肉は「ホルスタイン」と呼ばれる品種の牛肉が主流だったという。しかし、その時代から店主は「扱うのは松阪牛と近江牛の牝のみ」というポリシーを貫いている。

京城 北千住店の焼肉

現在は他の銘柄牛の質も向上したことから、奥州牛、前沢牛、田村牛、仙台牛などを扱うこともあるが、あくまで質ありきであることには変わりはない。

特選炙りロース

こだわり抜いた肉だけを提供する同店のおすすめは、軽く炙るだけで食べられる「特選炙りロース」(1,900円、税抜)。数秒炙るだけで、美味しく食べられる絶品のロースは、火を通さなくても食べられるほど上質な肉。鮮度の高いロースを使用しているので、本当に美味しい肉が食べたいという人に人気があるという。

特選盛り

他にも、たくさんの種類のお肉が楽しめる「特選盛り」(11,000円、税抜、2名から注文可)は、上質のお肉を一つの皿に集めた贅沢な一品。たくさんの種類のお肉を一度に食べられるだけではなく、ボリュームも満点なので運ばれてきた瞬間、思わず歓喜の声が沸き起こる。

ケジャン

生のワタリガニを唐辛子の効いたタレに漬け込んだケジャン(1,200円、税抜)は、肉に並ぶ人気メニューのひとつだ。

コムタンスープ

焼肉でこってりした口の中をサッパリさせるなら旨味凝縮テールを使った「コムタンスープ」(670円、税抜)がおすすめ。国産牛肉のテールをじっくり煮込んで作っているので、肉の旨みたっぷりのスープを楽しむことができる。

店内

1階は70席、2階は40席の計110席と広々した空間で、ゆったりと至極の焼肉を堪能してみるのはいかがだろうか。



店名:焼肉 京城 北千住店

住所:東京都足立区千住2-62

営業時間:17:00〜(L.O.)0:20

定休日:無休(年末年始、夏期休業あり、要問い合わせ)

TEL:03-3870-4324

URL:
https://r.gnavi.co.jp/4enf7tba0000/(ぐるなび)

精肉店だからできる品揃え、とろけるような松坂牛。「肉の田じま」

肉の田じま

住吉駅から歩くこと約10分。1Fはミート&デリカ、2Fは焼肉、3Fですき焼きやしゃぶしゃぶ、ステーキを提供する「肉の田じま」は、精肉店直営の焼肉店。地元の常連客のみならず、噂を聞きつけた肉好きがわざわざ遠方からやってくるほどの肉ラバーの聖地となっている。



東京食肉市場で卸問屋を経営している強みを生かした同店は、「松阪牛」をはじめとした上質な和牛や、直接仕入れた鮮度の高いホルモンをリーズナブルな価格で味わえることが特徴。

肉の田じまの肉

50年前、内臓肉の卸からスタートしたという同店で扱うのは、松阪牛を中心とした黒毛和種の牝牛。A4~5ランクにこだわり自社で一頭飼いすることで、上質な肉をリーズナブルに無駄なく提供し、脂の質が良く、柔らかくて甘みの強い牛肉を味わうことができる。他店ではなかなか味わうことのできない希少な部位が提供されているのも、精肉店ならではの魅力だ。

特選松阪三昧

同店のオススメは、舌も心もとろけるような最高級のお肉が味わえる「特選松阪三昧」(9,980円、税抜)。サーロイン、リブロース、ヒレから1品を選ぶことができ、他にも特上カルビやロースなど盛りだくさんの内容。この一皿に、松坂牛の全てがギュウッと集約されている。

タンづくし4点盛り

他にもサックリした食感とジュワッと口中に広がる旨さを”タン能”できる「タンづくし4点盛り(特上タン、上タン、タンシタ、タン)」(2,980円、税抜)や、4種の黒毛和牛と豚カルビを愉しめるカルビ三昧(3,980円、税抜)もおすすめだ。

カルビ三昧

肉の厚さやボリューム感には思わず脱帽。冷凍はいっさいせずに、鮮度抜群の極上和牛を提供してくれる。

店内

2Fフロアは11時からの通し営業。お腹が空いたら、お昼時から行くのもよし、仕事帰りにガッツリ食べるのもよし、「肉を欲した時が行き時」の肉ラバーには願ってもない場所となるはず。食欲の秋に、是非とも行っておきたい名店だ。



店名:肉の田じま

住所:東京都江東区扇橋1-4-1

営業時間:11:00〜(L.O.22:30)23:00

定休日:月曜(祝日の場合は翌火曜日休み)

TEL:03-3699-8929

URL:
http://www.localplace.jp/t200305436/(公式)

※2017年10月24日時点の情報です

この記事をシェアする

他にもある、下町の焼肉屋さん

[個室炭火焼肉]
神戸牛や阿波牛などのチャンピオン牛が味わえる
アクセス:
都営浅草線本所吾妻橋駅 徒歩1分
営業時間:
月~金 ディナー:17:00~24:00(L.O.23:00)
土 14:00~24:00(L.O.23:00)
日・祝日 14:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 :
毎週火曜日
平均予算:
4,500円  (宴会平均:6,000円)
[浅草 焼肉 黒毛和牛]
[浅草 焼肉 黒毛和牛]
A4&A5黒毛和牛で満腹に
アクセス:
地下鉄銀座線田原町駅 徒歩3分
営業時間:
火~金 17:00~翌4:00(L.O.3:30)
土 12:00~15:00(L.O.14:30)
土 17:00~翌4:00(L.O.3:30)
日・祝日 12:00~15:00(L.O.14:30)
日・祝日 17:00~翌2:00(L.O.1:30)
定休日 :
毎週月曜日 ※※月曜日が祝日の場合.火曜日へ振り替えとなります。(都合によりお休みが変更する場合がございますので当店のHP、新着情報をご確認ください)
平均予算:
3,000円  (宴会平均:5,000円)
[国産黒毛和牛焼肉店]
こだわりの自家製秘伝のタレでもっとおいしく
アクセス:
JR錦糸町駅南口 徒歩4分
営業時間:
月~木・日 17:00~24:00(L.O.23:00)(金・土・祝前日 17:00~夜中迄 GW期間中11:00~)
定休日 :
不定休日あり
平均予算:
4,000円
[北千住×焼肉×宴会]
山形牛一頭買い
アクセス:
地下鉄北千住駅東口 徒歩3分
営業時間:
月~日 17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 :
平均予算:
5,000円  (宴会平均:6,000円)
[北千住 焼肉業態 1位]
[北千住 焼肉業態 1位]
売り切れ必須の極上レバ焼きがあるお店
アクセス:
JR常磐線北千住駅西口 徒歩3分
営業時間:
11:30~24:00
定休日 :
毎週月曜日 ※※祝日の場合は営業し、翌火曜日休み。
平均予算:
3,000円  (ランチ平均:800円、宴会平均:4,000円)
この記事をシェアする

ダイニング・トレンドとは