アメリカン・エキスプレス

 一度は見ておきたい!海外からも注目される日本の絶景「ネモフィラ畑」がまるで天国のよう

ネモフィラ畑 photo by kobaken++
Photo:kobaken++

「いつか行きたい」と、憧れの目で見てきた世界の絶景写真の数々。もちろん行けるなら今すぐにでも旅立ちたいですが、そうもいかないのが現実です。一方で季節はゴールデンウィーク。どこへ行こうかとソワソワしていませんか?

そこでオススメしたいのが、海外からも注目されている日本の絶景「みはらしの丘」。
東京から車で約2時間で行けるその絶景の丘は、ちょうどゴールデンウィークになるとネモフィラという花で埋め尽くされ、まるで天国のような光景が一面に広がります。

今回はまだまだ知られていない「みはらしの丘」のお楽しみポイントをご案内いたします。

「みはらしの丘」に咲くネモフィラ畑は
日本最大のパノラマ絶景

海外からも絶賛される
日本一のネモフィラ花畑

国営ひたち海浜公園 photo by kobaken++
Photo:kobaken++

日本一のネモフィラ畑「みはらしの丘」があるのは、茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」。「青の絶景」や「空と繋がる丘」として各メディアでも紹介された日本の絶景の1つです。

ご覧の通り、一面が瑠璃色!

どこまでも続くネモフィラの光景は、まるで映画やドラマのワンシーンのよう。丘の上で青空につつまれて眺めるネモフィラ畑はまさに絶景。夢のような景色に感動せずにはいられません。

可憐なネモフィラの花

可憐に咲くその様から英語で「Baby blue eyes(赤ちゃんの青い瞳)」と呼ばれるのも納得。 ちなみにネモフィラの花言葉は「可憐」「あなたを許す」「清々しい心」「どこでも成功」などがあるそうです。

まるで瑠璃色のじゅうたん!
450万本のネモフィラが丘を埋め尽くす

450万本ものネモフィラの花

「みはらしの丘」のネモフィラは4月下旬から5月中旬までが見頃の時期。この時期は、約450万本のネモフィラが丘一面を埋め尽くします。しかし開花してからは時間が経つにつれ色が薄くなっていくため、まさにゴールデンウィークがベストシーズン。

公園自体は港に面しているため、丘の上まで登ると太平洋を眺めることもできます。都会の喧騒を離れ、青空と海とネモフィラにつつまれてみてはいかがでしょうか。

ネモフィラだけじゃない!
ひたち海浜公園の楽しみ方

ネモフィラが有名なひたちなか海浜公園ですが、見どころは他にもあります!

01.
春らしい花々が魅せる
色彩のハーモニーを楽しむ

ひたち海浜公園で楽しめる花畑はネモフィラだけではありません。一年中、季節に応じた様々な花畑を楽しむことができます。
まず4月上旬から見頃を迎えているスイセン(水仙)。

一面に広がるスイセンの花

約550品種100万本のスイセンが凛と花を咲かせる姿は、春の訪れを感じさせてくれます。

なお、スイセンの学名は「ナルシサス」、花言葉は「自己愛」。水面に映った自分の姿に恋をしてスイセンになってしまった美少年ナルキッソスの伝説が由来となっています。自分好きの人を「ナルシスト」と言いますが、それもこの美少年ナルキッソスが由来なんだとか。

そして4月の中旬からは、チューリップが見頃を迎えます。

色とりどりのチューリップ

色とりどりのチューリップもまた素敵。
約260品種27万本のチューリップが鮮やかに花を咲かせます。
5月からはポピーやバラなどがバトンを受け継ぎます。このように1年を通じて様々な花を楽しめるのが、ひたち海浜公園の楽しみの1つです。

参考:ひたち海浜公園 開花情報

02.
 広大な花畑を背景に
ポートレートを楽しむ

綺麗に咲く花畑をカメラでパシャリ。綺麗な花々をたくさん写真に収めて、素敵な思い出を残しましょう! その際、風景だけでなく一緒にいく恋人や友人の写真も綺麗に撮ってみませんか?

ネモフィラの花畑を背景にしたポートレート

ネモフィラが咲く「みはらしの丘」は傾斜になっているため、自然とネモフィラを背景にした写真を撮ることができます。本写真の撮影時はまだネモフィラは三分咲きでしたが、ゴールデンウィークには満開のネモフィラを背景にした絶景写真が撮れるはずです。

チューリップを背景にしたポートレート

また色とりどりのチューリップを背景に撮っても素敵な1枚に。その際には、画面を縦横それぞれ3分割し、その交点に被写体を配置する「三分割構図」で撮影してみてください。被写体を中心にした構図よりも、写真の仕上がりが格段に良くなりますよ。

ナノハナを背景にしたポートレート

5月中旬まで楽しめるナノハナをバックに、ふんわり春らしいショットも。より可愛らしく撮るために、光を被写体に反射させるレフ版を用いて、瞳に輝きをつくりましょう。レフ版を持っていない場合は、白い紙を顔の下にかざすか、白い手袋を着用するだけでも瞳に白い光をつくることができますよ。

こういった花畑をバックにした写真は普段だとなかなか撮れません。お子さんがいらっしゃる方であれば、飾りたくなるような一枚に仕上がること間違いなしです。

(撮影協力:美音さん、稲垣ゆーかさん)

03.
サイクリングから遊園地まで
思う存分アクティビティを楽しむ

園内のお楽しみポイントは花畑だけではありません。海に面した砂丘エリアや林間アスレチックなどがある草原エリア、樹林エリアなどたくさんのテーマエリアが存在します。

自転車で走る人々

園内はかなり広いので、移動は園内で借りられるレンタサイクルがオススメ。二人乗り自転車で駆けて抜けていくご夫婦の姿が微笑ましいですね。
レンタルサイクルは大人400円、中学生以下250円で借りることができます。(二人乗り自転車は2名分の料金が必要)

遊園地

そして園内には遊園地があるため、小さいお子さんのいるご家族で行っても思う存分楽しめます。

マウンテンバイク

さらには男心をくすぐられるBMXコースも! 初心者でも楽しめる一般コースから上級者向けの本格コースまであり、自転車もその場で借りることができます。
その他、パターゴルフや林間アスレチックなどのアクティビティも盛りだくさん! 都心ではなかなか体験できないアクティビティを楽しめるのが、ひたち海浜公園の魅力です。

まとめ

パノラマ絶景が広がるネモフィラ畑から色とりどりの花々、そしてたくさんのアクティビティ。これらをすべて一度に楽しめるのが、ひたち海浜公園です。

ゴールデンウィークのご予定がまだ決まっていない方は、ぜひひたち海浜公園に行ってみてはいかがでしょうか?

ひたちなか公園の
情報・アクセス

併せて行きたい!
 周辺グルメスポット

周辺には名産の常陸牛から新鮮な海鮮料理など、美味しいグルメスポットがたくさん!
ぜひご一緒に立ち寄ってみてくださいね!

画像元:kobaken++ | ひたち海浜公園 #6#15