予約はいつから?予算は?アンケートから見えた今年のクリスマス

【ぐるなびデータニュース】|ぐるなびの保有する様々なデータやユーザーアンケートをdressing編集部が独自に調査・分析。データから見える食のトレンドや、誰かに話したくなる食の小話などをお届けします。

2015年12月02日
カテゴリ
コラム
  • 知識・雑学
  • データ
予約はいつから?予算は?アンケートから見えた今年のクリスマス
Summary
・2015年のクリスマスのトレンドをデータから分析
・外食派と家で過ごす派、多かったのは・・・
・正直予算、いくらまでかけられる?

クリスマスを意識し始める時期は、やはり同月内に入ってから

12月になり、テーマパークやフライドチキン専門店のクリスマスCMを頻繁に見かけるようになった。街を歩けばイルミネーションがきらめき、商業施設にはツリーが飾られ、一気にクリスマスムードが高まっているのを感じる。
ぐるなびユーザーにむけて、『今年のクリスマスの過ごし方に関するアンケート』を取得したなかで、クリスマスを意識し始める時期は「12月初旬」という回答が全体の3割と一番多く(29.1%)、次いで11月下旬(14.4%)、12月中旬(10.3%)という順であった。特にクリスマスを意識しない人も存在するようだが、全体の6割の人が12月上旬までにはクリスマスを意識し始めるようだ。だんだん寒くなり、街の景色が変わったことにより、そう感じる人が多いのも納得がいく。有名ホテルやパティスリーでクリスマスコースやケーキの予約が大々的に始まりだすころと大体合致しているといえる。

クリスマスは家でパーティーVSワンランク上の外食ディナー、軍配は・・・

読者の中には、クリスマスは大切な人と、素敵なレストランで過ごしたい! という人も少なくないだろう。では、今年のトレンドはどうなのだろうか。
「家でクリスマスディナーを楽しみたい」という人(家族でホームパーティーをしたい)が36.7%という結果に対して「外食でクリスマスディナーを楽しみたい(誰とかは問わない)」と答えた人は、25.4%となり、家族とは家でクリスマスを過ごしたいという人が多かった。反対に、特別感が味わえる「ホテルで過ごしたい」派は40%程度おり、非日常の空間でクリスマスを過ごしたいと考えている人も多くいるようだ。

家族ディナーは比較的分散、夫婦・恋人は想像通りの日程に

今年のクリスマス付近のカレンダーを見ると、祝日23日が水曜日で週のど真ん中、クリスマス当日の25日が金曜日で、会社によってはそのまま年末休暇に突入するというカレンダー。クリスマス・イブである24日にディナーを、と考える人は当然多いと考えられるが、平日であり次の日も仕事の可能性が高い。今年のカレンダーはどのようにクリスマスの外食日程に影響するのだろうか。
「クリスマスにちなんだ外食(ディナー)には、いつごろ行きたいと思いますか」という問いに対して、家族でディナーに行く人は23日が一番多く、次いで25日、24日の順で、前週の土日である18日、19日にも分散する形となった。夫婦、恋人とディナーに行くという人は23日、24日がほぼ同数、次いで25日という、クリスマスのカレンダーにちなんだ日取りとなっている。ここで今一度、自身の忘年会や納会のスケジュールと照らし合わせてみてほしい。一週間の中で、忘年会とクリスマスディナー、仕事納めが例年よりギュッと詰まっている、というパターンの人が案外多いのではないだろうか。
つまり、様々なニーズでの飲食店利用が集中することが考えられる。人気店や予約困難店、大人数でのディナーなどを考えている人は早めの予約がよさそうだ。

クリスマスはやはり男性が頑張る日!? 気になる懐事情は・・・

やはり特別な日なので、せっかくなら贅沢に楽しみたい! しかし、みんなどれくらいの予算を考えているのかも気になってしまうのが人間というもの。恋人・夫婦で外食ディナーを楽しむ予定の人に、ひとりあたりの予算を聞いてみたところ、一番多かったのが「5,000円~6,000円未満」で21.2%、次いで「4,000円~5,000円未満」「10,000円~20,000円」となった。予約をするのは男性が6割となっており、支払いに関しても「男性が全て払う」「男性がやや多めに払う」が8割を超えていた。クリスマスは男性がエスコートも支払いも頑張る日、というのがデータからも見て取ることができた。

記念日のディナーと考えると、大都市圏で働くサラリーマンの年収から考えると予算は少なめと感じるが、きっとこのほかにもプレゼントやら、前述の「ホテルで過ごしたい」派の宿泊代やらがかかってくるので、このくらいが妥当なのだろう。(きっとそれも男性が支払うのだろう。あくまで推測ではあるが・・・)

素敵な時間を過ごすには、早めのリサーチ&予約が不可欠

ここまでの記事を読んで、クリスマスに夫婦や恋人とディナーをする予定はあるものの、まだお店を予約していない人がいるのであれば、今すぐ探して即、予約をしたほうがよさそうだ。なぜなら、「恋人」、「夫婦」で行くクリスマスディナーのお店を探し始める時期は「11月下旬」と答えた人が全体の3割と一番多く、次いで11月初旬、11月中旬、という順になった。その前から考えているという人も少数派ではあるが存在するため、全体の8割が、12月上旬までにお店探しをしているのだ!
まだ3週間もあるし・・・とあぐらをかいている場合ではない。今すぐにめぼしいレストランのリサーチ&予約をいれることが、素敵なひとときをすごせるかどうかの分かれ目になることは、データからも間違いないといえる。今この瞬間に、最後の1テーブルが埋まるかどうか・・・という争いが起こる時期に突入したのである。23日、24日に人気店で恋人・夫婦でのディナーを考えている人は、dressingのレストラン情報を見てぜひ予約を。

データ集計期間:2015年10月06日(火)~2015年10月09日(金)
回答数:1,835件

関連記事

梅雨どきの気分をアゲる、食べたいグルメランキング!男女差がこんなにも…【男女200人アンケート】
梅雨どきの気分をアゲる、食べたいグルメランキング!男女差がこんなにも…【男女200人アンケート】

日々、目まぐるしく変わる「食トレンド」。いま大人の男女は「季節の飲食」について、どのようなメニューやシーンを愉しみたい、味わいたい、盛り上がりたいと考えているのでしょうか。本連載は、世代・トレンド評論家の牛窪恵さんと彼女の会社の女性マーケッターが、最新の飲食事情について、日本全国の男女に徹底リサーチ。毎回、職場や家庭で会話が弾む食の男女・世代ギャップや意外なトレンドを随時ご紹介します!

プレゼントに「現金」を望む声は40~50代女性の5人に1人!? 【女性200人 クリスマス本音調査】
プレゼントに「現金」を望む声は40~50代女性の5人に1人!? 【女性200人 クリスマス本音調査】

日々、目まぐるしく変わる「食トレンド」。いま大人の男女は「季節の飲食」について、どのようなメニューやシーンを愉しみたい、味わいたい、盛り上がりたいと考えているのでしょうか。本連載は、世代・トレンド評論家の牛窪恵さんと彼女の会社の女性マーケッターが、最新の飲食事情について、日本全国の男女に徹底リサーチ。毎回、職場や家庭で会話が弾む食の男女・世代ギャップや意外なトレンドを随時ご紹介します!

あなたの「ハロウィン熱」はどのくらい? 【女性200人アンケート】今年のハロウィンの過ごし方
あなたの「ハロウィン熱」はどのくらい? 【女性200人アンケート】今年のハロウィンの過ごし方

日々、目まぐるしく変わる「食トレンド」。いま大人の男女は「季節の飲食」について、どのようなメニューやシーンを愉しみたい、味わいたい、盛り上がりたいと考えているのでしょうか。本連載は、世代・トレンド評論家の牛窪恵さんと彼女の会社の女性マーケッターが、最新の飲食事情について、日本全国の男女に徹底リサーチ。毎回、職場や家庭で会話が弾む食の男女・世代ギャップや意外なトレンドを随時ご紹介します!