世界の朝ごはん専門店が大人気!チーズの魅力がたっぷりの「トルコの朝食」

2016年04月06日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 専門店
  • 朝食
  • 東京
  • 表参道・青山
世界の朝ごはん専門店が大人気!チーズの魅力がたっぷりの「トルコの朝食」
Summary
1.その国の文化も知れる!知的好奇心をくすぐる朝食専門レストラン『ワールドブレックファストオールデイ』
2.2ヶ月ごとに変わるメニュー、3月と4月は本場トルコのワンプレート朝ごはん
3.朝ごはんはその国のことを最も知ることができるコミュニケーションフード

朝ごはんというのは、その国の特徴を大いに表してくれるもので、コミュニケーションの幅を広げてくれる。
例えば、外国の人に
「あなたの国ではどんな朝ごはんを食べますか?」
と質問されたら、
「白いご飯と味噌汁、そして納豆と焼き魚を食べます。」
そんな会話をするだけで、「納豆とは何なのか?」というように会話が自然と広がっていく。

そんな経験を実際にされたのが、現在も日光で宿を営んでいる木村顕(きむらあきら)さん。
外国人観光客との会話が食文化を通すことで非常に盛り上がるのだそうだ。
そして、このようなコミュニケーションをもっと広めていくために、木村さんは2013年5月、外苑前に「WORLD BREAKFAST ALLDAY(ワールド・ブレックファスト・オールデイ)」をオープンした。

トルコ大使館仕込み!本格的なトルコの朝ごはん

お店の扉を開けると、まるで一軒家のような内観で、卓上にはチューリップの花が飾ってあった。チューリップはトルコが原産国で、国花にもなっているそうだ。

ここでは、2ヵ月ごとに違った世界の朝ごはんを味わうことができる。ピックアップする国は、季節感に合わせて決めることが多いようで、例えば12月のクリスマスのころには、イルミネーションで有名なフランスの朝ごはんを提供していたそうだ。
ちなみに、春には日本でもチューリップがきれいに咲くころ。そういった理由からこの3・4月はトルコの朝ごはんを提供することにしたそうだ。

さっそくトルコの朝ごはんを注文すると、奥のキッチンで朝食を作り始めてくれた。
野菜を切る音や、卵を焼く音などが身近で聞こえ、まるでトルコの民家を訪れているような感覚になる。

ここで提供されるトルコ料理は、トルコ大使館の方からの直伝!
本格的な朝ごはんの味を楽しむことができるのだ。

運ばれてきたワンプレートの朝ごはんは色鮮やかで、ヘルシーな印象だ。

手前のクレープのような料理は「ギョズレメ」と呼ばれるトルコでは人気の朝ごはん。
ホウレン草と程よい塩気を感じるフェタチーズが挟まったもの、そしてジャガイモと玉ネギが挟まったものがあり、2つの味を楽しめる。
ホウレン草とチーズは相性抜群!そしてジャガイモと玉ネギの方にはクミンが入っているため、ほのかにカレーの風味がする。

右奥の卵料理は「メネメン」と呼ばれる、野菜たっぷりのスクランブルエッグ。野菜はトマト、玉ネギ、ピーマン。トロトロの卵とそれぞれの野菜の食感がしっかり残ったスクランブルエッグは毎朝食べたくなる素朴な味だ。

一番奥のトマトとキュウリを切っただけのシンプルなサラダは、「ソウシュサラタス」。食べる前にはドレッシングではなく、オリーヴオイルをかけてくれた。トルコは地中海に面している国なので、普段からオリーヴオイルをよく使うのだそうだ。
こちらのオリーヴオイルはオイル自体に甘みがあり、それをかけることによって、ほんのり甘くなった野菜をいただくことができる。

アイスのような見た目のものはヨーグルト。このヨーグルトにかかっているのは、トルコ産の松のハチミツだ。国産のものよりも甘みが強く、メープルシロップのような感覚。このハチミツがかかることによって、ヨーグルトは朝の贅沢なデザートになる。

せっかくなので、トルコではとてもポピュラーなドリンク「アイラン」を朝ごはんのお供にいただく。少しだけ塩の味がするヨーグルトドリンクで、デザートとはまた違ったヨーグルト風味を堪能できた!

朝ごはんだけでなく、トルコを知るためのアイテムも充実!

ここでは、世界の朝ごはんを味わうだけでなく、その国の文化をより知ってもらうためのアイテムも用意している。

食卓に飾ってある一見ナフキンのようなものには、開くと今回の料理のことが細かく書かれている。赤と白のデザインはトルコ国旗をイメージしたものだ。

また、驚くことに外国人のお客さんも多く、その方が自分の国の朝ごはんについてノートに詳細を書いていってくれることもあるようだ。

ほかにも、こちらの店舗では様々な交流イベントを開催。「トルコ料理教室」や「トルコ航空の機内食を食べる」というイベントがすでに開催予定とのこと。

世界の食文化を通じてコミュニケーション図る、そんな新しいコンセプトの朝食レストラン。
トルコの朝ごはんはゴールデンウィーク明け(5月8日)まで提供しているので、ぜひこの機会に本格的なトルコの朝ごはんと文化を味わってみてほしい。
(取材・文/石井久美子)
<メニュー>
・トルコの朝ごはん:1,500円
・アイラン:680円
(価格は全て税別)
※朝ごはんは2ヶ月ごとに変更

WORLD BREAKFAST ALLDAY(ワールド・ブレックファスト・オールデイ)

住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-1-23 1F
電話番号
03-3401-0815
営業時間
7:30~20:00(L.O.19:30)
定休日
定休日 年中無休
公式サイト
http://www.world-breakfast-allday.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。