ラスボスは山盛りのパクチー&肉!パクチー尽くしコースを体験してみた

2016年05月03日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • タイ料理
  • 恵比寿
  • 東京
  • パクチー
ラスボスは山盛りのパクチー&肉!パクチー尽くしコースを体験してみた
Summary
1.1日3組限定で、パクチーまみれのコース料理が食べられるタイ料理店が恵比寿に!
2.笑ってしまうほどパクチーたっぷりの料理が続々登場
3.さらに、飲んだら"勇者"になれるという驚きのドリンクも!

最近巷で話題の食材“パクチー”。一昔前は「クセが強い」と苦手な人が多いイメージもあったが、ここ数年、若い女性を中心に高い支持を得ている。パクチー専門店まで登場する中、恵比寿のタイ料理店『タイ屋台ラオラオ』に、コース料理8品のすべてにパクチーを使用した「パクチーコース」があるという情報をゲット。パクチーが好きすぎてついに自家栽培を始めた筆者が、全国のパクチストを代表して食べに行ってきた。

1日3組限定!大人気のパクチーコースの全容とは?

噂のパクチーコースは、1日3組のみの限定コースらしい。突然行っても食べられないので注意しよう(要予約)。そしてコースメニューは日によって変わるため、その日のおいしい食材×パクチーのコラボレーションが楽しめる。

さっそく本日の1品目「山盛りパクチー」の登場。実にシンプルなパクチーのみのサラダだ。使っているのは良質な日本産のパクチーのみ。鮮度が高いだけに、シャキッとした爽やかな味わいと食感を堪能できる。同店では今後、自家栽培で育てたパクチーが登場予定!

続くタイ料理の定番「生春巻き」にも、目を疑うほどのパクチーが。これぞ、パクチーの森!スイートチリソースをたっぷりかけて、エスニックな味を楽しみたい。

こちらはパクチーの上に、プリップリのタコがたっぷりのった「タコパクチー」。歯切れがよく甘みのあるタコと、さっぱり味のドレッシング、フレッシュなパクチーの相性が抜群だ!

その日獲れた新鮮な魚(この日はカツオ)を使用した「タイカルパッチョ」も注目メニュー。店長の三浦拓丸さんが「パクチーを大量にのせればいいのではなく、パクチーと料理のおいしさをきちんと伝えることを大切にしています」と話すように、パクチーとカツオ、それぞれのおいしさがしっかり活きている。

続いて登場したのは、ビンに入った生きたままのエビ。なんとそこに、タイのウイスキー「センソム」を投入するのだ!目の前で作られる「よっぱらいエビ」は、エビがピチピチ跳ねて迫力満点。エビがお酒を飲んで動かなくなったら、殻をむいて実食しよう。

もちろん、ここでもパクチーが登場。タイでポピュラーな、唐辛子とナンプラーがきいた辛口ソース“エビダレ”を絡めていただこう。エビのプリプリ食感と濃厚さに感動だ!

5品目の「パクチー卵焼き」は、生のパクチーとはまた違った味と食感を楽しめる1品。しんなりしたパクチーがとろとろの卵と相まって、まろやかな味わいに。クリーミーで甘みのある、大豆を使用した“タイ味噌”をつけて食べれば、さらにコクがプラスされる。

6品目の「パクチーから揚げ 黒胡椒ソース」は、ピリッとした胡椒が食欲をそそる1品。なんと、唐揚げの下味と、オリジナルの黒胡椒ソースにもパクチーを使用しているという徹底っぷり!肉のジューシーさとパクチーの爽やかさが絶妙で、いくらでも食べられそう。お酒のつまみにもぴったりだ。

ラスボスは山盛り肉とパクチー!名物「和牛パクチー鍋」に喰らいつけ

最後は、店の名物でもある「和牛パクチー鍋」。和牛、きのこ、アサリ、豆腐などが山盛りになった具だくさんの鍋に、大量のパクチーがオンされて登場した様子はまさに圧巻の一言に尽きる。

火をつけて具材を煮込む際はパクチーを外し、火が通ったら仕上げにパクチーを乗せて完成。鍋の汁と絡んでうまみがプラスされた柔らかい牛肉と、爽やかなパクチーのバランスが絶妙だ。締めには、肉と魚介のおいしさが溶け合った絶品スープにタイの麺を投入。最後の一滴まで味わい尽くそう。

見よ!これがドリンク界のスカイツリーだ。超ビッグサイズのドリンクに挑戦

これだけ盛りだくさんな内容のパクチーコースは、なんと2時間の飲み放題も付いてくる。しかも、生ビール、ワイン、焼酎、タイのお酒“センソム”や、タイのビール“シンハービール”など、ドリンクはメニューにあるものなら大体OKというから、その懐の深さに驚きだ。

ぜひ挑戦してもらいたいのが、飲み放題にも含まれている「スーパーサワー」の “スカイツリーサイズ”。なんと2.5リットルという超ビッグサイズだ。女性では持ち上げるのも大変なほどの重さ。そのうえ、シャーベットが3つも浮かんでいる。ぜひ挑戦して、“勇者”を目指してみては?

実際に噂を検証しに『タイ屋台ラオラオ』に行ってみたが、パクチーまみれという情報は紛れもない真実だった。全8種類のコースは、ボリューム満点で食べごたえも抜群!毎回メニュー内容が変わるので、訪れるごとに新しいパクチーの食べ方を楽しめるのも嬉しい。
賑やかな恵比寿の屋台で、パクチーまみれ体験に挑戦してみてはいかがだろう。

<メニュー>
パクチーコース 5,378円
※税込価格

タイ屋台ラオラオ

住所
〒150-0013 渋谷区恵比寿4-4-14 イナビル1F
電話番号
03-5793-3773
営業時間
平日/11:30~15:00(LO14:30)・17:00~25:00(LO24:00) 土日祝/12:00~15:30(LO15:00)・17:00~25:00(LO24:00)
定休日
定休日 不定休
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/6s8ud4760000/
公式サイト
http://r.goope.jp/daruten

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。