絶品ソーセージとクラフトビールを堪能!新宿駅チカに一流シェフ監修のビストロがオープン

2016年04月28日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • クラフトビール
  • 新宿
  • 新店
  • 東京
絶品ソーセージとクラフトビールを堪能!新宿駅チカに一流シェフ監修のビストロがオープン
Summary
1.フランスのバスク地方の伝統料理とシャルキュトリーを提供するネオ・ビストロ
2.レシピは南青山の星付きレストラン『ローブリュー』のシェフが監修
3.珍しいクラフトビールやオーガニックワインも豊富

食とライフスタイルの融合が、次のトレンドのキーワードとなりそう

『SALON BUTCHER&BEER(サロン ブッチャー アンド ビア)』は、“DELICIOUS FASHION”をテーマに、食のあるライフスタイルを提案する、ジュングループが手がけるコンセプトショップ「SALON adam et rope'(サロン アダム エ ロペ)」の新業態のひとつ。ファッションも、食べることも大好きな、現代の欲張り女子がターゲットとなっている。

同店のほかにも、3月25日におなじく「NEWoMan」に、フランスのサロン・ド・テ スタイルが体験できる『SALON BAKE&TEA(サロン ベイク アンド ティー)』を、3月31日に「東急プラザ銀座」に、日本食の新しさや奥深さを感じられる和レストラン『SALON GINZA SABOU(サロン ギンザ サボウ)』がオープンした。

3店舗ともフードディレクターに、さまざまな企業の飲食部門やライフスタイルのコンサルティングを手がける浅本充氏を迎えている。浅本氏は、今のベイク人気に火をつけたお店のひとつである『自由が丘ベイクショップ』をディレクションした人物。『SALON BUTCHER&BEER』も浅本氏の知識と感性でこだわりが強い店に仕上がっている。

南青山の『ローブリュー』のシェフが監修する本格的なネオ・ビストロ

『SALON BUTCHER&BEER』は、フランス・バスク地方の伝統料理と、フランスに古くから伝えられるシャルキュトリーを提供するカウンタースタイルのレストラン。

バスク地方は、フランスとスペインをまたぐ場所に位置し、わずか18万人の街にミシュラン星付きのレストランが約10軒もあり、美食の街として有名なところ。自然の恵みに満ちているので、食材の宝庫でもあり、特に肉や魚の炭火焼きは絶品だそう。

今回のオープンにあたり、レシピを監修したのが、ミシュランガイド東京2016年版で6年連続1つ星を獲得している南青山の人気レストラン『ローブリュー』の櫻井信一郎シェフ。彼は5年間フランスで経験を積み、バスク地方にも滞在。現地の料理の奥深さに惹かれ、帰国後バスク料理中心のフレンチを開店した。豚肉料理をメインに、現地のシャルキュトリーで修業した経験を活かして作られる骨太なフレンチに定評がある。そんな伝統的で本格的なバスク料理を、フランスのネオ・ビストロのようなカジュアルな雰囲気で気軽に楽しめるのが『SALON BUTCHER&BEER』なのである。

ランチは「バスティッチャ」、ディナーは「プーレ・バスケーズ」とシャルキュトリーがおすすめ

朝から深夜まで、時間ごとに使い勝手のよいメニューが揃い、どれも高級レストランに引けをとらない料理ばかり。ブレックファーストに供されるフランスの朝食の定番である季節のフルーツとヨーグルト、フロマージュブラン、自家製ラスクがのったプレート「アシェット デ フリュイ」は、朝の目覚めにピッタリな一品。
ランチは、「バスティッチャ」がおすすめ。これは、バスク地方で作られているトウモロコシの粉と水、塩を練って焼いたクレープのような薄焼きの生地で、ソーセージを挟んだり、さまざまな具材を乗せたりして楽しめる伝統料理。

ディナーではこのバスティッチャのほか、鶏モモ肉のローストに、赤ピーマンとトマトの煮込み、そしてバターライスを添えたバスク地方の家庭料理「プーレ・バスケーズ」も。さらに7種類のソーセージやバスク最高の職人によるシャルキュトリーのセレクトなど、お酒に合うシャルキュトリーがたくさん。どれも肉の味わいをしっかりと感じられ、肉好きも大満足間違いナシ。

そしてアルコール類は国内外のクラフトビールとオーガニックワインを多数ラインナップし、新しい発見に出合えるのもうれしい。カウンターメインのお洒落な空間は、開放感にも溢れ、ちょい飲みや待ち合わせにもぴったり。駅チカで星付レストランの味を気軽に味わえるカジュアルなビストロとして重宝しそうだ。
(取材・文/鈴木恵美)

(メニュー)
アシェット デ フリュイ 800円
パスティッチャ 1,500円
ソーシスフリット 600円
プーレ・バスケーズ 1,200円
ソーセージ 各600円
※すべて税別

SALON BUTCHER&BEER(サロン ブッチャー アンド ビア)

住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU 2F フードホール
電話番号
03-6380-4961
営業時間
7:00~25:00
定休日
定休日 NEWoMan SHINJUKUに準ずる
公式サイト
http://salon.adametrope.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

『ジョエルロブション』出身シェフが、気さくな創作フレンチ店をオープン!神楽坂の隠れ家『シャテーニュ』
『ジョエルロブション』出身シェフが、気さくな創作フレンチ店をオープン!神楽坂の隠れ家『シャテーニュ』

1.『ジョエル・ロブション』出身シェフが2人でオープン! 神楽坂『La Chataigne –シャテーニュ-』 2.街の洋食屋からフランスの星付きレストランまで経験したシェフがジャンルにとらわれない料理を提供 3.提供スタイルはコースのみ。ランチコースは全9品で5,000円と高コスパ

松本玲子
ライター/音楽家/ナレーター
天才と呼ばれたフレンチシェフが新橋で開いた居酒屋のあらゆる酒と料理のウマさにシビれる

【連載】幸食のすゝめ #052 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン