のんべえ必見! 酒がすすむ名物料理がある東急線沿線の酒場まとめ

2016年07月02日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 武蔵小山
  • 大井町
  • 祐天寺・学芸大・都立大
  • 焼鳥
  • 居酒屋
のんべえ必見! 酒がすすむ名物料理がある東急線沿線の酒場まとめ
Summary
1.武蔵小山に復活した大人気のもつ焼き店『豚星』
2.下町の薫りがする学芸大学の金宮酒場『さいとう屋』
3.絶品の鶏の素揚げと芋焼酎を楽しめる大井町『ひな鳥そのだ』

東急線沿線というと住宅街が多く、おしゃれな飲食店が多いイメージがあるかもしれないが、少し歩いてみると下町の雰囲気が漂う地元客に愛される酒場が多い。今回は東急線沿線にある、わざわざ足を運びたい、のんべえ必見の酒がすすむ安くてウマい酒場をまとめてご紹介。

1.今年2月にパワーアップして復活! もつ焼きファンを急増させるエンターテイメント

もつ焼き界では珍しい「清潔感と好感度」で、新たなもつ焼きファンを増やした武蔵小山の『豚星』。昨年9月に立退きで閉店してしまったが、今年2月に復活。席数が倍に、料理やお酒も充実した内容にパワーアップした。

スパイスが効いたシシケバブや、鶏のせせりなど、もつ焼きもバラエティが増えて選択に迷う嬉しさ。ここでしか出逢えない、シロとアブラのタレ・コンビも外せない。〆のメニューとして、鯛のジャガイモ包み香草パン粉焼き、豚バラ肉とホホ肉のボリートも加わった。

ドリンクは、大葉と鷹の爪が爽やかな金魚や、焼酎版ブラッディーメアリーの辛トマなど個性豊かなラインナップに加えて、ショーケースから自分で選ぶボトルワインも常時5種以上。グラスワインも楽しめる。
詳しい記事はこちら

2.城南地区ではじめての金宮酒場! 酔いが進む50種の居酒屋界最強のアテ

東横線・学芸大学駅のホームからも見える小さな酒場『さいとう屋』。洒落たバーやレストランが立ち並ぶこの街で、この下町の風情溢れる店に夜な夜な人が集まっている。このお店は、城南地区ではじめて庶民派焼酎「金宮」を取り入れた店なのだ。

料理も、チャーシュー盛りとしか思えない、自家製のチャーシューサラダ、牛蒡の食感と滋味がクセになる具だくさんの玉子焼、自家製ミートソースを使ったグラタンなど50種と豊富。お酒も料理もリーズナブルな価格設定で、のんべえたちにはたまらない理想のお店となっている。

詳しい記事はこちら

3.焼酎専門店出身者が手がける、ここでしか味わえない「鶏の素揚げ」

大井町駅から程近い場所に店を構える鶏料理店『ひな鳥そのだ』。この店では、下味や衣に趣向を凝らす通常の鶏の素揚げとは違い、ただ塩を振っただけなのにインパクトのある「鶏の素揚げ」を味わえる。

「ひな鶏素揚げ」は、さっぱリとしながら、鶏の滋味に満ちたムネに、脂がのり、こってりとした肉々しさが旨いモモなど、ただ岩塩を振っただけなのに、鶏本来の美味しさを無我夢中で頬張れるおいしさ。

また、焼酎専門店出身ならではの豊富な芋焼酎のラインナップが、リーズナブルに味わえる。
詳しい記事はこちら

関連記事

学芸大、下町の薫りがする酒場には金宮焼酎がすすむ理想のアテ・最高のつまみが待っている
学芸大、下町の薫りがする酒場には金宮焼酎がすすむ理想のアテ・最高のつまみが待っている

【連載】幸食のすゝめ #016  食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
一つひとつが決して普通じゃない、ごく普通の料理。居酒屋の定番を至福のひと皿に変える 学芸大学『浮雲』
一つひとつが決して普通じゃない、ごく普通の料理。居酒屋の定番を至福のひと皿に変える 学芸大学『浮雲』

【連載】幸食のすゝめ #084 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
【幸食秘宝館】東横線きっての“住みたい街”学芸大学にはホンモノがわかるオトナが通い詰める隠れ家がある

【幸食秘宝館】グルメサイトでもなかなか表れない、本当は教えたくない至福の隠れ家。街をさすらい、街に愛された賢人だけが知っている、店選びの黄金律。人気のレビューでは辿り着けない、「幸食の秘宝」そっと教えます。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン