【京都】早くも予約困難となった新進気鋭の割烹でいち早く常連と見なされた人物は何をしたのか?

【京都で恥をかかない遊び方】日本はもちろん世界中から観光客が訪れる京都。雑誌や書籍にもインターネット上にもさまざまな情報が飛び交い、もはや京都のことは誰でもわかる時代になった、、、と思いきや京都には1,000年の都ゆえの深~い伝統と流儀、そしてマナーがある。そんな京都でいかにして恥をかかずに愉しめるか?京都在住で関西の食文化に精通するコラムニスト・門上武司さんが知識を伝授する。

2016年09月21日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 京都
  • 寿司
  • 隠れ家
  • 連載
  • プレミアム記事
【京都】早くも予約困難となった新進気鋭の割烹でいち早く常連と見なされた人物は何をしたのか?
Summary
1.オープンから日が浅い京都の注目店で常連になる方法
2.ポイントは店についての理解力
3.「茶の湯」をもてなしの基本とした、いま注目の割烹の場合

近頃、パーソナルメディアの発達により、飲食店の情報が瞬時にして共有される。
少しでも影響力のある人が、情報を拡散すると、たちまち予約が取りにくいという状況を生み出すことが多い。

特に地元はもとより東京からも多数の来客がある京都では、小さな割烹でそのような状態になってしまうということが散見される。もちろん、開店間もない割烹は、まだまだ常連客が少ない。裏を返せば昔からのお客さんがほとんどいないということでもある。それゆえ、主は常連さんを早く摑みたいが、そうは言っても誰でもいいわけではなく、自分の店を理解してくださる人が望ましいと願っている。

今回紹介する店は、昨年10月京都の街でのれんを掲げた割烹。開店から一年を迎えるが、すでに予約が取りにくいことになっている注目の店だ。道路から店内の細い通路を奥に進み、入るとカウンターが開けているという構造となり、期待感が高まるような仕掛けになっているこちらの店でいち早く常連として扱ってもらえた人物の話。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

京都のハズさない歩き方。とろ~りなフレンチトーストから老舗・三嶋亭のすき焼きまで!
京都のハズさない歩き方。とろ~りなフレンチトーストから老舗・三嶋亭のすき焼きまで!

【連載】観光的、ではない京都人の日常メシ1泊5食巡り  京都市内中心部に住み日本中のグルメを知り尽くし、メディアに引っ張りだこの賢人・門上武司さん。あらゆるガイド本で扱われるこの街にもまだまだ穴場、しかも日常価格で楽しめる店がある。京都に1泊したらそんな店をフルコースでめぐりたい。1泊の京都で5回も味わえる、「知らない京都人の日常メシ」とは?

京都くいだおれ行脚は、和久傳のそば料理店からイノダコーヒを経て、鰻、肉の名店でシメる
京都くいだおれ行脚は、和久傳のそば料理店からイノダコーヒを経て、鰻、肉の名店でシメる

【連載】観光的、ではない京都人の日常メシ1泊5食巡り  京都市内中心部に住み日本中のグルメを知り尽くし、メディアに引っ張りだこの賢人・門上武司さん。あらゆるガイド本で扱われるこの街にもまだまだ穴場、しかも日常価格で楽しめる店がある。京都に1泊したらそんな店をフルコースでめぐりたい。1泊の京都で5回も味わえる、「知らない京都人の日常メシ」とは?

恥をかきたくない人のためのオトナの京都の遊び方【うつわ編】~何度通っても常連になれない貴方のために~

【京都で恥をかかない遊び方】日本はもちろん世界中から観光客が訪れる京都。雑誌や書籍にもインターネット上にもさまざまな情報が飛び交い、もはや京都のことは誰でもわかる時代になった、、、と思いきや京都には1,000年の都ゆえの深~い伝統と流儀、そしてマナーがある。そんな京都でいかにして恥をかかずに愉しめるか?京都在住で関西の食文化に精通するコラムニスト・門上武司さんが知識を伝授する。