【見落としていた!】ハイレベルな焼鳥激戦区・高田馬場で王道で勝負する名店で修業を重ねた若手による一軒

【知られざるいい店のすゝめ】あの口コミサイトに載っていない店。地元民しか知らない店。裏通りや駅から少し遠くにある店……。街にはまだまだ知られざる店がある!街と店と絡み合ってきた人生の中で食の賢人・松浦達也が辿り着いた珠玉の一軒を紹介する。

2016年09月28日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 高田馬場
  • 焼鳥
  • プレミアム記事
  • 隠れ家
  • 連載
【見落としていた!】ハイレベルな焼鳥激戦区・高田馬場で王道で勝負する名店で修業を重ねた若手による一軒
Summary
1.ラーメンの街、とんかつの街としてしられる高田馬場は焼鳥の街でもある
2.コースもアラカルトも充実しているが、一品料理のクオリティの高さに注目
3.店主は『鳥よし』や『鳥恵』などで修業し、大山鶏と銘酒で勝負する

高田馬場と言えばラーメンの街だ。老舗から新店まで数々の名店がしのぎを削っている。

最近では、とんかつの街でもある。東京を代表するとんかつ店2店のほか、駅前で常連客に愛される店に、飲み屋街でリーズナブルにとんかつを楽しめる店など、選択肢も増えた。

そしてもうひとつ。高田馬場は焼鳥の街でもある。駅からほど近い「さかえ通り」には数十年に渡り、学生やサラリーマンに愛される大衆焼鳥店が何軒もあるし、西早稲田の名店はもう何年も予約で満席だ。

加えてこの数年、「ちょっといい」焼鳥店が増えてきた。素材には当然のように気を配り、味やメニューの構成も気がきいている。その代表格が本日紹介するこちらである。どういう店か。ずばりこういう店だ。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

北海道・小樽でもほとんど幻!という“最強地鶏”小樽地鶏を知られざる横丁の名店『鳥ま津』で食べつくす
北海道・小樽でもほとんど幻!という“最強地鶏”小樽地鶏を知られざる横丁の名店『鳥ま津』で食べつくす

【連載】肉の兵法 第十二回  肉に向かうときに雑になってはならぬ。どこでどんな肉を食べるのか、組み立てるのが大人のたしなみであり、男の作法。「大人の肉ドリル」著者である松浦達也氏が旨い店の肉をさらに旨く食べるための作法を解説する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト
あの名店による直伝。ハズさない焼鳥の店と頼み方
あの名店による直伝。ハズさない焼鳥の店と頼み方

【連載】肉の兵法 第三回  肉に向かうときに雑になってはならぬ。どこでどんな肉を食べるのか、組み立てるのが大人のたしなみであり、男の作法。「大人の肉ドリル」著者である松浦達也氏が旨い店の肉をさらに旨く食べるための作法を解説する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト