極上黒毛和牛と生ウニのコラボはやっぱり最強だった!銀座でA5和牛をリーズナブルに楽しめる焼肉店を発見

2016年10月07日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 銀座
  • 東京
  • 焼肉
極上黒毛和牛と生ウニのコラボはやっぱり最強だった!銀座でA5和牛をリーズナブルに楽しめる焼肉店を発見
Summary
1. ハーフポンド塊肉とウニの肉巻きが食べられる『マルウシミート銀座本店』
2. こだわりの A5orA4ランクの黒毛和牛を最適な熟成期間でいただける
3. 新鮮さが勝負のホルモンも見逃せない

銀座の中心にありながら、塊肉やウニの肉巻きなど「トレンド肉」をリーズナブルに食べられる店があると言う。

その噂の店『マルウシミート銀座本店』では、市場で専属の目利きが厳選したA5またはA4ランクの黒毛和牛を中心としたこだわりの和牛が食べられる。仕入れ後は、およそ25日から35日ほど熟成させ、食べごろの時期に提供される。間に業者を通すことなく自分たちの手で選んで出すからこそ、低価格が実現できるという。

贅沢な肉とウニのコラボも惜しみなく体験! 「リブ芯の贅沢ウニロール」

最初に食べたいこの店の名物は、「リブ芯の贅沢ウニロール」。

名前からして、期待の高まるこの一品。キメの細かいリブロースにさっと火を通し、生ウニを巻いて食べるという贅沢な組み合わせだ。

こちらもスタッフが焼いてくれるので、任せよう。絶妙なタイミングで肉をさっと炙り、ウニをくるり。

出来立てのうちに何もつけずにそのまま食べて、肉とウニのコラボレーションを堪能しよう。リブロースの脂の甘みが口に広がると同時に、ふわっとウニ特有の海の香りが交差する。最後は濃厚なウニの味わいだけが口に余韻を残す。食べ終わった瞬間、おかわりがしたくなるほどのとろける濃厚さ。この店の一番人気というのも納得だ。

皿から溢れるボリュームがすごい! 名物「マルウシロック」

お次は、1日10食限定という名物「マルウシロック」が登場。大きな皿から更にはみでてしまいそうなほどのボリュームだ。

コンロの上に置かれるとその大きさが強調される。ハーフポンド以上の重さ(250グラム以上)を提供しているとのこと。とはいえハーフポンドってどのくらいの大きさなのかすぐにはピンと来ない。わかりやすく言えば、コンロのほとんどを肉ひとつが埋めてしまうくらいの大きさだ。

縦も、横も、はたまた奥行きもビッグサイズ。こちらはスタッフがタイミングを計って、ちょうど良い頃合いで調理してくれる。その間は、肉の焼ける音や香りをただただ楽しもう。焼き目がつき、火が通ったタイミングで側面を焼くためにスタッフが肉を「立てる」。

このように一面一面を丁寧に焼き上げていき、一度厨房に下げてカットしてからサーブされる。

提供された瞬間に、思わずわっと歓喜の声が上がってしまうのはきっと私だけではないはずだ。美しいピンク色の肉がずらりと並ぶその図はまさに圧巻。

合わせるのは辛味が強めの、ワサビの茎のしょうゆ漬けを絡めたオリジナルワサビやフライドガーリック。あくまで肉を引き立てる調味料たちだ。

焼きたての肉の香りに、ツンっと刺激的なワサビが通り抜けていく。噛むと絶妙な焼き加減の肉からぎゅっと赤身肉のうまみが口の中に広がっていく。柔らかく、しっかりとジューシー、なのにさっぱりとしたあと味。肉本来の味が好きな人ならば、塩さえつけなくても、いくらでも食べられるだろう。それほどまでに、シンプルなおいしさが詰まっている。

噛み締めるとサクッと音がする!? 極厚の牛タンは初めての新食感

こちらの名物はまだある。「極上厚切り牛タン」は厚みや色合いが美しく、ワンランク上のタンの予感がし、期待が高まる一品だ。

店長の飯田羊一さんいわく「みなさん、タンをあまりしっかり焼かない人が多いのですが、少し焼きすぎかな、と思うぐらいにしっかりと焼くのがコツなんですよ」とのことなので、切れ目のピンクがしっかりと消えるほどに火を通す。

焼きあがったタンは、食感が「サクサク」。焼いている最中ににじみ出た油をしっかりと焼き続けることで、表面がカリッと仕上がるのだ。不思議な食感ながら、肉のうまみがぎゅっと閉じ込められている味だ。肉厚のタンだからこそできる、贅沢な食べ方と言えよう。まさに新食感、ぜひ体験したいメニューとなっている。

焼肉ならば、内臓系も押さえておきたいと思ってしまうのは欲張りであろうか。こちらではホルモンの種類もまた豊富。特にお得な「ホルモン4種盛り合わせ」は、必ず頼んでおきたいメニューだ。

手前左からマルチョウ、肉厚ギアラ、ハチノス、ハツ。どれも見てわかるように新鮮で、ぷりっぷりだ。毎日芝浦市場から直送している、というこだわりが感じられる。

特にハチノスは甘みが強く、シャキシャキとした食感が楽しいおすすめの一品。マルチョウは臭みがなく、こってりとしながらも口の中に溢れる脂にいやらしさがないため、いくらでも食べられてしまいそうだ。

銀座でこだわった黒毛和牛を贅沢な食べ方で、しかもリーズナブルに楽しめる『マルウシミート銀座本店』。その人気が高まり、11月には新橋に新店ができるという。新橋の店も、すぐに人気店になることは間違いないだろう。

(文・写真/雨宮美奈子)

<メニュー>
贅沢ウニロール 1,780円(2枚)
マルウシロック 2,980円
極上厚切り牛タン 1,160円(2枚)
ホルモン盛り合わせ 840円(2人前)
※価格すべて税別

焼肉居酒屋 マルウシミート

住所
〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-10 GINZA1st.5ビル8F
電話番号
050-5789-6253
営業時間
月~金 17:00~23:30(L.O.22:30) 土・日・祝 17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日
定休日 なし
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/g036912/
公式サイト
http://www.daitohkigyo.com/brand/marushi.html

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

完全会員制の「肉と牡蠣」のコラボに肉マイスターも絶賛! 大人気焼肉店のヒミツの饗宴「かきにくがとう」
完全会員制の「肉と牡蠣」のコラボに肉マイスターも絶賛! 大人気焼肉店のヒミツの饗宴「かきにくがとう」

牛、豚、鶏や羊、馬等のテーブルミートから猪、鹿、熊などジビエに至るまで、「肉」と「肉料理」と「名店」を探し求めて日本全国津々浦々、はたまた世界中をMEA-tripする、テレビラジオでご存知!「肉マイスター」田辺晋太郎が、肉を愛する老若男女にオススメする至極の名店をご紹介! それが『BOY MEATS GIRL』。これを見ずして肉を語るなかれ!!

人生でたった一度だけ、ひと口食べて泣きそうになった珠玉のカレーのこと

【知られざるいい店のすゝめ】あの口コミサイトに載っていない店。地元民しか知らない店。裏通りや駅から少し遠くにある店……。街にはまだまだ知られざる店がある!街と店と絡み合ってきた人生の中で食の賢人・松浦達也が辿り着いた珠玉の一軒を紹介する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト