蒲田に肉がうまいクラフトビール専門店が誕生! クラフトビール好きが唸る、13種類の樽生が集結

2016年11月21日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 蒲田
  • クラフトビール
蒲田に肉がうまいクラフトビール専門店が誕生! クラフトビール好きが唸る、13種類の樽生が集結
Summary
1.2016年9月10日、蒲田にオープンした肉バル『バーレイウィート』
2.常時13種類の樽生クラフトビールを提供
3.名物は厚さ3cmカットの豪快なトマホーク(骨付き牛肉)と17種の生ソーセージ&フランク

13種の樽生クラフトビールを扱う専門店が蒲田に爆誕!

2016年9月10日にオープンした『バーレイウィート』。これまで、蒲田には樽生クラフトビールを提供するお店は少なく、クラフトビールファン念願の専門店誕生と言える。

(左から、店長の桑原徹也さんと中山豊さん)
ビールのセレクトは、中山さんが担当。長年バーテンダーとして活躍し、ビール好きが高じて現職に。常時13種のクラフトビールを提供している。

「人気のIPA(インディアンペールエール)は必ず仕入れています。女性に人気のあるフルーツ系の飲みやすいビールも揃えているので、ビールが好きな人にも苦手な人でも、自分なりのビールの楽しみ方を見つけて欲しい」と中山さん。

今回は厳選した4種類を紹介する。左から「梅錦 アロマティックエール」「新潟麦酒 ル・レクチェ」、「志賀高原 House IPA」、「所沢ビール ファラオスモークポーター」、だ。

「志賀高原 HouseIPA」は、絶大な人気を誇る一杯。ホップが大量に使用され、強烈な苦みが特徴だが、その中にも麦の穏やかな香りが感じられる。一度飲んだらくせになりそうな、インパクトのあるビールだ。

「所沢ビール ファラオスモークポーター」は、糖が低めで、いわゆる一般的なスタウトのアロマティックな香りはなく、アイラモルトのようなスモーキーな香りが印象的な一杯。ビーフやチーズなどと合わせて楽しみたい。少し趣の違う黒系ビールを探していた人は、見かけたらぜひ試してみてほしい。

「梅錦 アロマティックエール」は、エールモルトの華やかな香りとコクを感じられるマニアを唸らせる一杯。アルコール度数8.5度のストロングエールは、香りを逃さないゴブレットでじっくり慈しむようにいただきたい。

「新潟麦酒 ル・レクチェ」は、フランスの高級梨ル・レクチェを使用したビール。グラスからすでに芳醇な梨の香りが溢れ出し、実を丸ごとかじっているようなジューシーでリッチな味わいを楽しめる。とても飲みやすく、ビール初心者やカクテル好きな女性にもおすすめだ。

どのクラフトビールも個性がしっかり出ていて、ビールの奥深さ、面白さを再認できるものばかり。いろんな種類を試したいと言う人は、3,000円の飲み放題でお得に楽しもう。

圧倒的な肉ヂカラを誇るトマホークや、ビール専門店ならではのスタウトや麦を使ったメニューが勢ぞろい

調理は飲食業に10年以上携わる桑原さんが担当。17種類もの生ウインナーと生フランクが名物だが、今回は特に人気のある料理3品をご紹介いただいた。まずは、ビール専門店ならではの看板メニュー、麦を使った「BARLEYサラダ」。

カップの中に、大麦、ズッキーニ、トマト、パプリカ、コーン、モッツァレラチーズが詰められている。食べるときにカップを外すと、まるで印象派の絵画のように色彩豊かな野菜が散らばり、見目麗しい。

自家製レモンドレッシングは、爽やかな柑橘感の中にも、塩コショウのスパイシーさが加わり、サラダがおいしくドレスアップ。

そして、ビールに合う料理と言えば、やはり肉である。同店では話題のトマホーク(骨付きリブロース)を提供している。

この豪快な肉塊を前に喉が鳴る。外国産のエイジングビーフを使用し、程よく柔らかで、豊かな香りを楽しめる。特製ブラウンソースは醤油ベースにスタウトビールで甘みとコクを出し、噛みしめるたびに肉汁と相まって、うまみを相乗させる。ローズ岩塩、ハラペーニョ、コショウが添えられているので、お好みの組み合わせでトマホークに食らいつこう。

食後は、ビール専門店らしいスタウトを使用したティラミスで〆。

スタウトを染み込ませた生地は、濃厚なマスカルポーネと相まって、甘すぎず、さっぱりとした大人のスイーツに仕上がる。アルコール分は飛ばしているので、お酒が飲めない人もスタウトのアロマな香りを堪能できる。

『バーレイウィート』=大麦・小麦という明快な店名と寸分も違わず、うまいビールを堪能できた。多くのクラフトビールファンを全方向から満足させるラインナップで、すでにうわさを聞きつけてビアファンが多数来店しているという。蒲田エリアのクラフトビールトレンドの重要な発信地になるであろう。

(取材・文/カメイアコ)


【メニュー】
クラフトビール各種
スモール:500円/レギュラー:750円/パイント:1,000円
クラフトビール飲み放題3,000円
ソーセージ全種盛り合わせ4,980円
スペアリブのスタウト煮込み900円(ハーフサイズ)
ローストビーフ井伊商店麦味噌漬け900円
BARLEYサラダ780円
トマホーク1g/11円(500g~800gのものを提供)
ティラミス~スタウト使用~ 500円

※価格は税抜

蒲田 肉バル バーレイウィート ~barley wheat~

住所
東京都大田区西蒲田7-67-14 SANKOビル4F
電話番号
050-3467-8070
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
第1日曜日、第2日曜日、第3日曜日、第4日曜日、第5日曜日
16:00~23:00
(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
日曜日の営業時間

月~土・祝前日・祝日
17:00~24:00
(L.O.23:00、ドリンクL.O.23:30)
ビールの在庫や食材の在庫次第で閉める場合が御座います。
定休日
不定休日あり
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/3p64t06x0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

ホントにおいしい「クラフトビール」を飲むならここ! 都内で大注目の「クラフトビール専門店」4選
ホントにおいしい「クラフトビール」を飲むならここ! 都内で大注目の「クラフトビール専門店」4選

1.「クラフトビール×うまい肉」で勝負するのは、蒲田『バーレイウィート』&中目黒『GOOD BARBEQUE』 2.絶対飲みたい! 『日本橋ブリュワリー』だけでしか味わえないIPAがウマ過ぎた! 3.本場ドイツのドラフトビールが味わえる人気ビアダイニング『シュマッツ』の2号店が神田に登場

dressing編集部

表参道にたたずむ隠れた肉天国! 豪快から繊細まであらゆる肉の魅力が堪能できる『M'S AOYAMA』
表参道にたたずむ隠れた肉天国! 豪快から繊細まであらゆる肉の魅力が堪能できる『M'S AOYAMA』

【連載】肉の兵法 第十四回  肉に向かうときに雑になってはならぬ。どこでどんな肉を食べるのか、組み立てるのが大人のたしなみであり、男の作法。「大人の肉ドリル」著者である松浦達也氏がうまい店の肉をさらにうまく食べるための作法を解説する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト
東京でビール醸造体験ができる! 板橋『トウキョウエールワークス』がクラフトビール好きにおすすめな理由
東京でビール醸造体験ができる! 板橋『トウキョウエールワークス』がクラフトビール好きにおすすめな理由

1.誰でもオリジナルのクラフトビールが造れる醸造所が板橋にオープン 2.併設のパブでは、ビアコーディネーターによる料理とビールの絶妙なペアリングが楽しめる 3.同じ建物内には、試飲ができるウイスキー専門店やワインビストロも!

桑原恵美子
ライター