今年の鍋トレンドは「パクチー」で決まり! もりもりパクチーがくせになる新感覚タイ料理「鴨パクチー鍋」

2016年12月09日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 浜松町
  • タイ料理
  • パクチー
今年の鍋トレンドは「パクチー」で決まり! もりもりパクチーがくせになる新感覚タイ料理「鴨パクチー鍋」
Summary
1.タイリゾート料理『プーケットオリエンタル』でいただける「鴨パクチー鍋」
2.冬こそタイ料理で体の芯から温まろう! ハーブや香辛料が効いたヘルシーなお鍋
3.日本人の舌に合う、新感覚のタイ料理

今年の鍋トレンドは、やっぱり「パクチー」!?

パクチーが今、グルメ界で大ブームになっているのはすでにご存知だと思う。パクチービール、パクチー天ぷら、パクチーポテサラ…などありとあらゆるメニューにパクチーが使われている。そんななか、寒い季節に欠かせない「鍋」にも、パクチーをふんだんに使っているものが多数登場しているという。

浜松町のタイ料理店『プーケットオリエンタル』でいただけるのは、鴨鍋とパクチーのコラボレーションである「鴨パクチー鍋」。タイ料理と聞くと夏のイメージが強いが、実はタイスキやトムヤムクン鍋など、鍋料理のバリエーションも豊富。鍋でもパクチーが沢山食べられるという話には、期待が膨らむ。早速、体温まる「鴨パクチー鍋」をいただくことにした。

浜松町駅を降りて、徒歩1分。駅近の汐留ビルディングにお店はある。明るくてお洒落なカフェ風の空間が女性に人気のお店である。外には開放感のあるオープンテラスもあり、晴れた日は心地よい外の風を感じながら、創作タイ料理が堪能できる。

パクチー好きにはたまらない! どっさりパクチーの鴨鍋を解剖してみる

『プーケットオリエンタル』の「鴨パクチー鍋」は、10月25日(火)から秋の限定メニューとしてスタート。「パクチーのブームも手伝って、パクチー好きの女性のお客様が多く注文されます」とオーナーの田中修司さん。

こちらの「鴨パクチー鍋」は、「チムチュム」と呼ばれる、ハーブや香辛料を沢山入れたスープが特徴的なタイの鍋をベースにしている。発音が印象的な「チムチュム」とは、「タレにつける(チム)」「スープの中にさっと浸す(チュム)」という意味の言葉で日本でいうとしゃぶしゃぶのような料理を指すのだとか。

スープは、コブミカンの葉、ナンキョウ、レモングラス、パクチーの根っこが入り、ナンプラーがベースになっている。爽やかながらも食欲をそそる香りが鍋から広がってくる。

グツグツと金色のスープが温まってきたら、だしをとるため、鶏団子を入れる。

だしがとれたところで、ヘルシーな鴨ロースの薄切り肉をしゃぶしゃぶでいただくスタイルだ。ゆっくりとスープにくぐらせると、10秒ほどで優しいピンク色に変わる。火を通し過ぎない状態でいただくのがポイント。

ハーブの効いた香り豊かなスープと絡まった鴨肉は、柔らかい中にも独特の弾力がある。鴨肉とレモングラスの香りの相性が良く、さっぱりとした味わい。濃厚な鴨肉のうまみとさわやかなスープの香りがバランス良く口に広がっていく。パクチーの他にもネギ、春菊など香りのある野菜が入っていて、アジアンテイストかつヘルシー。ハーブや香辛料のおかげで体が温まったような気がした。

たっぷりのパクチーは、軽くスープにくぐらせていただこう。少し温まったパクチーは、香りがまろやかになり、食感も優しい。シャキシャキ感を残しつつも、香りや味に丸みがついたパクチーは、鍋でしか味わうことのできない食べ方であった。鴨と同時にパクチーを頬張るのも、至福の瞬間だ。

シメはしっかりと鴨肉のだしのとれたスープにラーメンを入れていただく。スープの香りが爽やかで、最後までタイ気分を味わいつくすことができた。

『プーケットオリエンタル』では、鍋料理以外にももちろんたくさんのタイ料理メニューがある。一番人気のパクチーメニューだという「たこパクチー」をいただく。こんもりしたパクチーの中に大ぶりの茹でだこがふんだんに入っている。コリコリとしたタコの歯ごたえとパクチーのフレッシュな食感が楽しい。タイの味噌で絡めたサラダは、ビールに合うエスニックな濃い目の味付け。ぜひ、リピートしたい一品だ。

『プーケットオリエンタル』では、実際に田中さんが現地で食べたタイ料理を日本人が食べやすい味付けにアレンジしている。「日本人ほどおいしく忠実に料理を作る国はないと思います。『プーケットオリエンタル』では、日本人の舌に合う、日本独自のタイ料理をこれからも提案していきたいです。代表的なガパオライス、グリーンカレーなども、辛くなく日本人の口に合う味付けで提案しています。」と田中さん。

タイ料理好きはもちろん、タイ料理に抵抗がある人にも気軽に楽しんでもらおうと、辛くないタイ料理や香辛料に配慮したメニューも考案中なんだそう。

本日紹介した「鴨パクチー鍋」は鶏団子、鴨ロース(1人前/150g)、パクチー、春菊、ネギ、締めの「棒ラーメン」がセットになっている。11月からは鴨パクチー鍋がメインになった「宴会コース」を3月中旬までの期間限定で提供。料理4品+前述の鴨パクチー鍋セットとデザートが付いて1人5,000円(4名から)といった豪華な内容だ。パクチーと鴨肉のうまみが詰まった新感覚のタイの鍋料理をこの冬、堪能してみてはいかがでしょう。
(取材・文/矢野詩織)

メニュー
・「鴨パクチー鍋」1人前2,500円(2人前から)
・たこパクチー 800円
※価格すべて税別

プーケット オリエンタル

住所
〒105-0022 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング1F
電話番号
050-5783-3369
営業時間
月~金 11:00~23:00(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:00)(11:00〜 ランチタイム / 15:00〜 カフェタイム / 17:00〜 ディナータイム) 土・日・祝 11:00~22:00(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:00)(11:00〜 ランチタイム / 15:00〜 カフェタイム / 17:00〜 ディナータイム)
定休日
年中無休 ※定休日はビルの休館日に準じます。
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/h7amaate0000/
公式サイト
http://www.phuket-oriental.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

美しき盛りつけと爽やかな香り!オーストラリアで大人気のモダン・タイ・レストランが日本に初出店
美しき盛りつけと爽やかな香り!オーストラリアで大人気のモダン・タイ・レストランが日本に初出店

1.オーストラリアで長年人気のモダン・タイ料理レストランが2017年8月、恵比寿にオープン 2.直輸入のフレッシュハーブや旬素材を多用して、現地の味をそのままに提供 3.さまざまな料理を並べてシェア。自分に合ったバランスで食べていくのが『Longrain』スタイル

須永久美
ライター