フワッともっちり食感がたまらない! 発酵なしで作れる「チョコブレッド」レシピが簡単でおいしすぎ

2016年12月27日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • スイーツ
  • パン
フワッともっちり食感がたまらない!  発酵なしで作れる「チョコブレッド」レシピが簡単でおいしすぎ
Summary
1.見た目も本格的なチョコブレッドが1時間で作れる超時短レシピ
2.生地に練り込む濃厚チョコシートはレンジで簡単調理
3.外はカリっと、中はモチふわな食感がおいしい!

濃厚リッチな味わいが魅力! 発酵いらずの「濃厚チョコブレッド」

冬になると無性に恋しくなるチョコレート。ひんやりと肌寒い朝、熱々のコーヒーと風味豊かな「チョコブレッド」の組み合わせを楽しめたら、なんて幸せな時間になるだろう。
とはいえ、自分でパンを作るのは大変。捏ねる作業は力がいるし、発酵は時間がかかるし…調理の手間が多く、食べるまでに3時間以上かかることも。

そこで今回は、濃厚リッチなチョコブレッドがたったの1時間でできる驚きのレシピをご紹介!

ふわっと膨らんだフォルムは、発酵いらずとは思えない本格的な仕上がり。オーブンから漂う甘い香りに、焼き上がりを待つ時間もワクワクが止まらない。外側はカリっと、折り重なったチョコシートとふわふわモチモチの生地は、噛むほどにチョコレートの豊かな香りが口いっぱいに広がっていく。
一見難しそうな成形も、三つ編みする要領で巻いていくだけなので簡単! 発酵がいらないので、パンを作ったことがない人でも安心してチャレンジできる。

■材料(1個分)

<チョコシート>
・牛乳 … 120ml
・砂糖 … 大さじ5
・[A]強力粉 … 大さじ1
・[A]片栗粉 … 大さじ1
・[A]ココアパウダー … 大さじ3

<生地>
・バター … 40g
・[B]強力粉 … 180g
・[B]薄力粉 … 50g
・[B]ベーキングパウダー … 小さじ2
・[B]砂糖 … 35g
・[C]ヨーグルト … 150g
・[C]卵 … 1個

■作り方(調理時間:60分)

<チョコシート作り>
① 耐熱ボウルにふるった[A]と砂糖をいれ、よく混ぜる。

② ①に牛乳を少しずつ加え、よく混ぜ、ラップをせずに500Wの電子レンジで2分加熱する。

③ いったん取り出し、よく混ぜ、再び500Wの電子レンジで1分加熱する。

④ ゴムベラでよく練り、再び500Wの電子レンジで30秒加熱する。

⑤ ④をよく練り、ラップに10cm×20cmくらいの長方形に伸ばし、ラップで包んで冷凍庫で冷やす。

<生地作り>
⑥大き目のボウルに[B]を入れ、泡たて器で良く混ぜる。

⑦[C]を混ぜ、⑥のボウルの中心に入れて全体に粉っぽさが無くなるまで混ぜる。

⑧ ⑦の生地にやわらかくしたバターを練りこむ。

<ポイント>
生地はとてもベタついているため、手を使わずゴムベラなどで練りこむと良い。

⑨ 打ち粉をした上に⑧の生地をのせ、チョコシートの倍くらいの大きさに伸ばす。

⑩ ⑨の生地の中央にチョコシートをのせ、包みこむように生地をかぶせる。

⑪ 麺棒で伸ばし両端から中央に向かって三つ折りにする。

⑫ ⑪をさらに麺棒で伸ばし、上下から中央に向かって三つ折りにする。

⑬ ⑫を長方形に伸ばし、写真のように片端を残して生地を三等分にする。 三つ編みをするように生地を編み込み、端をギュッとくっつける。

<ポイント>
編み込むときに、チョコシートと生地の断面が上にくるようにすると焼き上がりがきれいになる。

⑭ 180℃に予熱したオーブンで30分焼いて完成。

1時間でできる「チョコブレッド」のレシピは、2種類の生地を作って織り込むだけの簡単工程。イーストを使うことなく、発酵なしで手軽に作れるため、遅く起きた休日の朝にもぴったり。
寒い朝は温かいコーヒーと一緒に、濃厚な味わいのチョコブレッドで贅沢な気分を味わってみて。



<レシピ作者プロフィール>
なかざわ あやの
1991年生まれ。新潟県出身。
新潟を拠点に、レシピコラム執筆・テレビCMでのフードスタイリストを中心に活動中。
Instagram: https://www.instagram.com/que_delicioso/
HP: https://que-gostoso.amebaownd.com/
(編集、メニュー監修:河瀬璃菜/フードクリエイティブファクトリー http://foodcreativefactory.com/

関連記事

わがままを通すことが「食通」だと思うカン違いとネットにすべてを委ねる思考停止について
わがままを通すことが「食通」だと思うカン違いとネットにすべてを委ねる思考停止について

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

仕事帰りは『大番』へ、割烹並みの素材と居酒屋価格、デイリー使いも可能な懐に優しい大衆酒場の理想形
仕事帰りは『大番』へ、割烹並みの素材と居酒屋価格、デイリー使いも可能な懐に優しい大衆酒場の理想形

【連載】幸食のすゝめ #085 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン