2016年は中華の当たり年! 今年ニューオープンした、注目の中華料理店8選

2016年12月29日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • まとめ
  • 中華料理
  • 東京
  • 専門店
2016年は中華の当たり年! 今年ニューオープンした、注目の中華料理店8選
Summary
1.予約困難な超人気の有名中華の2号店や、独立した名シェフの新店がぞくぞく誕生!
2.客の目の前で焼く「鉄板中華」やおしゃれでハイセンスな中華料理店も人気
3.ガッツリ食べたい塊肉が魅力の店舗に、A5ランク黒毛和牛を使ったお洒落な中華!

2016年は「中華の当たり年」ともいえるほど、グルメ界でも注目の中華料理店がぞくぞくオープンした。超人気店で腕を振るったシェフによる店をはじめ、予約困難な名店が2号店をオープンするケースも相次いだ。これまでの大勢で大皿料理を分け合う中華のイメージを覆す、ハイセンスでお洒落な小皿料理や、カウンターで一人でも楽しめる店も登場。店選びのバリエーションがますます豊富になった。そんな2016年勢いがすごかった中華料理から、注目の新店を一挙に8店舗振り返ってみたい!

1. 広尾の予約困難店が中目黒に出した『JASMINE憶江南』で楽しむ、食の宝庫・江南地方料理

3月に中目黒にオープンした『JASMINE(ジャスミン)憶江南』は、上海、杭州がある中国江南地方の料理と四川料理にこだわっている「ミシュランガイド東京2017」でビブグルマン受賞の、広尾『中華香彩JASMINE』が手掛ける姉妹店だ。

江南地方の伝統的な調理法で仕上げる豚の角煮「紅焼肉(ホンシャオロー)」は、トロトロ食感に甘辛い濃厚ダレが絡みたまらない。『JASMINE』の名物メニュー「よだれ鶏」と餃子も健在。2017年もより一層人気になること間違いなし。

>>>詳しい記事はこちら

2. 名店『シェフス』仕込みのハイセンスな上海料理を、表参道『Mimosa』で

表参道に7月、上海料理の名店『シェフス』から独立した南俊郎氏が『Mimosa(ミモザ)』をオープン。

「甘鯛の白濁スープと豆腐干」「大海老の素揚げ炒め」など、どの料理も優しくシンプルな味わいだが、一つ一つにシェフ独自のアレンジが光る。

>>>詳しい記事はこちら

3. 塊羊肉のパイオニア、池袋『聚福楼』が開いた待望の2号店では、「ワニ肉」も堪能!

羊の塊肉やウサギの丸焼きなど、肉料理が名物の大人気店『聚福楼(じゅふくろう)』が、7月、池袋にある本店のすぐそばに2号店をオープンした。1.3kg超のダイナミックな羊の塊肉をグリル。仕上げはセルフで焼き上げ、スパイスや調味料で 味を変えて楽しめる。

新店では「ワニ肉」も登場! 中国人シェフが作る、現地住民に人気が高いという珍しい中華料理の出逢いも楽しめる。

>>>詳しい記事はこちら

4. 銀座の高級中華料理店が目指した、絶妙なカジュアルチャイニーズレストラン『銀座 夜市』

銀座の高級中華料理店『銀座 芳園』が、8月、「大人のための贅沢な屋台」をテーマに、姉妹店『銀座 夜市』を開いた。

ウェスティンホテル東京『龍天門』などで焼物料理長を務めた横尾総料理長による絶品料理は必食! しかも、フカヒレから鹿、羊まで実に多彩な食材と手法を揃え、中国各地の名物料理が1,000円代~と、リーズナブルな価格も魅力。

>>>詳しい記事はこちら

5. この道30年の広東料理の名手が、銀座に完全予約制の店『中華たかせ』をオープン!

9月、銀座にオープンした『中華たかせ』は、「ミシュランガイド東京2017」で1つ星獲得の日本橋『SENSE(センス)』の初代総料理長として国内外で活躍してきた高瀬健一シェフの新店だ。

『中華たかせ』では、広東料理の代表的高級食材のフカヒレ、鮑、燕の巣などに加え、日本の旬の海鮮もふんだんに使用。広東料理に日本食材を融合させたコース料理を、予約客だけのために仕入れ、腕を振るう。最高の食材と、多くの美食家を魅了してきたシェフの料理を存分に味わってみたい。

>>>詳しい記事はこちら

6. 鉄板中華の新店は山小屋風中華!? 四谷三丁目『遊猿 you-en』で本格中華をカジュアルに

四谷三丁目に今年9月にオープンしたカジュアルチャイニーズの店『遊猿 you-en』は、鉄板中華で名高い『青山シャンウェイ』で約10年間腕を磨いた大内誠也シェフの新店。

「スペアリブ鉄板豆豉炒め」を始めとする豪快な鉄板づかいで繰り出される料理の数々は、ビールや紹興酒が進む記憶に残る味わいだ。ジャズが流れる、山小屋風の店内で、新感覚中華を楽しみたい。

>>>詳しい記事はこちら

7. 人気焼肉店『うしごろ』の新業態・おしゃれ中華料理を恵比寿『CINA New Modern Chinese』で体験

西麻布や銀座で人気の焼肉店『うしごろ』が、和牛の良さをもっと広めたいとの想いで10月、恵比寿に開いた『CINA New Modern Chinese(チーナ ニュー モダン チャイニーズ)』は、これまでにない新感覚の中華料理を提供する。

スタイリッシュな見た目に、創作センスが随所に散りばめられた斬新な料理が並ぶ。エスニックテイストで味わう『うしごろ』のA5ランク黒毛和牛料理「厳選赤身肉の四川“ROCK”ステーキ」は、さすがの一言。

>>>詳しい記事はこちら

8. 少人数からOKで使い勝手抜群! 羊・パクチーをたっぷり味わう『羊香味坊』が上野広小路に登場

羊好き、パクチー好き、自然派ワイン好きに強く支持されている神田『味坊』が、ひとり立ち飲みから、グループ利用もできる使い勝手抜群の『羊香味坊(やんしゃんあじぼう)』を11月、上野広小路にオープンさせた。

料理は『味坊』でも人気の中国東北料理で、パンチの効いた羊肉がメイン。2本~頼めるネックやバラスジなど希少部位の串やアレンジ串も美味。『味坊』で人気のパクチーサラダは新店バージョンの味付けで登場。自然派ワインも豊富に揃う。

>>>詳しい記事はこちら

関連記事

シンガポール発、アートのようなdessertが日本初上陸!世界が注目するデザートバーを体感せよ
シンガポール発、アートのようなdessertが日本初上陸!世界が注目するデザートバーを体感せよ

1.シンガポールで人気のシェフ、ジャニス・ウォンのデザートバーが日本初上陸 2.「edible art」(食べられるアート)とよばれるアートと食の融合を一つのテーマとし、活躍。目を見張るほど美しく、繊細なdessertが魅力 3.dessertと、日本酒やワインなどのお酒のペアリングを提案

dressing編集部