皿の上にこの店だけの物語がある、もはや本場・韓国でも食べられない幻の味がある店へ

【知られざるいい店のすゝめ】あの口コミサイトに載っていない店。地元民しか知らない店。裏通りや駅から少し遠くにある店……。街にはまだまだ知られざる店がある!街と店と絡み合ってきた人生の中で食の賢人・松浦達也が辿り着いた珠玉の一軒を紹介する。

2017年02月01日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 連載
  • 韓国料理
  • 焼肉
  • プレミアム記事
皿の上にこの店だけの物語がある、もはや本場・韓国でも食べられない幻の味がある店へ
Summary
1.ただ「うまい」だけではない、物語のある店
2.北九州・小倉で創業して30年。2005年に東京に移転した名店
3.焼肉はもちろんだが、タッカンマリは必ず予約しておきたいここだけの味

気づけば欲望があふれ出す、焼肉……店!?

日本には美食家や食通の人たちが絶賛する「うまい店」が山ほどある。でもすべての食べ手が絶賛するお店など存在しない。うまさに好みに価格……。食べ物にはさまざまな基準があるからだ。

うまいものを食べさせてくれる店が好きだ。だがどんなにうまくても、足が向かない店がある。予約が取れないほど人気があり、うまいものだって味わえる。なのに、どうにも通う気にならない。この原稿を書く前、自分にとって通いたくなる店と通いたくならない店の最大の違いを考えてみた。

すると通わない店に共通するのは、皿の上にしか表現がない店だった。

例えば、肉を出す店ならば、当然のように名物肉メニューはある。だがどんなにうまくても、レシピさえあれば再現できるような一皿に、いかにも特別かのような名前をつけたりする店は苦手だ。また、どこまで本当かわからないうさん臭い物語を皿の上に並べ立てる店も同じ。要は「ブランディング」が皿や網の上から強く匂ってきた瞬間、萎えてしまう。

逆に通いたくなる店には、皿の上や店に強固な背景や替えの効かない物語がある。とってつけたようなブランディングなど必要のない強靭さが皿の上にあるのだ。今回紹介する店もそうだ。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

北海道・小樽でもほとんど幻!という“最強地鶏”小樽地鶏を知られざる横丁の名店『鳥ま津』で食べつくす
北海道・小樽でもほとんど幻!という“最強地鶏”小樽地鶏を知られざる横丁の名店『鳥ま津』で食べつくす

【連載】肉の兵法 第十二回  肉に向かうときに雑になってはならぬ。どこでどんな肉を食べるのか、組み立てるのが大人のたしなみであり、男の作法。「大人の肉ドリル」著者である松浦達也氏が旨い店の肉をさらに旨く食べるための作法を解説する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト
焼肉とは何か? まだこんな店が隠れていたのか!と感嘆する名店を見つけた。

【知られざるいい店のすゝめ】あの口コミサイトに載っていない店。地元民しか知らない店。裏通りや駅から少し遠くにある店……。街にはまだまだ知られざる店がある!街と店と絡み合ってきた人生の中で食の賢人・松浦達也が辿り着いた珠玉の一軒を紹介する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト
「ロシア料理」がブームの兆し! 本場の味をカジュアルに堪能できる『ゴドノフ東京』が丸の内に誕生
「ロシア料理」がブームの兆し! 本場の味をカジュアルに堪能できる『ゴドノフ東京』が丸の内に誕生

1.モスクワから東京へ初上陸! ロシア料理専門店『ゴドノフ東京 丸ビル店』が丸の内にオープン 2.本店のレシピを継承した本場のロシア料理をカジュアルに楽しめる 3.滋味深いスープとホロホロの牛タンが絶品すぎる「ボルシチ」は必食!

Yayoi Shinya
フリーライター