名シェフの極上イタリアンもランチコースなら4,000円以下! ランチがお得な都内の本格イタリアン3選

2017年02月05日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • まとめ
  • 東京
  • イタリアン
名シェフの極上イタリアンもランチコースなら4,000円以下! ランチがお得な都内の本格イタリアン3選
Summary
1.業界で話題騒然! 目黒『リナシメント』は大人のための至高のイタリアン
2.あの『アンテプリマ』発! 和と伊を融合させた『カーサ・クチーナ』
3.イタリア料理の鬼才が開いた、銀座『リストランテ エッフェ』

名立たる有名店で腕を振るってきたシェフの味が3,000円ほどで堪能できるのが、手軽でリーズナブルなランチコース。今回は、高級イタリアンのエッセンスを堪能できる、今いちばん訪れたい都内の注目のイタリアンを3店紹介しよう!

1. 大人が心から楽しめる目黒『リナシメント』は“食材を重ねない”料理が信条!

目黒駅から徒歩10分。目黒川を散策し店への高揚感も楽しい『RINASCIMENTO(リナシメント)』。イタリアンの名店『ダノイ アルトリ』など数々の名店で腕を鳴らしてきた田沢正人シェフと数々の店を盛り上げてきた三浦幸一プロデューサーが二人でオープンした新店である。

シェフの多彩な経験が存分に生かされた料理が魅力で、定番ランチコースは2,500円(4品)から。その他、ランチコースは4種類を用意。

前菜の「インサラティッシマ・リナシメント 旬のお野菜を中心とした超前菜の盛り合わせ」は、素材を活かすものと手を加えるものが明確で、見た目も味も思わず歓声が上がる仕上がり。ランチコースでは、シェフの得意料理であるパスタも2種類から選べる。

>>>詳しい記事はこちら

2. 人気ブランド「アンテプリマ」が開いたイタリアンで、寛ぎの「和×伊」の融合ランチ

ワイヤーバッグを筆頭に、女性に人気のファッションブランド「アンテプリマ」。このほど銀座にオープンした旗艦店の地下に併設されたレストラン『アンテプリマ カーサ・クチーナ』。店名は“アンテプリマのお家のキッチン”を意味し、まさに友人宅に招かれたようにリラックスした空間で、贅沢イタリアンが味わえる。

銀座で人気のイタリアン『アロマフレスカ』出身の古澤正広シェフが作る、和のエッセンスが際立つ絶品イタリアンを、ランチコース3,800円(税別)からで堪能できる。

「黒七味のカルボナーラ」や土瓶蒸しをイメージした「ロールキャベツ」、「山椒のミートソース パクチー添え」など、ただおいしいだけでなく、イタリアンに新しい驚きをプラスしてくれるオリジナルイタリアンをぜひ味わってみたい。

>>>詳しい記事はこちら

3. 業界・ファンを震撼させた! 小林幸司シェフの銀座『リストランテ エッフェ』は、コスパがとにかく凄い! ※こちらの店舗は閉店しました

小林幸司シェフと言えば、日本イタリア料理界きっての鬼才と呼ばれる存在。そのシェフが銀座に開いた『リストランテ エッフェ』。当初はコースのみだったが、装いも新たに、リストランテの味をアラカルトでカジュアルに楽しめる“アンティパストバー”にリニューアル。

おすすめの20種以上の料理から、順番も内容も自由に選べるというものだ。迷う人にはコースもあり、ランチは4品で3,000円(税別)。

「秋のカポナータ 野菜のオーブン煮込み焼き トマトと松の実風味」など、独自の感性で繰り出す小林ワールドを堪能できる料理をこの価格で!? と、話題騒然だ。

>>>詳しい記事はこちら

関連記事

渋谷ヒカリエのレストランがお得に楽しめるチャンス!渋谷ファッションウイーク開催中【10月22日まで】
渋谷ヒカリエのレストランがお得に楽しめるチャンス!渋谷ファッションウイーク開催中【10月22日まで】

ファッションを通じて渋谷の魅力を伝える共同キャンペーン「第8回 渋谷ファッションウイーク」が10月12日(木)~22日(日)に、渋谷駅周辺各商業施設を会場に開催する。本キャンペーンは世界5大コレクションの一つ「Amazon Fashion Week TOKYO」と連携しており、期間中に同イベントのガイドブックを提示することで、渋谷ヒカリエ内の絶品グルメをお得に楽しむことができる。

dressing編集部

イタリアンの鬼才と『壁の穴』がコラボ! 1品500円から楽しめる本格イタリアン『アンティパストバー』
イタリアンの鬼才と『壁の穴』がコラボ! 1品500円から楽しめる本格イタリアン『アンティパストバー』

1.小林幸司シェフと老舗パスタ専門店のコラボが話題! 東京・阿佐ヶ谷『Antipasto Bar(アンティパスト バー)』 2.こだわりはリストランテ級! 一品500円からのコスパ抜群メニューがずらり 3.世界最高クラスの麺で作る〆のパスタをはじめ、至福のパスタメニューも必ず食べたい

小田中雅子
ライター
予約が取れなくなる前に急げ! 点心好きなら知っておくべき、中国料理関係者が注目する小籠包が絶品の一軒

【連載】正しい店とのつきあい方。 店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。