“一人焼肉の聖地”高円寺で出逢った、肉汁あふれる塊肉がうまい『肉山』ゆかりの焼肉の新名店!

【連載】肉の兵法 第十五回  肉に向かうときに雑になってはならぬ。どこでどんな肉を食べるのか、組み立てるのが大人のたしなみであり、男の作法。「大人の肉ドリル」著者である松浦達也氏がうまい店の肉をさらにうまく食べるための作法を解説する。

2017年02月22日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 焼肉
  • 高円寺
  • プレミアム記事
“一人焼肉の聖地”高円寺で出逢った、肉汁あふれる塊肉がうまい『肉山』ゆかりの焼肉の新名店!
Summary
1.大阪・鶴橋でも神奈川・川崎でもない、東京にある“一人焼肉”の聖地・高円寺で今行くべき店とは?
2.店主は『塩ホルモンさとう』『らいおんホルモン』『かるびあ~の』などで修業
3.ほぼ全品500円だが、狙うは1,500円の塊肉

酒呑みにとっての聖地はどこか。この問いに対して唯一絶対の明快な回答を出せる人はいない。ある人にとっては赤羽だろうし、立石に決まっているじゃないかという人もいるだろう。その他、新橋や神田など「酒場の聖地」はあまたある。

では「焼肉の聖地」はどこか。全国をぐるりと見渡せば大阪の鶴橋、川崎のセメント通りなど焼肉店が集中する「聖地」とみなされるスポットはある。東京にしても、北区・鹿浜の『スタミナ苑』のようにそう言われる店はあるが、「町としての焼肉の聖地」はあまり可視化されてこなかった。

ところが昨年、20年ほど前に住んでいた町を歩いて気がついた。どうやら焼肉店が増えているようなのだ。ふらりと何軒かのれんをくぐってみた。カウンターだけの店もあれば、食べ飲み放題でもないのに90分一本勝負の店もある。実にバリエーションが豊富になっている。

だが共通項もあった。一人客に対応してくれる店が多いのだ。近年、立ち食い焼肉チェーンの台頭もあって、「一人焼肉」のすそ野は広がったが、この町では立ち食いでなくとも、一人で肉を食べに来る客が多い。そして店側も当たり前のように一人客を受け入れている。というわけで、最近僕はこっそりこの町、高円寺を「一人焼肉の聖地」というふうに位置づけている。

さてある日、今日はどこで焼こうか……。なんて考えながら高円寺の南口を歩いていたら、高円寺パル商店街から脇道に入った暗がりにぼうっと「塩ホルモン」の文字が浮かんでいた。このあたりは、一人焼肉店が多いエリアからはちょっと外れている。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

「肉・ご飯・肉・ビール・肉…」の連鎖がとまらない! 激うますぎる「タレ焼肉」の原点『新楽井』【鶴橋】
「肉・ご飯・肉・ビール・肉…」の連鎖がとまらない! 激うますぎる「タレ焼肉」の原点『新楽井』【鶴橋】

牛、豚、鶏や羊、馬等のテーブルミートから猪、鹿、熊などジビエに至るまで、「肉」と「肉料理」と「名店」を探し求めて日本全国津々浦々、はたまた世界中をMEA-tripする、テレビラジオでご存知!「肉マイスター」田辺晋太郎が、肉を愛する老若男女にオススメする至極の名店をご紹介! それが『BOY MEATS GIRL』。これを見ずして肉を語るなかれ!!

明日はランチビールを飲もう!カジュアルビアダイニング『シュマッツ』の新店はランチメニューも楽しめる!
明日はランチビールを飲もう!カジュアルビアダイニング『シュマッツ』の新店はランチメニューも楽しめる!

1.こだわりのクラフトドイツビールとドイツ料理が楽しめる『シュマッツ』が、吉祥寺と川崎に新店舖をOPEN。 2.他の店舗にはない、ランチメニューやカフェメニューが新登場。 3.『シュマッツ』は徹底的に温度管理された黄金のビアサーバーから注がれる至極の一杯を楽しめるカジュアルビアダイニング。

dressing編集部

ひとり焼肉の頂点はここだ! 常連になって特別扱いされたい市ヶ谷『なかはら』の特別空間
ひとり焼肉の頂点はここだ! 常連になって特別扱いされたい市ヶ谷『なかはら』の特別空間

【連載】DJ TAROのNice to Meat You vol.14 人と仲良くなるには食事が一番。でも、いきなり鍋って感じじゃない。会話が弾まないテーブルでも綺麗なサシの肉が出てくると「わー!」っと歓喜の声が上がる。そう、肉は人をつなぐ。出逢いのMeetであり肉のMeat。そんな思いを込めて肉ラヴァーに贈るDJ TAROさんのナイスな肉話。

DJ TARO
ラジオDJ/クラブDJ
焼肉・ホルモン好きなら訪れるべき聖地! 「神戸ビーフの街」の昇天するうまさの焼肉の名店

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?