限定スイーツも登場! 『ドミニクアンセルベーカリー』の2号店は世界初のテイクアウト専門店

2017年03月28日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • スイーツ
  • ベーカリー
  • 銀座
  • 新店
  • 行列のお店
限定スイーツも登場! 『ドミニクアンセルベーカリー』の2号店は世界初のテイクアウト専門店
Summary
1.3月29日(水)、銀座三越に『ドミニクアンセルベーカリー』日本2号店が誕生!
2.銀座店限定のスイーツが勢ぞろい! 贈り物にオススメの可愛すぎる新作は要チェック!
3.ニューヨークで大流行中の「バブカ」って? NYから最先端スイーツも上陸!

3月29日(水)、『ドミニクアンセルベーカリー』が銀座に待望の日本2号店をオープン!

ニューヨーク発のペストリーショップ『DOMINIQUEANSELBAKERY(ドミニクアンセルベーカリー)』。「クロナッツ®」と呼ばれる、クロワッサン×ドーナツの異なるスイーツを融合させた“ハイブリッドスイーツ”の火付け役として新感覚のスイーツやパンを次々に生み出している世界的な注目ショップだ。日本でも、2015年の表参道店オープンから連日行列の絶えない人気店だが、その『ドミニクアンセルベーカリー』が、3月29日(水)、待望の日本2号店を『銀座三越』内にオープンする。ニューヨークで新業態を続々オープンしている『ドミニクアンセルベーカリー』だが、銀座店は世界初のテイクアウト専門店となり、オープン前から早くもメディアの話題を集めている。

絶対食べたい! 遊び心たっぷりの「銀座店限定スイーツ」を要チェック!

オープンに際し、『DOMINIQUEANSELBAKERY JAPAN at GINZA(ドミニクアンセルベーカリー ギンザ)』だけで購入できる限定スイーツも多数登場。どれも『ドミニクアンセルベーカリー』らしい遊び心が詰まったワクワク感あふれる逸品ばかり。さっそくチェックしていこう。

「Pull-a-Part Flower Cookie(フラワー クッキー)」

パッと花が咲いたように美しい「フラワー クッキー」。

ローズがふわっと香るクッキー生地に、爽やかなライチガナッシュが相性抜群。花びら一枚一枚を摘みながら食べるのも楽しく、花束を贈る感覚でギフトにもおすすめ。

「Square Watermelon(スクエア ウォーターメロン)」

海外でも人気の「四角いスイカ」の形をしたケーキ。濃厚なピスタチオのムースと甘酸っぱいラズベリーのムースに、爽やかなスイカライムのジュレがアクセント。夏場の贈り物にも喜ばれそう。

「Black Kokuto Sugar DKA(黒糖DKA)」

『DOMINIQUEANSELBAKERY JAPAN at OMOTESANDO(ドミニクアンセルベーカリー オモテサンドウ)』でも人気の「ドミニクのクイニーアマン」の頭文字から名づけられた「DKA」。同店の中で唯一ドミニク・アンセル氏の名前が入っており、シェフの思い入れが伝わる、フランス・ブルターニュ地方の伝統菓子をベースにしたオリジナルスイーツだ。銀座店限定の「黒糖DKA」は、黒糖の豊かな香りとコクのある味わいがしっかり感じられ、外側はキャラメライズされサクッと、中はしっとり食感であと引くおいしさ。

「Zero Gravity Cake(空飛ぶケーキ)」

※画像はイメージ

ネーミングから想像を掻き立てられるようなこちらは、風船の中にケーキが入った、文字通り“空飛ぶケーキ”だ。パンッと風船を割ってから食べる一品で、ケーキ本体はもちろん、驚きと楽しさも存分に味わえるだろう。

NYで大流行中の「バブカ」が、『ドミニクアンセルベーカリー ギンザ』に初上陸!

「バブカ」とは、バターを練りこんだブリオッシュのような生地に、惜しげもなくたっぷりのチョコレートを巻き込んだケーキのようなパン。じゅわ~っとバターとチョコレートが染み出るほどリッチな味わいで、ニューヨークでは専門店もできるほど人気を集めている。

そのバブカが『ドミニクアンセルベーカリー ギンザ』でいよいよ味わえるように!ダークチョコレートとチョコレートチップがたっぷり巻き込まれた「Chocolate Babka(チョコレートバブカ)」と、自家製抹茶ガナッシュを贅沢に使った「Matcha Babka(抹茶バブカ)」が味わえる。

『ドミニク アンセルベーカリー』の手にかかると日本文化はこうなる! ギフトにピッタリな新作もぞくぞく登場!

日本では七転八起の縁起物として大切にされている“だるま”がスイーツになった。その名も「Daruma(ダルマ)」(写真上・左)。フィナンシェとホワイトチョコレートクランチでできた土台と、チョコレートで包まれた甘酸っぱいイチゴのジュレや酒粕ムースの異なる食感が楽しい(表参道店でも販売あり)。

「Mr.Kabuki Melon pan(ミスター カブキ)」(写真上・右)は、銀座店限定の一品。あんことカスタードを合わせたクリームが絶妙な、メロンパン、クリームパン、あんパンを融合させたユニークな新作だ。

「Orange hazelnut Pinwheel(オレンジ ヘーゼルナッツ風車)」(写真上・左)は、風車をモチーフにしたスイーツパン。サクサクふわふわ食感の生地に、チョコレートクリームとキャラメル風味のヘーゼルナッツ、そしてオレンジのコンフィが爽やかさをプラスする。おにぎりのような見た目の「Mentaiko Foccacia(明太子フォカッチャ)」(写真上・右)は、もっちりとした食感と明太子のしょっぱさがマッチした新しい味わい。

思わず顔がほころぶ愛らしい見た目の「Roasted Tomato Hot Dog Bun(ホットドッグ)」(写真上・左)も新作としてデビュー。ソーセージをくわえた犬をモチーフにしたパン生地に、トマトオニオンソースとマスタードが効いた、楽しさ溢れる一品だ。蕎麦粉をたっぷり使用した「Soba Buckweat Croissant(ソバクロワッサン)」(写真上・右)は、蕎麦のだし汁とローストした蕎麦の実が生地に練りこまれ、口に含むと蕎麦の香りが口いっぱいに広がる。

その他、とろ~っと中からキャラメルが溢れだす、木箱入りの「Apple Marshmallow(アップルマシュマロ)」(写真上・左)や、ヘーゼルナッツをベースにした「Taiyaki Pound Cake(鯛焼きパウンドケーキ)」(写真上・右)などの新作が登場する。


<メニュー 一例>
・Pull-a-Part Flower Cookie 4,500円
・Square Watermelon 720円
・Black Kokuto Sugar DKA 570円
・Zero Gravity Cake 1,000円
・Chocolate Babka/Matcha Babka 各900円
・Daruma 700円
・Apple Marshmallow (1個)900円、(オリジナル風呂敷付き・箱入り)7,800円

DOMINIQUEANSELBAKERY JAPAN at GINZA(ドミニクアンセルベーカリー ギンザ)

住所
〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越B2階
電話番号
03-3486-1329
営業時間
10:30~20:00
定休日
銀座三越の定休日に準ずる
公式サイト
http://dominiqueanseljapan.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

NYで大人気の『ドミニクアンセルベーカリー』が北海道初登場!人気メニューの期間限定フレーバーにも注目
NYで大人気の『ドミニクアンセルベーカリー』が北海道初登場!人気メニューの期間限定フレーバーにも注目

1.日本初上陸時、300人以上の行列を作った『ドミニクアンセルベーカリー』がついに北海道初上陸! 2.代表的なメニューの「クッキーショット™」や、ドリンクの上に花が咲く「花咲くホットチョコレート」「花咲く抹茶ラテ」が登場 3.2019年1月16日(水)~1月29日(火)の期間限定

dressing編集部

パン好き必見!フランスパンを日本に伝えた銀座『ビゴの店』がリニューアルオープン【限定&新作パン登場】
パン好き必見!フランスパンを日本に伝えた銀座『ビゴの店』がリニューアルオープン【限定&新作パン登場】

1.3月15日(水)オープンの『マロニエゲート銀座』に、『ビゴの店 銀座 ドゥース・フランス』 2.絶対食べたい! 『マロニエゲート銀座』だけの限定フランスパン「マロニエ」 3. 春の香りがふんわり香る! 桜がテーマの新作「桜Breads」に目移り必至

dressing編集部

【旅行に役立つ!】ニューヨークで絶対食べたいトレンドフードまとめ~ベーカリー&ファストフード編~
【旅行に役立つ!】ニューヨークで絶対食べたいトレンドフードまとめ~ベーカリー&ファストフード編~

1.日本未上陸の話題店が目白押し! 食べ歩きにおすすめのNYグルメ【厳選6選】 2.次世代スイーツから進化系パン、スタイリッシュなピザまでNYのトレンドフードを網羅 3.気分はまるでニューヨーカー!? テイクアウトして公園で楽しむこともできるテイクアウトグルメは要チェック!

dressing編集部

デザートバーベキューって何だ? 『ドミニクアンセルベーカリー』がはじめた話題のベーカリーレストラン
デザートバーベキューって何だ? 『ドミニクアンセルベーカリー』がはじめた話題のベーカリーレストラン

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
世田谷の超人気パティスリー「アサコイワヤナギ」の新境地、『ASAKO IWAYANAGI PLUS』
世田谷の超人気パティスリー「アサコイワヤナギ」の新境地、『ASAKO IWAYANAGI PLUS』

1.大人気パティスリーの新店、6カテゴリーのテイクアウト専門店『ASAKO IWAYANAGI PLUS』が誕生 2.新鮮なフルーツをおいしく美しく! 『ASAKO IWAYANAGI』イズムを新たな形で表現 3.スイーツのおいしさ倍増! バリスタによるコーヒー・お茶のペアリング提案

Kyoko Maruyama
ライター/フードアナリスト