モテる男は知っている! 飲み会で女性が「脈アリの男性」にだけ見せるサイン10選

2017年04月07日
カテゴリ
コラム
  • 知識・雑学
  • 秘書
  • デート
  • 恋愛
モテる男は知っている! 飲み会で女性が「脈アリの男性」にだけ見せるサイン10選
Summary
1.恋多き秘書220名に聞いた、「飲み会で女性が気になる男性にだけ見せる仕草」
2.意識すべき席は、隣や正面ではなく「斜め前」だった!?
3.店から出たあとに女性から話しかけてきたら期待大!

春は歓迎会や送別会など、飲み会が増える季節。それだけ新たな出会いが多い季節といっていい。恋人がいない男性は、俄然張り切りたいところだ。

でも、「可愛い子だな」「気になるな」と思う女性が見つかっても、なかなかデートに誘う勇気が出ないという男性も多いだろう。できれば傷つきたくないし、プライドもあるし…、断られてショックを受けるのは誰だって避けたいもの。でも、気になる女性から積極的に誘ってもらえるなんていう奇跡はそうそう起こらないのが現実……。

でも、そんな奥手な男性でも、「その女性が自分に気がある」=「脈あり」とわかれば話は別では!?

そこで今回は、経験豊富な恋多き現役秘書220名に、「飲み会で気になる人にしか見せない脈ありのサイン」についてアンケートを実施。そう、実はいろいろなシーンで女性は「脈あり」のサインを出していたのだ! 女性がさり気なく見せる「気になる人にしか見せない仕草」をしっかりとキャッチできれば、迷うことなくアプローチができる。
これを読めば、どこで、どんなサインが出されるのかわかるので、ぜひ飲み会前に熟読しておこう。

■女性が飲み会で見せる「脈あり」のサイン

1.よく目を合わせてくる、目が合う回数が多い。
2.会話中、女性の体が自分のほうに向いている。
3.会話の中で、名前を頻繁に呼んでくれる。
4.自分の「斜め前」の席に座っている。
5.タイミング良く飲み物の注文を聞いてくれる。
6.会話中、話題を自分にふってくれる。
7.盛り付けが一番きれいなサラダを渡される。
8.廊下ですれ違ったときに話しかけてくれる。
9.さりげないボディタッチをしてくる。
10.店から出たあとに話しかけてくる。

1.よく目を合わせてくる、目が合う回数が多い。

気になる男性には自然と目が向いてしまうという女性の意見が多数。目は言葉以上にものを語るものだ。

「あえて話さない。あえて視界に入れない。あえて興味がないフリ。話をしていない時にいきなりチラ見をして、アイコンタクトをとる。(20代/製造業秘書)」

「向かい側の席に座り目が合ったらニコッと笑うというのを何回かすれば、何となく気になるみたいで向こうから声をかけてくれます。(30代/商社秘書)」

女性の意見は「チラ見派」と、「しっかり見る派」にわかれるようだが、「よく目が合うな」と思ったら話しかけてOK。さらに笑顔を向けてくれたり、自分の話に大きなリアクションをとってくれたりしたら間違いなし! アイコンタクトはさりげないだけに、しっかり意識して見逃さないように。

2.会話中、女性の体が自分のほうに向いている。

興味の有無は”膝の向き”でわかる、というほど体の向きは重要。

「“あなた(の話)に興味があります!”というのを態度で示すために、話を聞くときは気持ち前のめりの姿勢になってる気がします。なかなか言葉では好意を示せないので、できるかぎり態度で…。(20代/通信情報・IT秘書)」

「姿勢を正して彼の方に身体を向けて話す。(30代/製造業秘書)」

体が自分の方を向いているのは、女性が興味を持っている証拠。さらに姿勢がよかったり、自分が話をしているときに前のめりになっていたりしたら、その確率はグンとアップする。顔だけ、目だけでなく、体が長い間こちらに向いていれば、好意的だと思ってよいだろう。

3.会話の中で、名前を頻繁に呼んでくれる。

会話の中に「○○さん」と自分の名前が多く出てくるのもサインのひとつ。女性は相手の名前を出すことで自分が意識していることをアピールしているのだ。

「名前を呼び“○○さんに話しかけている”というところをアピールします。とはいえ、あからさまにその人だけに話しかけないようにはします。(30代/製造業秘書)」

「なるべくたくさん名前を呼ぶようにする。(30代/通信情報・IT秘書)」

実際、名前を呼ばれると”自分に話しかけてくれているんだ”という特別感を感じるもの。だからこそ女性も男性に対してわざと名前を呼ぶことで、さりげなくアピールをしているのだ。「あなたに話しかけていますよ」という思いがストレートに伝わるだけに、わかりやすいサインといえるだろう。
同じように、名前を呼ばれて嬉しいのは女性も同じなので、男性からも積極的に名前を呼ぶようにしよう。

4.自分の「斜め前」の席に座っている。

「隣に座るとわざとらしい気がするので、斜め前などのギリギリ視界に入るところに座り、目が合ったら自然に微笑む。相手に“せっかくの飲み会だったのに話せなかったな”と思ってもらい、もっと話したいというモチベーションを高める。(20代/小売業秘書)」

「斜め前の席に座ることが多いです。隣はあからさまで恥ずかしいし、斜めからのほうが角度的にキレイに見えるかな~と。(20代/通信情報・IT秘書)」

正面や隣では露骨だし、恥ずかしいので、視線に入るギリギリのラインに座るのが女性のテクニック。気になる人から見て、「斜め45度の”勝負角度”」を見せられるのも女性としては落ち着くのかも。
「隣に座ってくれなかった…」「正面で向き合えなかった…」と落胆するのはまだ早い。意識すべきは隣でも正面でもなく、斜め前なのだ! 

5.タイミング良く飲み物の注文を聞いてくれる。

飲み物のグラスを見ているということは、あなたを見ています、ということ。飲み物をすすめてくれたら、まずは第一段階クリアだ。

「何を飲んだか覚えておいて、グラスが空いたら“同じ○○でいい?変える?“と気遣います。(20代/不動産業秘書)」

「“お酒のみますか?“とグラスが空いたら声をかけ、”ビール好きなんですか?”とか会話のきっかけをつかむ。(30代/製造業秘書)」

お酒をすすめるのは社交辞令の場合も多いが、そこから会話の糸口をつかんだり、前に飲んだものを覚えていてくれたりしたら第2段階クリア。ここまでくれば「脈あり」のサインと判断していい。
飲み物のおかわりをきっかけに、もっと近づきたい、と思っている女性は意外と多いのだ。

6.会話中、話題を自分にふってくれる。

やはり意中の男性のことは、もっと知りたい、と思うのが女心。とくに社交的な女性は会話でアピールすることが多いようだ。

「まわりの男性に意中の男性の話を持ち込み、意中の男性が会話に入ってきてくれるように仕向けます。(20代/商社秘書)」

「積極的に話をふる(30代/通信情報・IT秘書)」

大人数の中でも自分に話をふってくる回数が多ければ「興味を持たれている」と思っていい。会話の中から共通の話題を見つけ、女性からその話を掘り下げるようであれば脈あり確定。ふたりだけの話題に持ち込む女性は、デートの誘いも断らない。

7.盛り付けが一番きれいなサラダを渡される。

女性が料理を取り分ける瞬間にも、脈ありのサインが出される。特に会話が得意でない女性は、こういうさりげないところで自分をアピールするものだ。

「料理は気持ち多めによそう。(30代/製造業秘書)」

「大皿料理など取り分けてあげるときに、きれいに盛り付ける。(50代/製造業秘書)」

「少しでも丁寧な印象を与えたいので、サラダなどを取り分けるとき1番キレイに盛れたものを渡します。さりげなすぎますかね?(笑)(20代/通信情報・IT秘書)」

たしかにさりげなすぎる(笑)。実際、他の人と比べないとわからないが、ちょっと盛りがいい、1番キレイなサラダが来たら、取り分けた女性に声をかけてみよう!

8.廊下ですれ違ったときに話しかけてくれる。

「気になる人がトイレに席を立ったときは、自分も少し時間をおいていくなど、どこかですれ違うようにする。(30代/製造業秘書)」

「トイレに行くタイミングを合わせて、話すきっかけを作る。(30代/商社秘書)」

大人数での騒がしい飲み会では、なかなか2人きりで話すチャンスがない。だから、トイレにいくタイミングを見計らい、自らチャンスをつくろうと女性はがんばるのだ。すれ違った場所で女性が話しかけてきたら、脈ありの可能性大!

「お手洗いや電話などで男性が席を立って、戻ってきたときに今何の話をしているのか分からなくなっていると思うので、簡単にフォローするようにしています。(30代/商社秘書)」

自分が離席していた間の話の内容をフォローしてくれた女性も、あなたを気に入ってくれていると見ていい。

9.さりげないボディタッチをしてくる。

定番ではあるが、やはりこの作戦を使う女性は多い。

「トイレへ立つ時につかまるフリをして背中や肩に触れる。(30代/製造業秘書)」

「(私と近くに座っている男性であればを前提に)トイレから帰ってきた際に、男性の肩に触れる。(30代/金融・証券・保険業秘書)

隣の女性が立ち上がる時に自分の体に触れたらチャンス到来! 女性は本能的に気に入った男性に触れたくなるものなのだ。

「話すときの距離も近くとるし、用事があるときは名前を呼ばずに、腕をツンツンして呼びます。(20代/建設業秘書)」

こんなことをされたら、男性なら誰でもドキッとしてしまうだろう。でも、これは意識している男性の気を引く女性の戦法。その戦法には、のっかるのが正解だ!

10.店を出たあとに話しかけてくる。

「自分の印象を残したまま帰ってほしいので、帰りがけに勇気を出して話しかけます。“帰りは何線なの~?“とか他愛のない話です。(20代/情報通信・IT秘書)」

「帰り道などに“みんなと一緒だとそんなことないけど、あなたのそばだと緊張してしまうと“いうことを伝えて、ドキドキしますと言う。(30代/情報通信・IT秘書)」

「お店から出るときに“楽しかったですね、また集まりたいですね“と、次につながるように声をかける。(30代/製造業秘書)」

最後の最後に見せる、女性の大勝負。自分を印象づけるために、後悔しないために、最後に勇気をふりしぼる女性も多い。
店を出てから話しかけてきた女性は、あなたを意識している可能性がかなり高い!

一つひとつを見ると「偶然では?」と疑ってしまうが、合わせ技で判断すれば「脈あり」の確率がどんどんアップする。女性の脈ありサインをしっかりキャッチして「これならイケるかも」と思えれば、誘いの言葉も出やすくなるものだ。

この10項目をしっかり覚えておいて、あれも、これもと当てはまる女性がいたら、迷っている暇はない、即アプローチをかけるべきだ。
したたかそうな女性たちも、自分から誘う勇気がないからこそ、このようなさりげない仕草で自分をアピールしている。そう考えると、逆にアプローチしない方が失礼なのかもしれない。たとえ勘違いだったとしても、「勘違いから生まれる恋」もあるので、結果オーライ! 積極的に仕掛けていこう。




【データ提供元】
~約33,000人の秘書室会員が集うネットワーク~
「こちら秘書室」
接待・会食などの大切なビジネスシーンにぜひご活用ください。

【画像提供元】
PIXTA

関連記事