はみ出るステーキが超豪快!塊肉をフレンチトーストで挟んだ新感覚バーガーが大人気の『Sapling』

2017年05月11日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • 渋谷
  • ハンバーガー
  • カフェ
はみ出るステーキが超豪快!塊肉をフレンチトーストで挟んだ新感覚バーガーが大人気の『Sapling』
Summary
1.予約が取れないもんじゃ焼き屋で有名な『大木屋』初のカフェ業態IRON PLATE CAFE『Sapling』が渋谷にオープン
2.『大木屋』の代名詞“肉のエアーズロック”と呼ばれるリブステーキを使用したバーガーが人気
3.バーガーは食事系とスイーツ系の2つの味がを楽しめる

フレンチトーストでパティを挟む新感覚の「フレンチバーガー」カフェが渋谷に誕生

肉の世界遺産“エアーズロック”と讃えられる肉塊が大人気の『大木屋』。予約がなかなかとれない“もんじゃ・鉄板焼き”の店として様々なメディアにも取り上げられている。その『大木屋』が初のカフェ業態『IRON PLATE CAFE Sapling』(サップリング)を渋谷にオープン。早くもグルメ通の間で話題になっている。

“大木”の名前の通り、店内は木を基調としたウッディーな空間。カフェが好きな女性だけではなく、男性にも楽しんでもらえる大人の落ち着いた雰囲気が演出されている。

パン、具材すべてにこだわったバーガーが大人気

メインメニューは、『サップリング』でしか味わえない、オリジナルフレンチトーストを使ったハンバーガーだ。自家製のバンズであるフレンチトーストと、パティはすべてカウンターの鉄板で焼いて供されるのも、もんじゃ・鉄板焼きの『大木屋』が得意とする調理法である。

『大木屋』らしいステーキやメンチカツを挟んで提供する、豪快な食事系の「フレンチバーガー」と、フルーツやクリームを挟むスイーツ系の「フレンチバーガー」の2つの種類を用意する。

フレンチバーガーに使用するバンズは、約1年かけてフレンチトーストに合う配合を作り出し、スーパーフード「アマランサス」を加えて焼き上げた『サップリング』自家製のもの。肉を挟んで食す“食事系のバーガー”と“スイーツバーガー”では、バンズをアパレイユに染み込ませる時間を変えている。時間を変えることで味、食感をよりベストな状態で提供することができるからだ。

具材の肉は、『大木屋』の「肉のエアーズロック」でも使用しているオーストラリア産のグレインフェッド・ビーフの最高等級ロンググレインのリブロースを使用。そのため赤身が多いが、サシも程よく入っており柔らかい食感の肉質を実現。塩と胡椒で下味をつけたリブロースを、『大木屋』得意の鉄板で焼き色がつくまで程よく焼き上げる。

ボリューム満点!ステーキを挟み込んだ食事系のフレンチバーガー

おすすめは「フレンチステーキバーガー・プレーン」(写真上)だ。フレンチトーストには、はみ出るまでに豪快なリブロースステーキとレタス、オニオン、トマト、半熟目玉焼きがサンドされている。

もちもち感があり甘さ控えめのフレンチトーストとジューシーなステーキは相性抜群。オージービーフ特有のしっかりした噛みごたえも感じられ、適度な脂がのっているのでやわらかく、お肉本来の味わいとうまみを十分に味わえる一品だ。

リブロースステーキをソースで味付けした「フレンチステーキバーガー・大木屋ソース」(写真上)もおすすめの一つ。軽く甘みが感じられるフレンチトーストに『大木屋』自慢のソースで焼かれたステーキと食べると、甘じょっぱい新感覚のテイストを感じることができる。

ケーキを手づかみで食べてみませんか? スイーツ系フレンチバーガーは、カスタード・ティラミス・抹茶の3種類

スイーツ系フレンチバーガーでおすすめなのは「フレンチティラミスバーガー」(写真上)だ。ココアパウダーをたっぷりまぶしたフレンチトーストには、フロマージュブラン、クリームチーズ、メレンゲ、マスカルポーネチーズを混ぜ合わせて凍らせた特製クリームが挟んである。4種類から選べる自家製ジャムはブルーベリーをチョイス。ほろ苦いココアパウダーのフレンチトーストと冷たいチーズクリームで、ティラミスの味を楽しめる。

すべてのスイーツメニューに+50円で生クリーム・メープルシロップ・チョコソースをトッピングすることも可能。自分だけの組み合わせを見つけて味わってみたい。

「ケーキを手づかみで食べてみませんか?」をコンセプトにしている『サップリング』の店内にはバーガー袋が設置されている。フレンチバーガーは、ナイフとフォークではなく手づかみで豪快に食べてほしい。

フレンチバーガーに合う岩手のくずまき高原牛乳で作ったカフェオレ

ドリンクにもこだわっている。コーヒーはオーナーの大木康弘さんが自ら選出した珈琲店『ミカフェート』が『サップリング』のためだけに焙煎する豆を使用。「カフェオレ」に使用する岩手の「くずまき高原牛乳」も大木さんが選んだこだわりの牛乳だ。

75℃15分間殺菌、乳内の脂肪球を壊さないノンホモジナイズド製法により製造されるため、生乳本来の風味がより感じられる「くずまき高原牛乳」は、世界最高品質のコーヒーを追求する『ミカフェート』の豆と相性抜群である。

「フレンチバーガーはパンがよすぎても肉がよすぎても一つのメニューとして成り立たない。それぞれの素材がバランスよく生かされることがとても大切。『サップリング』では他では味わえないメニューを提供していきたい」と大木さんは語る。

なお今後は、肉バルとしてディナーのメニューも豊富にそろえて、肉をつまみにアルコールを楽しめる空間づくりを展開していくそう。「夜のバルメニューで提供する肉やソーセージなどの具材をお好みで自家製のパン・フレンチトーストに挟んで召し上がって頂くのをオススメしております」(大木さん)

『大木屋』で培った鉄板焼きのノウハウを生かした新しいコンセプトの『サップリング』。このお店でしか出逢えないフレンチバーガーを豪快に味わってみてほしい。

【メニュー】
フレンチステーキバーガー・プレーン 1,380円
フレンチステーキバーガー・大木屋ソース 1,480円
フレンチティラミスバーガー・自家製ジャム(ブルーベリー) 1,200円
カフェオレ(くずまき高原牛乳使用) 650円
※価格は税込

IRON PLATE CAFE Sapling(アイアン プレート カフェ サップリング)

住所
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-17-2 DIX神南1-2F
電話番号
03-6455-1343
営業時間
月~土 11:30~22:30 (LO.22:00)、日・祝 11:30~21:30 (LO.21:00)
定休日
不定休
公式サイト
http://sapling-cafe.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

ニューヨーカーが愛した、ステーキの王様『エンパイア ステーキハウス』が日本初上陸!
ニューヨーカーが愛した、ステーキの王様『エンパイア ステーキハウス』が日本初上陸!

1.ニューヨーク・マンハッタンで人気を博しているステーキハウスが六本木に日本初上陸! 2.USDA(アメリカ農務省)格付け最高位の「プライムグレード」のブラックアンガスビーフを自家熟成したステーキを提供 3.1,000本以上の世界中のワインやカクテルをステーキと楽しめる

つくし家
ライター
新宿三丁目に潜んでいた肉の超名峰! ハンバーガーか?ステーキか?の誘惑に悩む
新宿三丁目に潜んでいた肉の超名峰! ハンバーガーか?ステーキか?の誘惑に悩む

【連載】肉の兵法 第七回  肉に向かうときに雑になってはならぬ。どこでどんな肉を食べるのか、組み立てるのが大人のたしなみであり、男の作法。「大人の肉ドリル」著者である松浦達也氏が旨い店の肉をさらに旨く食べるための作法を解説する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト
“一人焼肉の聖地”高円寺で出逢った、肉汁あふれる塊肉がうまい『肉山』ゆかりの焼肉の新名店!

【連載】肉の兵法 第十五回  肉に向かうときに雑になってはならぬ。どこでどんな肉を食べるのか、組み立てるのが大人のたしなみであり、男の作法。「大人の肉ドリル」著者である松浦達也氏がうまい店の肉をさらにうまく食べるための作法を解説する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト