まるで食パンなクッキーが可愛すぎ! 意外と簡単に作れる「食パン型クッキー」の基本レシピとアレンジ3選

2017年05月13日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • スイーツ
  • 手土産
まるで食パンなクッキーが可愛すぎ! 意外と簡単に作れる「食パン型クッキー」の基本レシピとアレンジ3選
Summary
1.ギフトにぴったり! 「食パン風クッキー」の作り方
2.生地を2種類作って合わせるだけでベースの「食パン」は完成
3.バリエーション豊かなトッピングアレンジのレシピも紹介

ひと工夫でいつものクッキーが大変身!

焼き菓子の中でも、とくに手軽に作れる「クッキー」。
使い慣れた型抜きで作るのもよいが、ちょっとしたひと手間を加えるだけで、プレゼントにもぴったりなおしゃれなクッキーに変身させることができる!

今回は、とっても簡単なのにフォトジェニックに仕上がる「食パンクッキー」の作り方をご紹介!
ベースの食パンクッキーをたくさん作れば、上にのせるトッピングを変えるだけでバリエーション豊かなクッキーセットが完成。

サクサクと軽い食感のクッキーは、「金太郎飴」式で作るアイスボックスクッキーなので、作る作業もまた楽しい。それではさっそくレシピを見ていこう!

1.基本の「食パンクッキー」の作り方

まずはベースとなる「食パンクッキー」作りから!
工程はとっても簡単。棒状にしたプレーン生地のまわりに、薄く伸ばしたココア生地を巻きつけてカットしていくだけ。白と茶色の境目くっきり、どこから見ても「食パン」な可愛らしいクッキーの完成だ!

■材料(作りやすい分量:約30枚分)

・薄力粉 … 170g
・砂糖 … 60g
・バター … 100g
・卵黄 … 1個
・ココアパウダー … 小さじ1/2

■作り方(調理時間:50分 ※生地を冷やす時間を除く)

① ボウルに室温に戻したバター、砂糖を入れ、なめらかになるまですり混ぜる。

② 卵黄を加えて混ぜ、薄力粉をふるって加え、ヘラで混ぜ合わせる。

③ 手でひとつにまとめたら、1/4の生地を取り出し、ココアパウダーを加えて色を付ける。

④ 白い生地を20cmほどの長方形の棒状にし、茶色の生地は白い生地の幅に合わせて薄く伸ばす。

⑤ 白い生地に茶色の生地を巻く。

⑥ ラップで巻き、食パンの形になるように菜箸を使ってくぼみを付ける。

⑦30分ほど冷凍庫で冷やし、5mm幅に切る。

⑧ オーブンシートを敷いた天板に並べ、170度で予熱したオーブンで20分ほど焼けば完成。

ベースの食パンクッキーができたら、さっそくトッピング!
具材をのせるだけで、雰囲気がぐんとアップするので、変化を楽しみながら作ってほしい。

2.これぞフォトジェニック! ぷるんとした卵がかわいい「目玉焼きトーストクッキー」アレンジ

卵の黄身がなんともかわいらしい、「目玉焼きトースト」風の食パンクッキー。
目玉焼きの白身はアイシング、黄身はマーブルチョコなのでとっても簡単! 目玉焼きのぷるんとした質感が見事に再現されている。
白身を作るとき、カタチを揃えずにあえていろいろなバリエーションの目玉焼きにしておくと、並べたときに可愛く仕上がるのでオススメ!

■材料(作りやすい分量)

・食パンクッキー(8〜10枚)
・[A]粉砂糖 … 50g
・[A]卵白 … 7g
・[A]レモン汁 … 少々
・マーブルチョコ(黄色) … 10個

■作り方(調理時間:10分)

① ボウルにAを混ぜ合わせる。

② クッキーに、スプーンで①を塗って白身を描き、マーブルチョコを乗せる。

3.ピスタチオがちょっぴり大人味! サクサクあま〜い「チョコトーストクッキー」アレンジ

チョコスプレッドを塗ってピスタチオをトッピングした、落ち着いた色味が印象的な「チョコトースト」アレンジ。
チョコとピスタチオの食感が、サクサクのクッキーと相性ぴったり。子どもから大人まで楽しめる、甘さも食感もバランスの良い仕上がり。

■材料(作りやすい分量)

・食パンクッキー(8〜10枚)
・チョコレート … 40g
・ピスタチオ … 5g

■作り方(調理時間:10分 ※冷やす時間を除く)

① チョコレートは湯せんで溶かし、ピスタチオは細かく砕く。

② クッキーにチョコレートを塗り、ピスタチオをトッピングする。

4.イチゴジャムで簡単! 甘酸っぱさがクセになる「ジャムチーズトーストクッキー」アレンジ

チーズトーストにジャムを塗った「ジャムチーズトースト」もクッキーで再現。
ホワイトチョコで作ったスライスチーズは、溶け具合もチーズそっくり! イチゴジャムもいろいろなかけ方をして遊んでみても楽しい。ホワイトチョコとイチゴジャムの組み合わせで、甘酸っぱく爽やかな味わいに。

■材料(作りやすい分量)

・食パンクッキー(8〜10枚)
・ホワイトチョコレート … 40g
・[A]粉砂糖 … 20g
・[A]イチゴジャム … 5g

■作り方(調理時間:15分 ※冷やす時間を除く)

① ホワイトチョコレートは湯せんで溶かす。Aは混ぜ合わせておく。

② クッキーにホワイトチョコレートを四角く塗り、固まったらイチゴジャムアイシングを爪楊枝を使って描く。

プレゼントされたら絶対うれしい! 手土産や母の日ギフトにいかが?

一見むずかしそうなアイシングでのトッピングも、スプーンや爪楊枝など身近な道具で作ることができるので実はとっても簡単! チョコレートも溶かすだけなので、アイシング初心者でも簡単に作ることができる。
ちょっとしたプレゼントにもぴったりな食パン風クッキー。さっそく時間のある休日に挑戦してみては?




<レシピ作者プロフィール>
鈴木麻友子
フードコーディネーター。
1987年生まれ。
桑沢デザイン研究所卒業後、インテリアショップでディスプレイなどを担当。祐成クッキングアートセミナーで学び、フードコーディネート、スタイリングをしながら日々活動中。
HP : http://www.suzuki-mayuco.com/
Blog :http://ameblo.jp/5050kamui
Instagram:http://instagram.com/mayu_uco
(メニュー監修・編集:フードクリエイティブファクトリー)

関連記事

「焼かないクッキー」が話題! 禁断の味が食べられるとスイーツ好きが大行列する店『ドゥ』
「焼かないクッキー」が話題! 禁断の味が食べられるとスイーツ好きが大行列する店『ドゥ』

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
インスタグラムで大反響! ミルクシェイクのために3時間も行列する店がNYで話題
インスタグラムで大反響! ミルクシェイクのために3時間も行列する店がNYで話題

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家