グルメな人がもらって喜ぶ「ワンランク上の調味料」はこれ! 手土産にオススメの絶品調味料4選

【連載】手土産選びに迷ったら、手土産のプロ・現役秘書に聞くのが正解! 接待の手土産にもオススメできる、クオリティの高い商品だけを厳選してピックアップ。今回は、グルメな人にも自信を持って贈れる、実用性バツグンの絶品調味料情報をお届けします。

2017年05月26日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • ショップ・お取り寄せ
  • まとめ
  • 秘書
  • 手土産
  • 調味料
グルメな人がもらって喜ぶ「ワンランク上の調味料」はこれ! 手土産にオススメの絶品調味料4選

グルメな友人へのギフトや手土産を選ぶのは、誰でもプレッシャーを感じるもの。なぜなら、自分のグルメレベルとセンスが問われている気がするから。無難なものをチョイスするのは気が引けるし、そうはいってもどんな判断基準で選べば満足してもらえるのかもわからない…。

そんなときには、手土産選びのプロである「秘書」が選ぶ手土産を参考にするのが正解! 日常的に、取引先の役員クラスへの手土産選びをしている秘書のチョイスであれば、センスもクオリティもお墨付きだ。

そんな秘書たちにグルメな人に選ぶ手土産を聞いてみると、意見が多かったのが「ちょっと良い調味料」。
実用性と高級感を兼ね備えたワンランク上の調味料は、「自分では買わないけれど、もらうと便利だからうれしい」、ギフトとしてはうってつけのテーマ。
グルメな友人にも自信を持ってプレゼントできる調味料のラインナップを、さっそくチェックしていこう。

1.まるでジャムみたい! おしゃれなボトルが目を引く「3種の柚子こしょうセット」

『みふく庵』は、柚子こしょうをつくり始めて50余年の実績を持つ『川原食品株式会社』が、伝統と品格を継承しつつその魅力を世界へ発信しているブランド。
「柚子こしょう 彩りセット」は、青い柚子皮と青唐辛子でできた「PASTE青」、黄色く熟した柚子皮を使った「PASTE黄」、赤く熟した赤唐辛子を使った「PASTE赤」の3種類がセットに。和洋問わずさまざまな料理に使えるだけでなく、ボトルのおしゃれさもポイントが高い。料理好きの方に贈れば、喜ばれること間違いなし!

<現役秘書の声>
「見た目がお洒落で、目を引きます。洋風な見た目に対して柚子こしょうというのが意外性もあり良いと思います。色の違いだけでなく、それぞれの味の個性、香りも良かったので、ちょっとした手土産に良いと思います。(情報通信・IT 秘書歴9年)」

「一見するとジャムやスイーツのようでとても素敵です。和洋菓子ばかりになりがちな手土産ですが、調味料は食品よりもお渡ししやすく重宝します。上品なパッケージ、間違いないお味、ご家庭のある方にはとても喜ばれると思います。(サービス業 秘書歴5年)」


<商品詳細情報はこちら>
「柚子こしょう 彩りセット」
肥前みふく庵
https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00000341/
柚子こしょう(PASTE青)45g、柚子こしょう(PASTE黄)45g、柚子こしょう(PASTE赤)45g 2,592円(税込)

2.女性からの人気が絶大! 「国産オリーブオイルと本格バルサミコ酢のセット」

香り高く味わい深いオリーブオイルと、伝統製法により木樽で8年以上熟成させたイタリア産の本格バルサミコ酢の特別セット。
オリーブオイルは熊本県天草市の農園で収穫されたオリーブを24時間以内に搾油したものと、本場イタリア産のエクストラバージンオリーブオイルをブレンドしたこだわりの一品。レシピブック付きなので、料理をがんばりたい新婚家庭への手土産にも最適。テーブルをスタイリッシュに演出するデザイン性の高いボトルも◎。

<現役秘書の声>
「日本で採れたオリーブオイルを食べたことがなかったので感動しました。お酢やオリーブオイルは女性から絶大な人気がありますし、パッケージも高級感があり、味もひと口で高級とわかる味でした。オリーブ畑を思い出させる素晴らしい香り! グルメな人達に好まれそうです。(金融・証券・保険業 秘書歴20年)」

「外国のお客様にも喜ばれる商品です。バルサミコは奥深い味で、色々な物にかけてみたいです。高級感とオシャレ感、天草のブランド名もあり、頂いたら嬉しいと思います。ボトルも味も大変素敵なお品で、特別なお客様向けにはバッチリのお品です。(サービス業 秘書歴10年)」


<商品詳細情報はこちら>
「天草スペシャルブレンドオリーブオイル&バルサミコセット」
天草オリーブ園 AVILO
https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00000281/
天草スペシャルブレンドオリーブオイル(150ml)、バルサミコ酢(100ml) 8,000円(税抜)

3.ご飯や料理に彩りと香りを添える専門店の「薬味セット」は高級感あふれる桐箱入り

鎌倉に店を構える薬味専門店『arbre noir YAKUMI(アルブル ノワール ヤクミ)』が素材の色、香り、風味にこだわってつくり上げた薬味のセット。
柚子胡椒、にんにく胡椒、ねぎ胡椒のほか、山椒の香りが口いっぱいに広がる実山椒佃煮、最高級品である丹波の実山椒を使った実山椒青煮、丹波産のしシソの実の食感と香りを楽しめるシソの実と、6種類の中から5つをセレクトできる。グルメな人へはもちろん、ご飯にトッピングするだけでもそのおいしさを楽しめるので、単身者や年配の方にもおすすめ。高級感あふれる桐箱入りなのも好印象。


<現役秘書の声>
「グルメな方に差し上げるのに適しています。ご家庭にお持ち帰りいただける、会食のお土産に良さそうです。白飯のお供として、料理好きの男性や、お酒のおつまみとして、年配の方にも喜ばれそうです。(東京都情報通信・IT 秘書歴11年8カ月)」

「佃煮などをお土産で渡すことはあっても、薬味はなかったので、いろいろもらい慣れている方にも喜んでいただけそうな詰め合わせ内容です。単身者にもお渡ししやすく、ちょうど良いサイズですね。(東京都電気・ガス 秘書歴4年1カ月)」


<商品詳細情報はこちら>
「薬味 桐箱詰め合わせ(5本)」
arbre noir YAKUMI
https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00000153/
5本入り 4,948円(税込)

4.生味噌ならではの香りが絶品! 創業260年、味噌一筋の老舗蔵元が手掛ける「高級生味噌セット」

創業の宝暦元(1751)年から熊本の地で約260年間、味噌を造り続けている老舗の蔵元『山内本店』。
「特別仕込 薫醸」は長年培ってきた醸造技術と、平成7年度「現代の名工」認定者・永田富浩氏の経験と業が織り成すこだわりの味噌。1粒1粒大豆の皮を剥く特別工程を行い、80kgの桶に少量ずつ仕込みを行うことで雑味がなくまろやかな口当たりに。生味噌ならではの香りも絶品なので、味の違いがわかる舌の肥えた方に贈りたい。

<現役秘書の声>
「こだわりの味に有名な方の手がけたものという特別感もいいですね。この高級感をおわかり頂ける方に特別な贈り物として自分のひきだしに入れておきたいです。(運輸 秘書歴15年)」

「おいしい味噌の手土産は案外いいかもしれません。単身でも家族でも喜ばれそうです。これほどの名工は他にはいないでしょうし、お酒をたしなむ人は、味噌汁などの汁物が好きな場合が多いので喜ばれそうです。(製造業 秘書歴7年1カ月)」


<商品詳細情報はこちら>
「特別仕込 薫醸」
山内本店
https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00000425/
薫醸300g×2個入 5,000円(税抜)

料理に添えたり、かけたりするだけで、いつもの料理がぐっとおいしくなるこだわりの調味料。「食」の楽しみを広げる商品は、グルメな人の心を掴むこと間違いなしだ。

味はもちろんのこと、ボトルや缶のデザインもおしゃれなものばかり。テーブルをスタイリッシュに彩るアイテムとしても好印象だ。
ちょっと贅沢な調味料を贈って、グルメな友人を唸らせてみてはいかが?



【データ提供元】
~約33,000人の秘書室会員が集うネットワーク~
「こちら秘書室」
接待・会食などの大切なビジネスシーンにぜひご活用ください。

【書籍発売のお知らせ】
現役秘書のみなさまが選んだ手土産の決定版
『「こちら秘書室」公認 接待の手土産 2017-2018 (日経ムック)』
が、全国の書店・オンライン書店にて発売中です!

関連記事

今すぐ予約を!世界の美食家が注目する『プジョル』が、期間限定ポップアップレストランとして日本初上陸
今すぐ予約を!世界の美食家が注目する『プジョル』が、期間限定ポップアップレストランとして日本初上陸

1.メキシコで最も影響力のあるシェフ、エンリケ・オルベラ氏がポップアップレストランを4夜限定で開催 2.世界の美食家が注目する『プジョル』のモダンメキシカンを東京で堪能できる 3.開催場所は数々のコラボイベントを実現してきた、食の殿堂「マンダリン オリエンタル 東京」

dressing編集部

今しか食べれられない「限定メニュー」に注目! 『渋谷ヒカリエ』で「プレミアムグルメマーケット」が開催
今しか食べれられない「限定メニュー」に注目! 『渋谷ヒカリエ』で「プレミアムグルメマーケット」が開催

1.2018年4月26日で開業6周年を迎える「渋谷ヒカリエ」で「プレミアムグルメマーケット」が開催 2.ヒカリエ内の飲食店・全28店が自信を持って提供する、期間限定のメニューに注目 3.選りすぐりの「調味料」や「名菓」など、手土産の販売も見逃せない!

dressing編集部