わずか40分で売り切れも! 新宿ゴールデン街なのに昼しか営業しない「超人気カレー店」

2017年09月05日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 新宿
  • カレー
  • ランチ
  • 東京
わずか40分で売り切れも! 新宿ゴールデン街なのに昼しか営業しない「超人気カレー店」
Summary
1.新宿ゴールデン街に昼間だけのカレー店が続々とオープンしている
2.『サンラサー』は火曜~金曜のランチだけ営業し、1日20食限定
3.女性店主の作るカレーは優しい味わいで、まさにおふくろの味!

新宿ゴールデン街に、昼間だけ営業するカレー店が続々とオープンしている。2016年秋に『エピタフカレー』がオープンしたのを筆頭に、2017年2月はさらにもう1店がオープンした。それが『サンラサー』だ。

火~金曜日の昼間だけ営業するカレー店『サンラサー』

『サンラサー』は、あかるい花園5番街に位置する『BAR MIKI』の昼の部として火~金曜日だけ営業している。始めた当初はカレー専門店ではなく、曜日ごとにメニューが異なり、カオマンガイなどのエスニック料理も提供していた。しかし“カレーの日”である毎週木曜日だけ異常に混雑したことから、常連さんに説得されるかたちでカレー専門店になった。

メニューは日替わりで、1日限定20食。そのうち10食分まで予約が可能だ。予約方法は、『サンラサー』のインスタグラムかFacebookページをフォローし、そこから前日14時~当日11時までにメッセージを送ること。ほぼ毎日、予約が埋まっているため、予約をしていない場合は開店時間すぐに訪問するのがおすすめだ。

ほぼ13時頃には完売し、過去最速では11時40分に売り切れたそうだ。ちなみに、メニューが日替わりの理由は、「カレーの食べ歩きをしているカレー通のお客さんにもおもしろがってもらいたいから」だそうだ。

“遊び心”が詰まった日替わりカレー

この日、提供していたのは「チキンの白いカレー(チキン・シャージャ・ハーニー)」と「スリランカのポークカレー」。1種盛り(ワンプレート)、もしくは、合いがけを選べるが、人気なのは合いがけスタイル。

その他に「玉ねぎのアチャール」と「マンゴーとパイナップルのドレッシングのサラダ」が盛られている。食後にはセルフサービスで、コーヒーとお菓子がついてくる。

「チキンの白いカレー」(写真上)の白色の正体は、生クリーム。玉ネギに色がつかないように炒めてから、コリアンダーとレッドペッパー、鶏肉を加えて、これらがうまく絡まったら、生クリームと水で煮込む。

元々はインドの宮廷料理として知られるカレーで、どことなくグラタンのソースのようなリッチさとまろやかさがある。

煮込む時間をケチらない「絶品カレー」に舌鼓!

「スリランカのポークカレー」の作り方は、スリランカのスパイス(現地ではゴラカの木の果実といった認識らしい)であるゴラカのペーストにスリランカのミックススパイスである「トゥナパハ」などを豚肉にまぶしておき、ココナッツオイルで炒めた玉ネギやショウガ、ニンニク、青唐辛子と合わせてじっくり煮込むという。ゴラカの酸味がきいたカレーだ。

「おいしく作るポイントは、煮込む時間をケチらないこと!」と、店主の有澤まり子さんは話す。メニューはレシピに忠実に作ることもあれば、感覚で作ることもあるそうだ。

またカレーとは別に、南インドの漬物「ウールガイ」(写真上)も注文できる。この日は、「ズッキーニのウールガイ」を提供していた。

研究家の元で修業を積んだ、まさに、みんなのお母さん!

実は有澤さんは、カレー界では有名なインド・スリランカ料理研究家の香取薫さんの元で、3年ほど修業していた経歴を持つ。最初は「教える仕事がしたい」と思い、香取さんが経営する料理教室で講師になることを目指していたそうだ。

けれども、ひょんなことから『BAR MIKI』のオーナー・ミキさんと出逢い、意気投合。そして1カ月後には、『BAR MIKI』の昼の部として『サンラサー』をオープンすることになった。

さらに有澤さんは、某ファストフード店で約20年も働いていた経歴も持つ。マネージャーまで昇進したというから、オペレーションの効率化について考えるのはプロ中のプロ。だから『サンラサー』でもワンオペにもかかわらず、盛り付けから提供までの時間が早い。

しかも『サンラサー』を始めて数カ月間は、そのファストフード店との仕事を掛け持ちしていたという。アグレッシブな有澤さんの人柄も、人気の理由のひとつだろう。パワフルな人だが、提供するカレーは“おふくろの味”と言っていいほど、やさしい味わいだ。

▲『サンラサー』店主の有澤さん

「カレーを食べたお客さんが『午後もがんばるぞ!』と思ってもらえれば、私も何かに役立てているのかも。昼飯は私に任せておけ!」と有澤さん。疲れたら『サンラサー』のカレーが食べたくなる。そんなエネルギーチャージができるカレー店だが、10月からは新たな展開があるとのこと。今後も楽しみなお店だ。

【メニュー】
日替わりワンプレート 900円
日替わりあいがけ 1,200~1,300円
ウールガイ +200~300円
※価格は税込

サンラサー

住所
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-1-6 BAR MIKI
営業時間
11:00~14:00(※無くなり次第終了)
定休日
月曜・土曜・日曜
公式サイト
https://www.facebook.com/sanrasa.goldentown/?fref=ts

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。