材料は「水とアーモンド」だけ! 実は簡単に作れる「アーモンドミルク」の基本レシピとオススメ活用術

2017年10月05日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • スイーツ
  • 調味料
  • 朝食
  • ヘルシー
材料は「水とアーモンド」だけ! 実は簡単に作れる「アーモンドミルク」の基本レシピとオススメ活用術
Summary
1.これぞ正真正銘! 砂糖不使用の「アーモンドミルク」の基本の作り方
2.材料は「水」と「アーモンド」だけ!
3.自家製アーモンドミルクを使った「ヘルシースイーツレシピ」も必見

子どもの頃から習慣的に飲んでいる人も多い「牛乳」。
でも、乳糖不耐症やアレルギーなどの理由で牛乳を控えている人たちの中では、豆乳やココナッツミルクなど、“植物性のミルク”への関心が高くなっている。

そんな背景から、一躍脚光を浴びることになったのが「アーモンドミルク」。
事実、アーモンドには肌や髪の健康維持に貢献するビタミンB2や亜鉛、抗酸化作用があるとされるビタミンE、便秘がちな腸に働きかける食物繊維などなど、美容効果が期待されている栄養素が含まれている。
だからこそ積極的に取り入れたいドリンクなのだが、スーパーやコンビニで買えるアーモンドミルクのほとんどには砂糖が添加されており、砂糖を控えたい人にとっては少し気が引ける。

そこでオススメしたいのが、アーモンドミルクを手作りすること。
使用する材料は、水とアーモンドの2つだけ。アーモンドを水に漬け込み、ペースト状に撹拌(かくはん)してから絞るだけで、簡単に完成してしまう。

今回は、基本的なアーモンドミルクの作り方と、オススメのアレンジレシピを紹介する。

■「アーモンドミルク」の基本の作り方

アーモンド以外の材料は水だけだが、必ず、浸水用と飲料用の2つに分けて作ることがポイント。浸水用の水をそのまま飲料用に使ってしまうと、味が悪くなるだけでなく、浸水させたアーモンドから消化を阻害する成分が溶け出してしまうためだ。

それ以外は、特に難しいポイントはなし。ミキサーさえあれば簡単に作れるので、さっそく試してみよう。

■材料 (作りやすい分量)

<材料>
・アーモンド(無塩ロースト) … 250g
・水(浸水用に使う) … 800ml
・水(飲料用に使う)… 600ml

<道具>
・ボウル
・ザル
・ミキサー
・食品用さらし(チーズクロス、ナッツバッグでも可)

■作り方 (調理時間:10分 ※漬け込み時間除く)

① アーモンドと浸水用の水をボウルに入れてラップし、ひと晩置く。(12時間以上)

(※ひと晩置くと、これくらい膨らみます)

② アーモンドをザルに取り出し水洗いする。(浸水用の水は捨てる。)

③ ミキサーに飲料用の水と②のアーモンドを入れ、なめらかになるよう撹拌する。

④ ボウルにさらしを置き、③をそそいで濾す。

※クッキングペーパーはNG。さらしやチーズクロス、ナッツバッグなどが好ましい。
※自然に落ちるまで放置して濾す。手で絞ると、苦味やエグミの原因となってしまう。

⑤ 煮沸消毒した密封容器に、④でとれたアーモンドミルクを入れて保存する。保存したものは1週間を目安に使い切るようにする。

とってもシンプルな工程で作ることができる「アーモンドミルク」。
そのまま飲むのはもちろん、いつもの朝食やデザートに活用すれば、さらにおいしくいただくことができる。

ここでは、オススメのスイーツアレンジも合わせて紹介しよう!

■もっちりヘルシー! アーモンドの芳ばしい風味が楽しめる「アーモンドミルクパンケーキ」

朝食やおやつに大人気のパンケーキも、アーモンドミルクを活用すればヘルシーに食べることができる。

使用する材料は、卵以外はすべて植物性のみ。
パンケーキ生地には牛乳を使うのが一般的だが、ここではアーモンドミルクと豆乳で代用。焼き上げる際にも、バターではなくココナッツオイルを使っている。さらには、白砂糖ではなくきび砂糖を使うのも、よりヘルシーに仕上げるための大事なポイントだ。

仕上げに砕いたアーモンドをふりかけることで、より香り高いアーモンドの風味を楽しむことができる。

■材料(4枚分)

・卵 … 1個
・きび砂糖 … 30g
・無調整豆乳 … 50ml 
・自家製アーモンドミルク … 150ml 
・薄力粉 … 200g
・ベーキングパウダー … 6g
・ココナッツオイル … 10g 
・メープルシロップ … 適量
・砕いたアーモンド … 適量

■作り方(調理時間:20分)

① ボウルに卵を割り入れ、きび砂糖を加えて泡立て器で混ぜる。

② 無調整豆乳、自家製アーモンドミルクを加えてよく混ぜる。

③ 薄力粉、ベーキングパウダーを加えゴムベラでさっくりと混ぜる。

④ フライパンを弱火で熱し、ココナッツオイルを入れて熱し、③を1/4量入れて焼く。

⑤ 表面にフツフツと気泡が出てきたら、上下をひっくり返し、裏面がキツネ色になるまで焼く。

⑥ 残り3枚分を同様に焼き、お好みでメープルシロップ、砕いたアーモンドをのせて完成。

■生クリーム不要なのにおいしい!「さつまいもとアーモンドミルクの濃厚アイスクリーム」

コンビニなどでも気軽に買えるので、忙しい毎日のご褒美スイーツにぴったりなアイスクリーム。とはいえ、ダイエット中に食べるのは少し気が引けてしまう。

そこでオススメなのが、自家製アーモンドミルクを使ったヘルシーなアイスクリーム! 白砂糖の代わりに、サツマイモとハチミツの自然な甘さを活かし、さらにアクセントとして練りゴマを入れるのがおいしさのポイントだ。
このアイスなら、罪悪感なくデザートタイムを楽しめそう!

■材料(2人分)

・サツマイモ … 100g
・練り白ゴマ … 大さじ2
・はちみつ … 大さじ2
・アーモンドミルク … 400ml
・バニラエッセンス … 3滴 

■作り方(調理時間:30分 ※冷凍時間は除く)

① サツマイモは皮を剥き、ひと口大の大きさに切る。耐熱容器に入れてラップをし、600Wの電子レンジで5分加熱する。

② ①に練り白ゴマ、ハチミツ、自家製アーモンドミルクとバニラエッセンスを加えてミキサーにかけなめらかにする。

③ バットに入れて冷凍庫で1時間おきに混ぜながら凍らせる。 




自宅で簡単に作ることができる、自家製アーモンドミルクのレシピを紹介した。
自家製したアーモンドミルクは香り豊かで、さまざまな料理に活用することができる。高い美容効果も期待されているので、健康面だけでなく、美容やダイエットに気を使う方にもぜひ活用してほしい。




【レシピ作者プロフィール】
フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/