パンが余ったら「自家製ラスク」にするのがオススメ! ひと手間でカリッとおいしい、絶品ラスクレシピ3選

2017年10月28日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • パン
  • スイーツ
  • おつまみ
パンが余ったら「自家製ラスク」にするのがオススメ! ひと手間でカリッとおいしい、絶品ラスクレシピ3選
Summary
1.バゲットが余ったら「ラスク」を作るのがオススメ!
2.オーブンで焼き上げるだけだからとっても簡単
3.スイーツ系からおつまみ系まであるので、幅広いシーンで活用できる

■余ったバゲットで作れる「ラスク」の簡単レシピ

バゲットをまるまる1本買ったものの、中途半端に余らせてしまった経験がある人は多いはず。「切り分けてそのまま冷凍保存」というのもひとつの手だが、簡単に作れるラスクにアレンジすれば、余ったバゲットがおいしく生まれ変わる。

そこで今回は、バゲットで作れる簡単ラスクの作り方をご紹介。甘い味付けだけでなく、塩気の効いたおつまみアレンジも紹介するので、さまざまなシーンで活用すること間違いなし。さっそくレシピを見ていこう!

1.カリッと芳ばしい! 甘さとほろ苦さのバランスが絶妙な「フロランタンラスク」

まず始めに紹介するのは、こんがりした焼き目と芳ばしい香りが魅力の「フロランタンラスク」。キャラメリゼしたアーモンドスライスがほろ苦く、甘すぎないのでついつい手が進んでしまう。

“キャラメリゼ“というと手間がかかるイメージを持たれるかもしれないが、作り方はびっくりするほど簡単。材料もスーパーですぐに揃う身近なものばかりだ。
アーモンドスライスを一度オーブンでローストする工程があるが、それによって一層風味が濃くなるので、このひと手間は惜しまないようにしよう。

■材料(作りやすい分量)

・バゲット … 10cm
・[A]バター … 30g
・[A]グラニュー糖 … 10g
<フロランタンの材料>
・スライスアーモンド … 50g
・[B]バター … 30g
・[B]グラニュー糖 … 60g
・[B]生クリーム … 30ml
・[B]ハチミツ … 大さじ1

■作り方 (調理時間:30分)

① バゲットは1cmの厚さに切る。天板にクッキングシートを敷き、シート半分にバゲットをのせ、残り半分のスペースにスライスアーモンドを広げてのせる。150℃に予熱したオーブンの下段で10分焼く。

② 鍋を中火で熱し、Aを入れて溶かし、①のバゲットに塗る。

③ 鍋にBの材料を入れて中火にかけ、グツグツ泡が立ってきたら、①でローストしたアーモンドを入れて火を止める。

④ ①のバゲットに③をのせる。クッキングシートを敷いた天板にすべて並べ、170℃に予熱したオーブンで10分焼く。

2.ビターな甘さが魅力! オレンジピールとラム酒が香る「大人のチョコレートラスク」

ビターな味わいを楽しめる「チョコレートラスク」。ラム酒とオレンジピールを加えることによって、ほどよい酸味と甘い香りが大人な雰囲気を演出してくれる。

使用するチョコレートは、カカオ含有量が高めのものを選ぶとよりビターになるので、お好みの甘さに調整してみるのもオススメ。コーヒーや紅茶にはもちろん、ワインなどのお酒ともよく合うので、さまざまなシーンで活躍してくれる。

■材料(作りやすい分量)

・バゲット … 10cm
・チョコレート(カカオ55%以下のものがオススメ) … 100g
・オレンジピール … 15g
・牛乳 … 100ml
・ラム酒 … 小さじ2
・ココアパウダー … 適量

■作り方(調理時間:40分)

① バゲットは1cmの厚さに切り150℃に予熱したオーブンの下段で10分焼く。チョコレートは粗く刻む。オレンジピールは細かく刻む。

② 鍋に牛乳を入れ中火にかけ沸騰させないように温め、チョコレートを加えて溶かしたら、ラム酒を加える。

③ ①のバゲットを1枚ずつ②の鍋に入れてくぐらせ、クッキングシートを敷いた天板に並べる。

④ ③の上にオレンジピールを散らし、180℃に余熱したオーブンで20分焼く。

⑤ 焼きあがったら、すぐに天板からケーキクーラー(網台)に移して冷ます。

⑥ 冷めたらココアパウダーをふりかけ、皿に盛りつける。

3.こんがりジュワワ~! 濃厚なチーズの塩気とクミンの香りがおつまみに最適な「染みチーズラスク」

最後に紹介するのは、おつまみに最適な「染みチーズラスク」。クミンやニンニクなどのスパイスが、こんがりと焼かれた濃厚チーズと相性抜群だ。

ピザ用チーズに生クリームと白ワインを合わせてなめらかにするので、バケットにチーズがじんわりと染み込み、内側がジュワッと、外側はパリッとした食感のコントラストも楽しめる。
赤ワインにも白ワインにも合う洋風おつまみなので、ちょっとしたホームパーティにも持ってこいのアレンジだ。

■材料(作りやすい分量)

・バゲット. … 10cm
・ニンニク … 1かけ
・[A]パルメザンチーズ … 20g
・[A]クミンシード … 1.5g
・[B]ピザ用チーズ … 150g
・[B]白ワイン … 50ml
・[B]牛乳 … 50ml
・粗挽き黒コショウ … 適量

■作り方(調理時間:50分)

① バゲットは1cmの厚さに切り、150℃に予熱したオーブンの下段で10分焼く。ニンニクはすりおろす。Aを混ぜ合わせる。
 
② 鍋にBの材料を入れ中火でかき混ぜながら、滑らかになるまで混ぜ合わせ、①のニンニクを加える。

③ クッキングシートを敷いた天板の上にバゲットを置き、スプーンなどでチーズを染み込ませていく。

④ Aのパルメザンチーズをバゲットにふりかけ、180℃に余熱したオーブンで10分〜15分焼く。

余ったバゲットで簡単に作れる、絶品ラスクレシピを紹介した。朝食やティータイム、晩酌など、シーンを選ばずに楽しめるラスクは、作り方を覚えておけばさまざまなシーンで活躍してくれる。
季節問わず持ち運びしやすいので、ちょっとした手土産にも喜ばれること間違いなし。バゲットを買った際は、ぜひ試してみて!



【レシピ作者プロフィール】
レシピ制作:フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/

関連記事

ミラノで人気の「包み揚げピザ専門店」が代官山に上陸!ランチ・軽食にオススメの『イル パンツェロット』
ミラノで人気の「包み揚げピザ専門店」が代官山に上陸!ランチ・軽食にオススメの『イル パンツェロット』

1.イタリア・ミラノで人気の包み揚げピザ専門店『IL PANZEROTTO』が日本初上陸 2.「パンツェロット」はプーリア州の郷土料理で、今ではイタリア全土で親しまれている 3.代官山店では8種類のメニューを用意。テイクアウトもできるので様々なシーンで使える

dressing編集部