【ほっとする味】ほうじ茶アイスにほうじ茶チーズケーキなど、心和らぐ「ほうじ茶スイーツ」レシピ3選

2017年11月04日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • スイーツ
【ほっとする味】ほうじ茶アイスにほうじ茶チーズケーキなど、心和らぐ「ほうじ茶スイーツ」レシピ3選
Summary
1.自家製スイーツのアクセントに「ほうじ茶」を入れるのがオススメ!
2.チーズケーキやアイスなど、乳製品との相性が抜群
3.芳ばしい香りにはリラックス効果も! 心安らぐ「ほうじ茶スイーツ」の作り方3選

心がほっと落ち着く、芳ばしい香りが魅力の「ほうじ茶」。そもそもほうじ茶とは、煎茶や番茶、茎茶をさらに焙煎(ばいせん)したもの。あの芳ばしい香りは文字通り「焙じる(ほうじる)」ことから生まれるものだ。
煎る時間が長時間であるため、他のお茶に比べて低カフェインであり、あの独特の香りにはリラックス効果が期待できると言われている、まさにティータイムにぴったりの茶葉。

そんなほうじ茶は、スイーツ作りの材料に加えるだけで、芳醇な香りがふわっと広がる上品な味わいに仕上げてくれる。チーズやアイスクリームなど乳製品との相性がよく、アレンジのしやすさも魅力だ。

ひと口食べればハマってしまう和テイストなほうじ茶スイーツ、さっそくレシピを紹介していこう。

■濃厚チーズとほうじ茶の豊かな香りが相性抜群!「ほうじ茶レアチーズケーキ」

まずは手軽に作ることのできる「ほうじ茶レアチーズケーキ」の作り方をご紹介。香り付けに使用するのは、製菓用品店などで売られている「ほうじ茶パウダー」。
レアチーズケーキなので、「混ぜる」「冷やす」の簡単工程のみですぐに完成。濃厚なクリームチーズと、芳ばしいほうじ茶の香りとの相性の良さをぜひ体感してほしい。

■材料(直径18cmの底取れ型 1台分)

・ビスケット … 100g
・バター … 50g(溶かしたもの)
・クリームチーズ … 200g
・きび砂糖 … 50g
・生クリーム … 200ml
・レモン汁 … 大さじ1
・ほうじ茶パウダー … 7g
・粉ゼラチン … 7g
・水 … 大さじ3

■下準備

・クリームチーズは室温に戻す。

■作り方 (調理時間:15分 ※冷やし固める時間を除く)

① ビスケットを保存袋に入れて細かく砕き、溶かしバターを加えて混ぜる。ラップを敷いた型の底にぎゅっと押しながら敷き詰め、冷蔵庫で冷やしておく。

② ボウルにクリームチーズときび砂糖を入れ、泡立て器でなめらかになるまで混ぜる。そこに生クリーム、レモン汁、ほうじ茶パウダーを加えてよく混ぜ合わせる。

③ 別のボウルに水を入れ、粉ゼラチンを加えてふやかし、600Wの電子レンジで30秒加熱する。②に加えて手早く混ぜ合わせ、①の型に流し入れる。

④ 冷蔵庫で3時間冷やし固める。

■秋のデザートはこれで決まり! ゴロゴロ栗が贅沢な「栗とほうじ茶のガトー」

次に紹介するのは、秋の味覚・栗を使った焼き菓子の作り方。栗の素朴な甘さと、ほうじ茶のほろ苦い味わいの相性が抜群だ。ちなみに、使用する栗の渋皮煮は市販のものでOK。スーパーなどでも、瓶詰めやパウチで売られている。
ポイントはラム酒を入れること。ほうじ茶の芳醇な香りと苦みにラム酒の香りが合わさることで、味が締まってぐんと大人の味になる。

■材料(17cm×8cm×6cmのパウンドケーキ型 1台分)

・無塩バター … 100g
・きび砂糖 … 30g
・卵 … 2個
・牛乳 … 20ml
・[A]薄力粉 … 90g
・[A]ベーキングパウダー … 2g
・[A]アーモンドパウダー … 30g
・栗の渋皮煮 … 10個
・ハチミツ … 大さじ1
・ほうじ茶パウダー … 5g
・ラム酒 … 大さじ1

■下準備

・バター、卵、牛乳は室温に戻す。
・オーブンを170℃に予熱する。
・パウンド型にクッキングシートを敷く。

■作り方(調理時間:50分)

① バターをボウルに入れ、白っぽくふんわりするまで混ぜる。きび砂糖を3回に分けて加えながら、さらに混ぜ合わせる。

② 別のボウルに卵を溶きほぐし、牛乳、ハチミツを加え混ぜる。3回に分けて①に加え、その都度混ぜ合わせてなめらかにする。

③ ②にAをふるい入れ、ヘラで切るようにさっくりと混ぜる。

④ パウンド型に③を半量流し入れ、栗の渋皮煮を並べ、残りの半量を流し入れる。

⑤ 予熱したオーブンで35分焼き、粗熱が取れたら型からはずし、表面に刷毛でラム酒をぬる。

■芳醇な香りと濃厚ミルキーな味わいが絶妙!「ほうじ茶アイス」

最後に紹介するのは、芳ばしい香りが口いっぱいに広がる「ほうじ茶アイス」。
濃厚な自家製ミルクアイスにほうじ茶パウダーを加えることで、甘さの中にほどよい苦みがプラスされて、爽やかな味わいに仕上がる。甘い物が苦手な人でもおいしくいただけるので、老若男女問わず、幅広い方に気に入ってもらえるはず。

■材料(4人分)

・ほうじ茶パウダー … 大さじ2
・熱湯 … 大さじ3
・きび砂糖 … 50g
・卵 … 3個
・生クリーム … 200ml
・あずき缶 … 適量
・ほうじ茶パウダー … 適量(トッピング用)

■作り方(調理時間:15分 ※冷やし固める時間を除く)

① ほうじ茶パウダーに熱湯を加えてよく混ぜる。

② ボウルに卵を溶きほぐし、きび砂糖を半量加え、泡立て器で白っぽくもったりするまでよく混ぜ合わせる。

③ 水気や油分のついてない別のボウルに、生クリームと半量のきび砂糖を加え、泡立て器でツノが立つまで泡立てる。

④ ②に①を加えて混ぜる。さらに③を加えてゴムベラで切るように全体を混ぜる。

⑤ バットなどの容器に④を入れ冷凍庫で3時間冷やす。

⑥ 器に盛り付け、あずきをトッピングしてほうじ茶パウダーをふりかける。

ほうじ茶を使ったスイーツレシピを3つご紹介した。
定番スイーツにほうじ茶の芳ばしい香りと苦みを組み合わせることで、深まる秋にぴったりの大人な味わいが生まれる。いつものおやつにちょっと変化を付けたいときや、寒い日に家でほっとひと息つきたいとき、リラックス気分が楽しめるほうじ茶風味のスイーツがあれば、誰もがきっと癒やされるはず。




【レシピ作者プロフィール】
レシピ制作:フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/

関連記事

枝そっくりな料理はどんな味!? アーティスティックな皿に心が躍る北欧フレンチ『コフク』
枝そっくりな料理はどんな味!? アーティスティックな皿に心が躍る北欧フレンチ『コフク』

1.手間と時間をかけて作るパーツを組み合わせて構築した新しい料理に五感がフル稼働 2.日本の食材と最新の技術で創りだすアーティスティックな皿にあるのは驚きと楽しさとおいしさ 3.基礎から最先端のテクニックまで身につけた後にやっと見つけた“自分の目指す道”とは?

高橋綾子
フードパブリシスト