ご飯がもちもち! 有機米が驚くほどおいしい、米も具材もこだわり抜いた「有機米おむすび専門店」

2018年01月26日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • 自由が丘
  • 和食
  • カフェ
  • 専門店
ご飯がもちもち! 有機米が驚くほどおいしい、米も具材もこだわり抜いた「有機米おむすび専門店」
Summary
1.食材を厳選した最高のおむすびを供する「おむすび専門店」が自由が丘にオープン
2.多彩なサイドメニューに加えて、小豆を使った「甘味」と厳選された「お茶」が楽しめる「和カフェ」としても利用可能
3.おひとり様、ファミリー、グループなど様々なシーンに対応する使いやすい店内

高輪にあった人気店が、自由が丘でリニューアルオープン

今回紹介する『七むすび』は、感度の高い層が集まる、自由が丘駅徒歩8分の好立地に構える有機米のおむすび専門店だ。

もともとは品川高輪のエキチカ(駅地下)で営業していたお店だが、居心地の良い空間で商品を楽しんでほしいと、自由が丘でリニューアルオープンする形となった。

厳選食材を有機米で「むすぶ」贅沢な一品たち

『七むすび』のこだわりは、何と言っても厳選されつくした食材である。群馬県『古代米 浦部農園』の有機白米や有機古代米などを用いているが、その食感は一粒一粒がもちもちとしており、アミノ酸を豊富に含み健康的だ。

有明の一番海苔より上等という佐賀海苔は、競りで一年分を一括で確保するこだわりようだ。普段食べ慣れた海苔とは手触りから異なり、その上質な歯触り舌触りを存分に楽しむため、食べる直前に巻けるよう、個別包装され供される。

また、おむすびの具には、紀州勝浦の天然まぐろや北海道の昆布、和歌山・七代目『山利』のしらすなどを使用。高知の深層海洋水の塩が、それぞれの素材の個性を際立たせている。

古代赤米は「もちっ」「ぷちっ」とした食感が楽しめる逸品

おむすびは大きく「具入り」と「具なし」に分けられる。「具なし」のおむすびには海苔がつかず、シンプルにお米と塩の味わいを堪能できる。古代赤米は「もちっ」「ぷちっ」とした食感が楽しく、玄米は噛み締めるとお米そのものの滋味深さが口に広がる。

「具入り」のおむすびは、それぞれの素材と有機米がしっかりと調和し、一口ごとにほんわりと幸せな気分にさせてくれる。

また、イートイン・スペースにてゆったりと食事を楽しめるよう、具だくさんの「豚汁」やトロトロに煮込まれた「豚の角煮」、上品な風味の「出汁巻き卵」など、サイドメニューも非常に充実している。

さらに、甘味やお茶なども用意し「和カフェ」としても楽しめる。もちろん甘味についても食材にこだわり、たとえば「あんみつ」に使用するあんこは十勝産の小豆を同じく十勝産の甜菜糖で炊き上げている。しっとりとした舌触りのあんこは、上品な甘さが心地よく、寒天や白玉との相性も良い。一方、お茶は福岡の「有機八女茶」を使用。茶葉の旨味を存分に引き出した「有機八女茶」とともに、ゆったりとした午後の時間を過ごすのにぴったりだ。

若手デザイナーによるモダンなインテリアは居心地バツグン

一歩足を踏み入れると、店内正面の磨きこまれたショーケースが目に飛び込む。整然と並ぶおむすびを見ると、細部に至るまでこだわりを感じさせる。

オーダーを終え右手階段より二階へ上がると、ゆったりと食事が楽しめる席(21席)がある。白木材に囲まれた階段やモダンな家具は、若手デザイナーの意匠によるもの。

2階はカウンター席、5名までのグループが座れるテーブル席、陽光の入るベンチシート席と、三つのエリアに分かれている。

カウンター席は、一人客が落ち着いて食事ができるよう、背合わせになっている。

スタッフが席までサーブしてくれるため、料理を持ったまま階段を昇降する必要はない。食事処としても和カフェとしても、駅近でゆったり過ごせる穴場スポットだ。

おむすびで伝えたい、生産者の熱き想い

店長の米元さんによると、『七むすび』で最も大切にしていることは、素晴らしい食材を作っている生産者たちの熱き想いを、日本の誇るファストフード「おむすび」を通じてゲストに伝えていくことと語る。


「『七むすび』のスタッフたちが心を込めてつくったおむすびやお料理を、リラックスした環境でゲストに楽しんでもらう。そんな豊かな時間を求めるたくさんのゲストに来店してほしいですね。そして店舗のデザインコンセプトでもある「居心地の良い時の流れ」を感じながらお食事していただきたい」と、米元さんは話す。

現在『七むすび』は自由が丘のほか、ハワイのワイキキショッピングプラザにもお店を構える。

和食が世界的な注目を浴びる中、「おむすび」という気軽なスタイルだからこそ、素晴らしい食材と多くの人との架け橋になれるのかもしれない。『七むすび』はそんなポジティブな可能性を感じさせるお店である。

【メニュー】
おむすび 具なし 160円~180円
おむすび 具入り 210円~250円
豚汁 七むすび風 480円
まぐろのしぐれ煮 400円
あんみつ/淡雪白玉ぜんざい 400円
有機上煎茶/有機ほうじ茶/有機玄米茶 280円
※価格は税抜

七むすび 自由が丘店

住所
〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-29-18
電話番号
03-6421-3119
営業時間
11:00〜20:00(L.O.19:30) 
定休日
公式サイト
http://www.7musubi.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。